Outlook

Microsoft 365 Apps Outlook で Teams 会議を設定する際の上限値が明確になったようです

Microsoft 365 メッセージセンターに掲示されていたのですが、 Microsoft 365 Apps の Outlook を利用して Teams 会議を設定する際に、同時に指定可能なユーザー数の上限が 750 に制限されることになったようです。 さすがにこの人数での会議は行ったことが…

Microsoft 365 Apps Outlook の UI が大幅に変更されています

最近 Microsoft 365 Apps の UI 更新はバージョンアップと連動しないことが多い気がするのですが、今回もそんなタイミングでやってきたようです。 という訳で、バージョン 2109 の Outlook に新しい UI が搭載されてきました。 確か変更される旨のアナウンス…

Microsoft 365 Outlook のサポート条件が厳しくなったようです

全然追えていなかったのですが、 Outlook から Microsoft 365 ( Exchange Online ) に接続するための要件が変更となるようです。 https://docs.microsoft.com/ja-jp/deployoffice/endofsupport/office-365-services-connectivity?WT.mc_id=M365-MVP-500249…

Microsoft 365 MFA を有効にした後の Outlook 設定について

Microsoft 365 では無償で MFA を利用でき、 Office 365 単体で利用している場合でも、 Microsoft Authenticator 経由の MFA は無償となっているため、積極的に活用していきたいところです。 https://www.microsoft.com/ja-jp/p/microsoft-authenticator/9nb…

Microsoft 365 SharePoint と Outlook 連携について

最近は利用されることが減ってきたのかと思いますが、一部の SharePoint リストは Outlook と連携することができ Outlook をインターフェースとして利用することができます。 今回はその方法を見ていきたいと思います。 やり方は簡単で、リストを開いてクラ…

Outlook Yahoo メールを受信できなくなったら

2021 年 2 月 2 日頃より、 Yahoo メールが受信できなくなり、エラーが通知されてるようになったという話が入ってくるようになりました。エラーコードは次の番号となっています。 (0x80042108) これは POP3 でメールを受信していたケースで発生しているよう…

Microsoft 365 Outlook クライアントの接続要件可能要件が更新されるようです

Microsoft 365 では現在 Office 2016, Office 2019, Microsoft 365 Apps ( Office 365 ProPlus ) が接続可能なアプリとして定義されていますが、そのうち Outlook の接続について、要件変更のアナウンスがメッセージセンターで行われていました。 Office 2…

Microsoft 365 Outlook on the Web でデスクトップ通知が行えるようになりました

Web 版の Outlook である Outlook on the Web ですが、マシンに依存しないという点で非常に使い勝手が良いのもの、ブラウザベースであるがゆえにデスクトップ通知の観点が弱く、通知を有効活用するために Outlook アプリを利用していたケースもあるのではな…

Microsoft 365 Outlook 署名がデバイスから各アカウントに保存されるようになるようです

2020 年 10 月の更新からだったのですが、 Outlook の署名が Office 365 のアカウント内に保存されるようになったようです。 Outlook のオプションからメールを選択し、署名ボタンを押すと現在の状態が変わっていることを確認できるかと思います。 電子メー…

Microsoft 365 メールの外部転送設定が行えなくなるよう既定値が変更となっています

2020 年 10 月中旬より、メールを外部アドレスへ転送する設定を行っている場合、以下のような内容のメールが転送元に返るようになりました。 この変更が行われた背景には、昨今の汚染されたテナントのトレンドとして、メールの転送設定をユーザーに気が付か…

Microsoft 365 Outlook on the Web で OneNote フィード機能が追加されました

Outlook on the Web を起動してみたところ、右上のメニューが増えていました。見た目は OneNote のアイコンとなっています。OneNote がここに表示される意義はかなり薄そうですよね。まずは押下してみてみましょう。 すると、 OneNote ではなく OneNote フィ…

Microsoft 365 Outlook の署名がクラウド上に格納されることになったようです

Outlook の署名は PCの中に保存されているのですが、この署名が Microsoft 365 Apps ではクラウド管理に変更されるようです。 https://support.microsoft.com/ja-jp/office/outlook-%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0%E7%BD%B2%E5%90%8D-420c29…

Microsoft 365 メールの外部への自動転送機能の既定設定がオフに変更されるようです

突然ですが、皆さんはメールアドレスはいくつお持ちですか? スマートフォンについてきたメールアドレスや Outlook.com などのフリーアドレスをお持ちの方が大半で、会社で使っているメールアドレスしか持っていない。という方はもうほとんどいないのではな…

Microsoft 365 Apps Outlook で Office 365 グループを作成してみました

突然ですが、 Outlook で Office 365 グループを作成できることはご存知でしょうか。 私も最近はもっぱら Teams でチーム作成をすることがほとんどだったので、 Outlook のグループ作成はほとんど使っていませんでした。 が、 Teams に表示させずにメール中…

Microsoft 365 Apps Outlook アドインの読み込み速度について

今回は Outlook のアドインを取り上げてみたいと思います。 Exchange Online では SaaS の性質上細かな動作制御ができる機能を入れられないこともあり、クライアントソフトである Outlook にカスタマイズの役割を担わせているケースが多いと思います。そんな…

Office365 Outlook on the web でメモが取れるようになっていました

Outlook on the web を起動したところ、新着情報に付箋を利用してみようという内容が出ていました。 ちょっとしたメモはかなりうれしい機能なので早速見ていきます。 試してみるを押下すると、左側のメモのフォルダに移動します。 新しいメモボタンを押せと…

Office365 Outlook on the WebがいつのまにかPWA対応になっていました

Office365で一番利用されている機能といえばExchange Online。そう、メールの機能です。これは大きく3種類のクライアントインターフェースからなっており、1つがOffice365 ProPlusのOutlook、一つがスマホアプリのOutlook、そして最後にWebブラウザから利用…

Office365 Oulookの検索機能が上部に移動していました

Office365の検索バーはいつの間にかタイトルのところに移動していましたが、この波がOffice365 ProPlusにもやってきているようです。 Outlookを起動したら、タイトルバーに検索バーが移動していました。 ちゃんと移動されたこともアナウンスされるという念の…

Office365 グループの有効期限ポリシーのGAがアナウンスされていました

ちょうど昨日記載したTeamsの自動削除の延長ですが、その機能の前提となるOffice365 グループの有効期限ポリシーがGAされたことがアナウンスされていました。 【Teamsの自動削除について】 http://mitomoha.hatenablog.com/entry/2019/10/28/000728 このGAア…

Office365 2017年までに作成したテナントでExchangeのモダン認証設定が有効となるようです

Office365のモダン認証(ADAL認証)をご存知でしょうか?利用者側はあまり意識することは無いのですが、Office365アプリケーションを利用する際、認証をクライアントからではなくOffice365側から依頼させて認証を行うという仕組みです。 これを利用すると、…

Office365 Outlookのインターフェースについて(カレンダーのインターフェース)

昨日お伝えしたデザインの件ですが、予定表のものもキャプチャしてみました。 Office365 Outlookの新デザインについて - ()のブログ まずはホームから見ていきましょう。リボンの形もなのですが、最近はOutlook上からTeams会議も作れるようになったのです…

Office365 Outlookの新デザインについて

昨年10月頃にOffice365 Proplusのインターフェースが変更となったのは記憶に新しいと思いますが、今回はプレビューモードのボタンがどのように変化したかを見ていきたいと思います。 Office365 Proplusのインターフェースが新しいものに変わりました - ()…

Office365 Outlook on the webの初期設定について

Office365のOutlook on the Webですが、久々に初回ログオンを行ったところ、画面が変わっていたので紹介させていただきます。 Office365では、ユーザーを作成した後にライセンスを割り当てることで各々の機能を利用できるようになるのですが、基本的にはユー…

Office365 Outlook.comからOffice365のOutlook on the Webにログインできるようになるようです

Windowsを昔から利用している人には賛同いただけると思いますが、OutlookとOutlook Expressの違い、SkypeとSkype for Businessの違い、OneDriveとOneDrive for Businessの違いのように、コンシューマ製品とビジネス製品で似通った名前でありながら全く別のも…

Office365 S/MIMEを使ったメッセージから外部コンテンツをブロックするようになるようです

私はあまりこのS/MIMEを利用したメールを見たことがないのですが、OutlookのS/MIMEメールの動作が変更となるようです。(銀行からくるメールなどはS/MIMEで暗号化されていたような気がします。) Outlook for Windows blocks external content in S/MIME mes…

Office365 Outlookのリボンも最小化タイプで更新されるようです

先にお伝えしたOffice365 ProPlusのデザイン変更ですが、今回の更新では新たにOutlookのフィールディングも更新される方向となったようです。 Office365 Proplusのデザインが変わります - ()のブログ 今までのOffice製品の流れで行くと、まずExcel、Wordに…

Office365 Outlook on the webのアドインサンプルを動作させる編

前回に引き続き、VSCodeを利用してアドインを動かしていきましょう。 まずはワークスペースフォルダを追加しましょう。 ソース管理の横にあるリポジトリの初期化ボタンを押しましょう。 以下アドレスよりClone or downloadを選択し表示されるダイアログよりD…

Office365 Outlook on the webのアドインサンプルを動作させるための手続き編

前回見たサンプルコードですが、動作までは見れていなかったので動かせるところまでもっていきたいと思います。 コーディングから離れてはやうん年、このタイミングでVSCodeを入れることになるとは。 このサンプルはhttpsで動作させる必要があるということで…

Office365 Offcatが5月にEOSとなるようです。そしてようこそSaRaの世界へ

Office(主にOutlook)がOffice365で利用できるような状態かどうかをチェックするツールとしてOffcatというツールがあるのですが、これが2018年5月31日をもって提供終了となるようです。 OffCAT’s replacement – Microsoft Support and Recovery Assistant (…

Offie365 Exchange Onlineの会議予約における最大応答数が緩和されるようです

Office365では、送受信者に設定できる最大数が500人となっています。 それが原因となり、会議開催通知に含めることのできる人数も500人となっていました。ただし、これには抜け道があり、配布リストに対し送付することで配布リストを1人と数えるOutlookの仕…