Microsoft 365 ラベル付きデータの確認機能 コンテンツ エクスプローラーに OneDrive のデータが表示されるようになります

現在プレビューで運用されているコンテンツ エクスプローラーの OneDrive 表示機能ですが、 2021 年 10 月末までに一般リリースとなることが決まったようです。

コンテンツ エクスプローラーとは、 Microsoft 365 コンプライアンスセンターにある機能の一つで、機密情報をラベル付けしている場合にそのファイルを表示するための機能です。

f:id:mohessu:20210921001312p:plain

この機能を用いればどんなファイルに機密設定した情報が含まれるのか確認することができます。リストレベルと内容レベルに分けて閲覧権限を制御でき、 Microsoft 365 のグローバル管理者でも権限を付与しない限り閲覧することができないようになっているのが特徴です。

権限なしのアカウントでアクセスしようとすると、以下のような権限がない旨が表示されます。

f:id:mohessu:20210921004121p:plain

この権限、全体的に特殊な扱いとなっており、 Microsoft 365 管理センターや Azure AD の権限設定画面でも権限付与できません。
唯一可能なのは Microsoft 365 コンプライアンスセンターよりアクセス許可の画面からとなります。以下のアドレスですね。

https://compliance.microsoft.com/permissions

この画面を開いたらコンプライアンス センターの役割をクリックしていきます。

f:id:mohessu:20210921004616p:plain

Content Explorer Content Viewer と Content Explorer List Viewer がこれに関連する権限となります。

ばらばらの位置に表示れるので名前でソートすると簡単に見つけられます。

f:id:mohessu:20210921004702p:plain

権限を付与してから実際に閲覧できるようになるまでは時間がかかるので、利用する前に事前設定しておくことを忘れないようにしましょう。

また、細かな利用方法は以下にまとまっているので、利用前に一読することをお薦めします。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/compliance/data-classification-content-explorer?WT.mc_id=M365-MVP-5002496

音楽:FANELIA

Microsoft 365 暗号化されたファイルをWebから共同編集できるようになりました

Microsoft 365 には、ファイルの暗号化によりデータの保護を行う機能があります。

単純な暗号化のみならず、利用可能な機能の制限など暗号時に利用するユーザー情報ををうまく活用した機能です。

ただ、残念なことに暗号化されたファイルはユーザーにて復元するまでは暗号化されるべきであるというポリシーからか、いままで複数のユーザーで同時に編集することができずにいました。

この暗号化ファイルにおける共同編集の機能がとうとう解禁されたようです。

通常はこんな感じに、 Web ベースでは保護されたことが出るのみで編集そのものができません。

f:id:mohessu:20210915223909p:plain

一方デスクトップアプリから開いた場合でも自動保存がオフとなり、共同編集は行えませんでした。

f:id:mohessu:20210915230143p:plain

f:id:mohessu:20210915234524p:plain

この機能を有効化するには、コンプライアンスセンターにアクセスし、設定メニューに入ります。

秘密度ラベルのあるファイルの共同編集の項に設定があります。

https://compliance.microsoft.com/compliancesettings

f:id:mohessu:20210915230652p:plain

この共同編集、一回設定すると基本不可にはできなくなります。

注意事項をよく読んでから設定を行うようにしましょう。

f:id:mohessu:20210915234120p:plain

前提条件として以下 5 項目が挙げられています。

特に意識が必要なのは秘密度ラベルの有効化でしょうか。

今まで利用していない場合は自動的に有効化されるため合わせて確認しておく必要があります。

f:id:mohessu:20210915234222p:plain

また、今後は保存後の形式が変更されるとのこと。

特にラベルの保存位置が変わるようなので、APIでラベルデータを取り出しているようなケースでは問題が発生するものと思われます。

f:id:mohessu:20210915234237p:plain

設定自体は簡単で、チェックを入れて適用ボタンを押すだけです。

f:id:mohessu:20210915234342p:plain

するとこんな感じ有効化され、無効化できないようになりました。

f:id:mohessu:20210915234410p:plain

ちなみに設定の詳細は以下 docs に記されています。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/compliance/sensitivity-labels-coauthoring?WT.mc_id=M365-MVP-5002496&view=o365-worldwide

設定が有効化されるまで最大 24 時間かかるようなので、利用の前に十分時間をとって設定するようにしましょう。

音楽:虎口の城

Microsoft 365 Edge で SharePoint のエクスプローラービューが開けるようになるようです

2021 年 10 月上旬から 11 月にかけ、 Microsoft Edge から SharePointエクスプローラービューを開くための機能が有効化されることか決まったようです!

エクスプローラービューは Internet Explorer のみで利用できた機能だったので、これが原因で移行できないケースがあったのではないでしょうか。

この件については Internet Explorer の EOS 後もサポートはないが SharePoint サイトにアクセス可能であるということがアナウンスされるなど、利用者に配慮したやり取りが行われていたのですが、とうとう Edge からエクスプローラーを呼び出せるところまで実現してくれました。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/SharePoint/sharepoint-view-in-edge?WT.mc_id=M365-MVP-5002496

この機能を有効化するためには Microsoft Edge 側の設定と、 SharePoint サイト側の設定が必要となります。また Edge 側については、 PC がドメインに参加している必要があるなど、いくつかハードルがあります。

まだ PowerShell 側が対応していないので途中までとなりますが、設定を見ていきたいと思います。

まずポリシーの取得です。最初に Edge のバージョンを確認しましょう。

設定 - Microsoft Edge についてより確認できます。(右側のバージョンと書かれた灰色の文字となります。)

f:id:mohessu:20210921235333p:plain

このバージョンと同等のポリシーファイルを以下サイトより取得します。

最新のものは上部のリンクから取得できます。

それ以外は選択していく形になります。

https://www.microsoft.com/ja-jp/edge/business/download

f:id:mohessu:20210921235535p:plain

規約が表示されるので確認し同意出来たらダウンロード可能となります。

f:id:mohessu:20210921235600p:plain

取得した ZIP ファイルの中から以下ファイルをコピーします。

windows\admx\msedge.admx

windows\admx\ja-JP\msedge.adml

コピー先はローカルマシンの場合は以下。ドメインの場合はドメインの PlicyDefinitions フォルダーに入れましょう。

C:\Windows\PolicyDefinitions

グループポリシーエディタを起動します。以下コマンドですね。

gpedit.msc 

この中からコンピューターの構成 - 管理用テンプレート - Microsoft Edge を選択し、以下の設定項目を探しましょう。

Microsoft EdgeSharePoint ページのエクスプローラー表示機能を構成する

f:id:mohessu:20210922000507p:plain

この設定を有効化し、以下の内容を設定します。

domain の値はサンプル上テナント名が入っていますね。おそらく必要になるのかと思われます。( OneDrive for Business でも設定できるのかもしれません。その場合は my- がテナント名の先頭に入る形になりますね。この辺りは動作検証して確認したいところです。)

[{"cookies": ["rtFa", "FedAuth"], "domain": "sharepoint.com"}]

f:id:mohessu:20210922005649p:plain

これでクライアント側の設定は完了です。
Edge のアドレスバーに以下を入力すると設定が完了したかわかります。

edge://policy/

NG と表示された場合はおそらくドメインに参加していない状態であると思われます。

f:id:mohessu:20210922002042p:plain

続いて SharePoint 側の設定です。

これは PowerShell から SharePoint Online に接続して設定する形になります。

接続のモジュールは以下のコマンドで確認できます。
Get-Module -Name Microsoft.Online.SharePoint.PowerShell -ListAvailable | Select Name,Version

モジュールが入っていない場合、インストールしていきましょう。

Install-Module -Name Microsoft.Online.SharePoint.PowerShell -Scope CurrentUser

f:id:mohessu:20210922002642p:plain

この時バージョンは 16.0.21610.12000 以上のバージョンである必要があります。それ以下の場合はまだこのエクスプローラービューを利用する機能はまだリリースされていないと思っておきましょう。

モジュールがリリースされた際は、以下のアップデートコマンドレットで更新することができます。
Update-Module -Name Microsoft.Online.SharePoint.PowerShell

ここからは 10 月以降に実施可能となるのですが、設定は以下のコマンドレットを実行するだけのようです。

Connect-SPOService -Url https://tenant-admin.sharepoint.com

Set-SPOTenant -ViewInFileExplorerEnabled $True

Set-SPOTenant -UsePersistentCookiesForExplorerView $true

簡単ですね。

これで Edte - Office 365 関連は Outlook の共有サーバー上のファイルアクセスくらいですね。( file:/// プロトコルが動作しない問題。)

こっちはセキュリティ的にもハードルが高いと思われるので、過度に期待はできませんが、こうして多くの人が困っていた問題を取り込んでくれるのは非常にありがたいですね!

音楽:操

Microsoft 365 Apps Outlook で Teams 会議を設定する際の上限値が明確になったようです

Microsoft 365 メッセージセンターに掲示されていたのですが、 Microsoft 365 Apps の Outlook を利用して Teams 会議を設定する際に、同時に指定可能なユーザー数の上限が 750 に制限されることになったようです。

f:id:mohessu:20210831001400p:plain

さすがにこの人数での会議は行ったことがないので、挙動を試したりはしていないのですが、今まで制限として明言されていなかった項目になると思われます。

関連する制限としては Teams の会議参加人数ですね。 現在は 1,000 人まで同時参加、表示専用であれば 20,000 人の参加が可能となっています。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/microsoftteams/limits-specifications-teams?WT.mc_id=M365-MVP-5002496#meetings-and-calls

f:id:mohessu:20210831001557p:plain

この 1,000 人に対して、 750 人までは一括で参加依頼を投げられるということですね。

実際の機能としては以下の 新しい Teams 会議のボタンを押した際の動きでとなるかと思います。

f:id:mohessu:20210831002025p:plain

必須、と任意で指定できるユーザーを指定できる数ですね。

f:id:mohessu:20210831002820p:plain

上記メッセージセンターにもあるように大規模になる場合は配布リストを活用して、 Outlook 上から見えないようにしてしまうのが良いでしょう。
(というか指定人数が多くなると誤送信も発生しやすくなるため配布リストを活用するべきですね。)

若干気になるのはメッセージセンター上に記載されている「 Win32, 64 以外の Outlook 」の挙動ですね。自動的にドロップされるとなっているため、現時点の Win32, 64 の Outlook を含めてなぜか会議招集が行われないように見える仕様となっているようです。気を付けておきたいですね。

本仕様は 9 月末までに取り込まれるようなので、 Teams 会議を大規模に運用されている方は気にしておくとよいと思います。

音楽:Vesper Bell

Windows 11 Insider Preview Build 22458.1000 リリース

Windows 11 の発売まであと半月と、もう直前になってきていますが、今週も Insider Preview Dev Channel および Beta / Release Preview Channel の更新が行われています。

Beta / Release Preview は 22000.194 がリリースされ、バグフィックスが提供されていました。また、クロックアプリなどの Windows ストアアプリについて更新が行われたようです。

Dev Channel では 22458.1000 がリリースとなり、フォトアプリの更新などがアナウンスされています。それでは Dev Channel を見ていきましょう。

f:id:mohessu:20210920001736p:plain

機能の更新ではなくリンクの場所に関する内容ですが、電源ボタンにサインイン オプションへのリンクが追加されています。

これ自体は前回のリリースであったようなのですが、私も気が付きませんでした、、、
それだけ電源ボタンを押すことが減ったということですね。

Windows 10 以降、手動ではほとんど電源を落とすことがなくなりました。

f:id:mohessu:20210920001538p:plain

このボタンを押すとその名の通り設定アプリのサインイン オプションへ遷移します。

先日 OS の入れ直しで気が付いたのですが、再起動可能なアプリを自動的に保存する機能、初期状態ではオフとなっています。

この機能はかなり便利なのでぜひともオンにしておきたい機能の一つですね。

f:id:mohessu:20210920001615p:plain

ほか、フォトアプリが大きく更新されたようです。
個人的に使い勝手がいまいちだったため、単イメージのビューワーとしか使っていなかったのですが、今はかなり大幅に機能が向上しているようです。

f:id:mohessu:20210919235037p:plain

その一つが自動リミックスです。
写真を都度切り替える機能は壁紙などでもおなじみですが、ピンチアウトなどを含めて加工してくれる機能となっています。

動画のようなバーが出ていますが、まさに動画ですね。最近はスマホに同様の機能があると思いますが、タイムバーで自身で見る場所を選べるのは良い機能ですね。

f:id:mohessu:20210919235102p:plain

コレクションという、複数のデバイスから写真をまとめる機能もあり、この辺りは活用できそうな感じです。

f:id:mohessu:20210919234812p:plain

人を動的に認識してくれる人物機能も面白いですね。

この辺りもスマートフォンからの輸入だと思いますが、この辺りがあると Windows で写真管理するものありだなと思えてきます。

f:id:mohessu:20210920003045p:plain

この機能は設定でオフにすることもできます。

人物まとめなので、ある意味プライバシーに関連しそうなものなので、オフにするとグループ化データが消えてくれるもの良い感じですね。

f:id:mohessu:20210919235417p:plain

そのほか目立った機能はないのですが、現在スタートボタンが若干右寄りになっているという問題が出ているようです。

結果、アプリが多く開かれると右側で切れてしまいます。(その時に Windows 10 のような上下ボタンが出ない状況です)

f:id:mohessu:20210920003749p:plain

そのためアプリの起動数を押さえながら利用する必要があるので、その点注意して更新を行いたいところですね。

音楽:ヨーロッパ

Microsoft 365 Office LTSC 2021 をインストールしてみました

前回ダウンロードした Office LTSC 2021 ですが、そのままインストールしたらどうなるのか試してみたいと思います。

Office LTSC ですが、ここまでどのようなものかいまいちわからなかったのですが、 Microsoft 365 Apps ベースのクラウド系機能や機能更新が無い版ととらえて間違えなさそうです。

Office のナンバリングものと比べるとディスクでの提供などがないことと、 サービスチャンネルが設定されていることなどがあります。

逆に Microsoft 365 Apps とは異なり、インストール後にインターネット接続がなくても利用できるという利点があります。(おそらく Office 2021 と LTSC の差はインストールする媒体の配布方法の差というところが主なのだと思われます。)

インストールの方法ですが Office Deployment Tool ( ODT )を利用して Setup する形となります。

ODT ではコマンドパラメーターでインストールファイルのダウンロードやインストールができるため、コマンドベースでインストールを進めていく形となります。

ODT で Office LTSC をダウンロードする際に Config ファイルを作って行いましたが、その Config ファイルを一部改修し、ダウンロードしたフォルダーを SourcePath として指定することでインストール用の Config として利用することができます。

こんな感じですね。

f:id:mohessu:20210918235845p:plain

ちなみにダウンロード先を指定しない場合はカレントの下に Office というフォルダーが作成される形になります。
Office フォルダーの上位を SourcePath に設定する形ですね。

f:id:mohessu:20210919001735p:plain

あとは管理者権限で Setup を実行します。その際、 configure オプションの付与を忘れないようにしましょう。コマンド全体はこんな感じです。

setup.exe /configure XMLファイル名

実行するとスプラッシュが表示されます。

f:id:mohessu:20210918235418p:plain

タスクトレイにアイコンが現れ、クリックするとバックグラウンドでインストール状況がわかります。

f:id:mohessu:20210919000521p:plain

それと同時にインストーラーも起動され、自動的にインストールが進んでいきます。

f:id:mohessu:20210918235940p:plain

ちなみに Config ファイルの初期状態だと Lync が Exclude されているのですが、 Office LTSC でも Exclude を行わなければ Skype がインストールされるようです。
Skype for Business のオンプレサーバー向けクライアントという形で存続しているのですね。

Skype を抜いた状態でインストールを進めていたのですが、その時とインストーラーのアイコン数が変わっていませんね。

Project アイコンが増えているので、最大 10 個までのアイコンが表示されるようです。

f:id:mohessu:20210918235548p:plain

10 分程度時間をつぶすとインストールが完了していました。

f:id:mohessu:20210919001620p:plain

Windows 11 Insider Preview 上に展開したのですが、 Office というくくりにはならず、すべて展開された状態ですべてのアプリに表示されます。

f:id:mohessu:20210919001833p:plain

ファイルは Program Files\Microsoft Office\root\Office16 に展開されました。

f:id:mohessu:20210919013842p:plain

試しに Excel を起動、、、

古いタイプのスプラッシュが表示されました。

f:id:mohessu:20210919004147p:plain

起動後はプライバシーの設定が適用されるようです。

f:id:mohessu:20210919004213p:plain

その後ライセンス同意画面に。

f:id:mohessu:20210919004231p:plain

規約を読んでいきましょう。
MSDN の記述が残っていますね。今のところ Visual Studio Subscription にはプロダクトキーがないのですが、そのうち出てくるのかな、、、

f:id:mohessu:20210919004400p:plain

同意するとデータ収集などエクスペリエンスの強化に関する案内が表示されます。

f:id:mohessu:20210919004452p:plain

アカウントのページは Microsoft 365 Apps と同様ですね。今のところは Office 365 との接続もいけるようです。

f:id:mohessu:20210919020157p:plain

ちょっと拡大してみると、正式名称が。
Microsoft Office LTSC Professional Plus 2021 とのこと。バージョンは 2108 ですね。

f:id:mohessu:20210919004419p:plain

バージョン情報も見てみましょう。 Excel LTSC という文字が見えますね。

若干アカウントのページに書かれているバージョンと異なるのが気になりますが、そんなものなのかな?

f:id:mohessu:20210919004515p:plain

ほかのアプリも起動してみましょう。

まずは PowerPoint から、、、

あれ、スプラッシュが変わりました。

f:id:mohessu:20210919004718p:plain

Word も、、、

f:id:mohessu:20210919004749p:plain

もしかしてということで、 Excel も再度起動してみると、、、

新しくなっていました笑

途中で何か読み込まれて変化したのかもしれません。

f:id:mohessu:20210919004910p:plain

ちなみに UI は Windows 10 側のものとなってます。
Windows 11 のリリース前に出たものなので当然かもしれませんが、ちょっと残念ですね。

f:id:mohessu:20210919004930p:plain

というわけで LTSC バージョンでした。
今の Microsoft 365 Apps は毎月更新が推奨となっていたりもするので、こういった長期的に機能が変わらないという状態にも利点があるのかと思います。

Microsoft としては Windows も含め LTSC は特殊用途として定義しているので、大きく流行ることはないと思いますが、こういったものもあるということを覚えておくとよいかもしれませんね。

音楽:無条件スペクトル

Microsoft Office LTSC 2021 がリリースされました

今年は様々なプロダクトがアップグレードしていく年なのですが、第一弾となる Office がリリースされました。

ニュースリリース

https://www.microsoft.com/en-us/microsoft-365/blog/2021/09/16/office-ltsc-is-now-generally-available/

【関連 docs 】

https://docs.microsoft.com/en-us/deployoffice/ltsc2021/overview?WT.mc_id=M365-MVP-5002496

Office LTSC は正式名称として Office LTSC 2021 という名が与えられたようです。

Office と冠さない Project および Visio も同時提供となったようですね。
(なぜか Project は LTSC とつかないみたいです。)

  • Office LTSC Professional Plus 2021
  • Office LTSC Standard 2021
  • Project Professional 2021
  • Project Standard 2021
  • Visio LTSC Professional 2021
  • Visio LTSC Standard 2021

この Office LTSC 、 Visual Studio Subscription からはダウンロードできず、 Office Deployment Tool を介してインストールする形式となっています。

https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=49117

f:id:mohessu:20210918014854p:plain

ファイルを展開するとこんな感じになっており、LTSC 2021 を利用したい場合は configuration-Office2021Enterprise をもとにした Config ファイルを作成すればよさそうです。

f:id:mohessu:20210918010058p:plain

Config ファイルの作成は以下の docs を確認するとわかりやすいと思います。

https://docs.microsoft.com/en-us/deployoffice/ltsc2021/deploy?WT.mc_id=M365-MVP-5002496

簡単に済ませたいなら Language ID を変更するくらいでも問題ありません。

f:id:mohessu:20210918015512p:plain

インストール用ファイルをダウンロードしたい場合は以下のようにコマンドを打てばよい感じです。

.\setup.exe /download .\configuration-Office2021Enterprise.xml

f:id:mohessu:20210918015219p:plain

セットでダウンロードしてみたところ、 1.8GB と結構なサイズとなりました。

f:id:mohessu:20210918015818p:plain

一般向けの Office 2021 は 10 月 5 日となったようです。 Windows 11 のリリースに合わせる形ですね。

久々のデスクトップ関連の大幅更新なので、リリースが待ち遠しいです!

音楽:Goodnight Julia