Edge

Chromium版EdgeのFlash 削除のタイミングについて

世の中のブラウザがHTML5に対応し始めてから早数年。HTML5が実装され始める前は、インタラクティブなブラウジングが必要となる場合、Flashという技術をプラグインとして用いることで、動画の再生など今では当たり前に使っている機能を実現していました。プラ…

Windows10 Chromium版 EdgeがBeta版にバージョンアップしていました

最近動きがなくなってきたなーと思っていたのですが、いつの間にかChromium版EdgeのBETA版がリリースとなっていました。 https://www.microsoftedgeinsider.com/en-us/download/ この通り、Windows7系からmacOS版までリリースとなったようです。 そのままダ…

Windows10 Chromium版EdgeのGPOについて

昨日に続いてですが、Chromium版 EdgeのGPOをディレクトリに取り込んでみました。 ADサーバーのSYSVOL領域にあるPolicies\PolicyDefinitionsにadmxとLangファイルを入れることで利用可能となります。 Policy_Templates.zipには、policy_templatesとupdatepol…

Windows10 Chromium版EdgeにEnterprise版が出るようです

IEモードを搭載するということで、一気にエンタープライズ利用感が出たChromium版 EdgeですがEdge InsiderページのトップメニューにEnterpriseという項目が増えていました。 https://www.microsoftedgeinsider.com/en-us/enterprise 通常のページと同じよう…

Windows10 Chromium版Edge CanalryでWDAGが利用できるようになっていました

Chromium版EdgeのDev版では、Chromeストアの拡張アプリを導入することでWDAGを利用することができました。 インストールすると右上にアイコンが一つ増え、WDAGを利用することができるようになっていました。 そんな中、Chromium版EdgeのCanary版を利用してい…

Windows10 Chromium版Edgeのインストール場所について

Chromium版Edgeは基本的にChromeのようにユーザーの個人用環境にインストールされるものとなっていますが、実体としてどのような場所に保存されるのか見ていきたいと思います。 まずは以下の場所を捜索。 C:\Users\UserName\AppData\Local\Microsoft 3つ、関…

Windows7 Chromium版EdgeのDevチャネルがリリースされました

目まぐるしくバージョンアップを行っているChromium版Edgeですが、Windows7のEdgeもDev版がリリースされていました。 Windows7で以下URLにアクセスすると、Download Canary Channelの文字がDownload Dev Channelに変わっているだけだったので一瞬、おぉっと…

Windows10 Chromium版Edgeはフォント変更から入りましょう

Windows10やWindows7で利用できるようになったChromium版Edgeですが、インストールした直後に検索を行うと、一部日本語が崩れていることに気が付くかもしれません。 以下のキャプチャを見てもらうと、2つ目の検索結果で導入の文字が少し崩れていたり、感じが…

Chromium版EdgeがWindows7対応しました

まだ、Windows10版のBETAも出ていない状況ではありますが、なんとWindows7向けのChromium版Edgeがリリースとなっていました。 https://www.microsoftedgeinsider.com/en-us/download 見ての通りCanary版での提供となっていますが、ここまで早く来るとは思っ…

Windows10 Chromium版EdgeにTranslator機能が追加されていました

WDAGやTimelineが利用できることで、ChromeとEdgeの両方の機能を兼ね備えた形となったChromium版Edgeですが、とうとうTranslator機能が追加されていました。 通常版のTranslatorはアプリストアからのダウンロードでしたが、Chromium版Edgeでは、右クリックだ…

Windows10 プロキシ設定のファイルの動作について

最近のモダンブラウザには、ブラウジングに使う経路を自動的に変更する、Proxy Auto Configという機能を備えています。これを設定するファイルを通称PACファイルというのですが、Javascriptの実装で作られています。 このPACファイルの作成には、デバッグと…

Windows10 Chromium版EdgeにIEモードの設定がありました

現在シアトルでBuild2019が開幕しており、その中で、Chromium版EdgeにIEモードが搭載される旨がアナウンスされました。 そこで、先日確認していたedge://flagsの中に該当する項目がないか探してみました。 確認してみたところ、なんと項目はすでに追加されて…

Windows10 Chromium版EdgeでApplication Gurad

Chromium版Edge+Chromeアプリストアですが、さらにApplication Guard拡張機能も利用できないか確認を進めていってみたいと思います。 Application Guard拡張機能とは、Edgeで利用できる、Windows Defender Application GuardをChromeからも呼び出せるように…

Windows10 Chromium版Edgeでの設定項目の表示について

Chromium版Edgeの話が続きますが、以下の設定をご存知でしょうか? about:flags このコマンドをEdgeのアドレスバーに入力すると、Edgeの設定用画面に入ることができます。 Edgeでは、エンタープライズモードの設定など、17件の設定を行うことができました。 …

Windows10 Chromium版EdgeでChromeストアを利用してみました

Chromium版Edgeでストアが使えるようになったとのことで、さっそくストアへアクセスしてみました。特に気になっていたのは、Web Activities。Chromeにタイムラインを追加するための機能です。今回はこれを導入してみ見たいと思います。まずはその前に、Chrom…

Windows10 Chromium版Edgeのバージョンアップが行われました

カナリア版は毎日、Dev版は1週間ごとにバージョンアップするとされていますが、更新の通知が来ていたのでアップデートしてみました。 右側の緑色のマークですね。通常は三点リーダーとなっています。 Update Microsoft Edgeの文字が。やっぱりChromium版等の…

Windows10 EdgeのChrome版 Insider Channelsがリリースされました

MicrosoftがEdgeをChromiumベースに変更するとアナウンスしてから数か月。はやくもInsiderレベルでの利用が行えるようになりました。アナウンスは以下のサイトで行われています。 What to expect in the new Microsoft Edge Insider Channels - Microsoft Ed…

Windows10 Edgeを起動できないようにする方法

Windows10では、Windows8までとことなり、標準ブラウザとしてEdgeブラウザを用意しており、IEでは対応できなかったモダンサイトへの対応を進めました。しかしながら、Edgeが後発のブラウザだったこともあり、ほかのブラウザを利用し、Edgeを利用したくない。…

Windows10 Edgeの更新について

先日、EdgeがChromiumベースに変わるという案内をお伝えしましたが、Edgeの開発マネージャーがEdgeHTML(ブラウザエンジン)とChakra(Javascriptエンジン)を当面運用させ続けるという話題が上がってきています。 Windows10 EdgeがChromiumベースのブラウザ…

Windows10 EdgeがChromiumベースのブラウザに生まれ変わります

数日前からうわさが出ていましたが、Microsoft EdgeがChromiumベースのエンジンを利用し再構築されるようです。 Microsoft Edge: Making the web better through more open source collaboration - Windows Experience BlogWindows Experience Blog Edgeも世…

Windows10 Edgeの翻訳アドインについて

常日頃Windows10を利用していると忘れてしまうのですが、Windows10初期状態ではインストールされていない強力なツールが存在します。 昔紹介したことがありますが、備忘録として再度紹介させて下さい。Translator For Microsoft Edgeの存在を。Edgeで開いた…

Windows10 EdgeとIE11でTLS1.1までのEOS日程が発表されています

Office365ではTLS1.1などの接続が2018年10月以降できなくなるという話題が出ていましたが、今度はInternet Explorer11、Microsoft EdgeでもTLS1.1のサポートがEOSするという話が出てきました。 Modernizing TLS connections in Microsoft Edge and Internet …

Windows10 IMEのプライベートモードをしっていますか?

Windows10に付属するIME、プライベートモードというものがあるのはご存知でしょうか。 Ctrl + Shift + F10を押すとIMEの文字に鍵のマークがつく機能です。 この状態になると、入力履歴がない状態になるので、プレゼンテーション時など、文字入力を他人に見せ…

Windows10 iPhone用Edgeがバージョンアップしています

ブラウザとしての出来がかなりよい、EdgeのiPhone版ですが、今週のバージョンアップでとうとう9個のタブを超えるタブを表示させた場合に数値が表示されるように改変されていました。 【Edge for iPhoneのフッター】 今までは右から2つ目のタブ表示が最大9で…

Windows10 EdgeでEnterprise modeを利用する方法

Windows10に付随しているEdgeでは、旧来のサイトに向け、IE11でサイトを起動するための機能が備えられています。旧来のサイトを識別する方法として、Enterprise mode Site Listというものを用いているのですが、このリストに入っているサイトはEdgeで起動し…

Windows10 Insider Preview Build 17723でました

1809を2か月後に控えたこの時期ですが、次回更新からRedStoneの名が外れ、19H1という永年にわたって使い続けられるコード名称があたえられることになったようです。 TH、RS、YYHとWindows10も第3世代に突入するといってもよいのかもしれません。 そんな中、…

Microsoft Edge 後で続行機能が意外と使えます

先日連携したMicrosoft Edgeの電話リンクですが、PCを利用していた時のケースを紹介していたのですが、一般的なユースケースとしては、電車でスマホをみて、気になる記事を後でみる。等になると思います。 今回はそういった使い方を行ってみました。 Windows…

Windows 10 Microsoft Edgeでプロキシの設定ができるようになっていました。

Windows 10がリリースしたての頃のMicrosoft Edgeには、プロキシの設定画面すらなくてIEの設定から変更していた記憶があるのですが、いつの間にかEdge上でもプロキシを変更するためのボタンが提供されていました。 メニュー下部にある設定を押下します。 更…

Microsoft Edge iOS 日本語版がデビューしました

Windows 10でおなじみのMicrosoft Edgeがとうとう日本語のApp Storeに配信されるようになりました。 ほかの言語では少し前から利用できるようになっていたので、待っていた人も多いのではないかと思います。 【App StoreのEdge】 機能説明を読むと21日にリリ…

Windows 10 Build 17074のEdgeに追加されている機能について2

先日お伝えした新機能の続きです。 Windows 10 Build 17074のEdgeに追加されている機能について - ()のブログ まずはスワイプ操作への対応が記載されています。スワイプ自体は便利な機能なのですが、画面の小さい端末では単なるスクロールとの違いがうまく…