Microsoft 365 Outlook で To-Do と Loop が利用できるようになっていました

Microsoft 365 を活用する中でメールのやり取りに利用する Outook ですが、最近は UI の変更にが入った関係で古い Outlook を起動していなかった方も多いのではないでしょうか。

私もそんな中の一人なのですが、久々に旧 Outlook を起動してみたら、 To-Do アプリと Loop アプリのリンクがサイドバーに追加されるようになっていました。

Outlook といえば、タスクという To-Do の前身となるアプリが存在しており、この使い分けがいろいろなタイミングでキーポイントになっていたりしたんですよね。

とはいえ、 To-Do のタスクという項目には Outlook のタスクが出るようになっていたので、使い分けよりも移行がメインだったというケースは多かったのではないかと思います。

Outlook 版の To-Do を開くとこんな感じです。

起動前に Web にがっつりアクセスするような感じの UI になっていたので、 WPA のような感じなのかなと思いました。

これは Loop にも同じことが言えそうで、起動するとこんな感じになっていました。

ワークスペースをクリックすると Edge に遷移し起動するので単純なリンクになっているようです。

また、コンポーネントは動きが若干異なっています。

クリックすると Outlook の中でサブウィンドウが立ち上がる形式でした。

こちらも URL が表示されており、 Edge コンポーネントの一つとして動作していることが見て取れます。

ちなみにタスクはまだ生きているので、好きなほうを利用することができます。

この状態で新しい Outlook を見てみたのですが、こちらには Loop は表示されていませんでした。旧 Outlook で利用できる特典のような感じなのかもしれません。

技術的に追加できないようなもではないので、そのうち追加されるとは思いますが、今はまだ。という感じなのかもしれません。

というわけでまだ更新の続いている旧 Outlook ですが、今後どこまで回収が続くのか気になるところですね!

音楽:Next Time