Microsoft Copilot Outlook for Windows にも通常 Copilot が対応するようになっていました

Microsoft Copilot for Microsoft 365 では Outlook にも Copilot の機能が提供されています。しかし、リリース当初はメールに対する要約や文章作成の支援といったところが操作の対象となっており、 Outlook で利用している強みのようなところはちょっと少なかったように思えました。

しかし、いつのタイミングからか、 Copilot の機能が画面右上のところにも搭載されるようになっていました。

この項目を開くと Edge や WindowsMicrosoft 365 Apps についている通常の Copilot と同様のインターフェースでメールボックス内のデータを操作できるようになっているようです。まだサンプルが英語なので出てからそれほど立っていないのかもしれませんね。

サンプルは英語ですが、もちろん日本語での入力は行うことができます。

こんな感じに今週のメールトピックを抽出する動作は利用用途としてはわかりやすいかもしれません。

また、特定ドメインからきているメールをチェックするのも容易です。

この辺りはフィルターでも処理できそうな内容ですが、一ユーザーからするとフィルター条件を書くというのはハードルがありますからね。

また、 Bing Copilot のように、リファレンスとなったメールも表示してくれるので、この点も便利ですね。

ただ、リンクを開くと on the Web に遷移するのでアプリで完結しないというところがあるので注意しておきましょう。

というわけで、 Outlook の Copilot もよい具合に更新が入っています。まだまだ Copilot は進化し続けると思うので、追っていきたいですね!

音楽:陽炎