Office365 Teamsにステータスメッセージの有効期限が追加されていました

Office365は生産性を高められるのであれば半歩ずつでも機能の調整を進めており、使いやすさの改善に力を入れてくれています。
そのなかでもTeamsは後発ということもあり、進化のスピードがとても速く、目を離すと新しい機能が増えていたりします。

今回もそんな機能のひとつ、ステータスメッセージの有効期限設定を説明したいと思います。

有効期限設定の名の通り、ステータスと一緒に表示するメッセージに有効期限を付けるための設定となります。

Skype for Businessにもメッセージを表示する欄がありましたね。
以下の画面の上部にある、人の画像から吹き出しのように伸びている白い枠です。

f:id:mohessu:20191102220210p:plain

Teamsではユーザーのカードを表示させると出てくるやつですね。
以下の図では中央に薄い灰色でメッセージが表示されています。

f:id:mohessu:20191102220619p:plain

この機能に期限を入れられるようになった感じですね。
設定は以下のようにステータス メッセージを設定していくときに設定を加えるのみとなります。

f:id:mohessu:20191102020350p:plain

メッセージの下に有効期限という文言が表示されていますね。
f:id:mohessu:20191102020412p:plain

初期状態が今日になっているため、設定したメッセージは意識しないと23:59で消えてしまうようです。カスタムに変更することができるので、長期に残しておきたい内容だった場合は長く伸ばしておくという使い方もできそうです。
が、このつくりである以上、短期に伝えたいメッセージを載せるのが想定された使い方なのでしょうね。 

f:id:mohessu:20191102020441p:plain

ユーザー設定にすると、年月日、時間を入力することができます。 

f:id:mohessu:20191102020448p:plain

完了を押すとすぐに適用されます。
ちなみに他のユーザーが自分にメッセージを送った場合に表示する。をオンにしていると上部の情報バー部分にメンションされるとその情報が投稿される旨が表示されます。

f:id:mohessu:20191102020504p:plain

 なお、表示期限が時間単位で記されていますが、期限になったタイミングで消えました。
(以下の図だと2:30:00になったときに表示されなくなりました。)
なんとなく期限と聞くと、記載のタイミングを含むように聞こえますが、今回の動作はそうではないようですね。

f:id:mohessu:20191102020520p:plain

 千里の道も一歩から。ツールによる生産性の向上も、一歩一歩歩んでいくしかないということですね。
ツールが拡張されたら次は使う側です。
どんどん新しい機能を覚えていき、より利用しやすい環境を整えていきたいですね。

音楽:ラクエン

Windows10 1909 November 2019 Updateがリリースしました

そろそろWindows10 1909が出てほしいなぁという話をしたばかりでしたが、1909がリリースしました。
愛称はNovember 2019 Updateとなっています。

このバージョンは9月バージョンのため、Enterpriseで30か月、2022年3月10日までのサポートが受けられるものとなっています。

https://support.microsoft.com/en-us/help/13853/windows-lifecycle-fact-sheet

f:id:mohessu:20191113235751p:plain

今回の1909はほとんど機能が追加されておらず、品質強化に焦点が当てられていますね。

機能一覧は以下になりますが、Windows Searchのクラウド対応とWindowsの時計からカレンダーに予定を組めることあたりが生産性向上された機能という感じです。

【新機能】

https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-insider/at-home/whats-new-wip-at-home-1909?WT.mc_id=WDIT-MVP-5002496

1809の轍を経て、不具合は徹底的にチェックがされているようで、現在見えているのはIMEとネットワーク機器関連の問題のみです。
それもドライバーの更新で対応できるものや、マスター作成時にのみ発生するような限定影響のみとなっています。

【残不具合】

https://docs.microsoft.com/en-us/windows/release-information/status-windows-10-1909?WT.mc_id=WDIT-MVP-5002496

今回のバージョンでは、1903のQUを適用しているとその中で機能がインストールされ、無効化された状態で使えるようになるのを待つイネーブルメントパッケージという形式でも配布されています。

https://techcommunity.microsoft.com/t5/Windows-IT-Pro-Blog/Windows-10-version-1909-delivery-options/ba-p/1002660

このパッケージでアップグレードされた場合、アンインストールするときは回復機能を利用するのではなく、更新の履歴を表示するメニューから更新プログラムをアンインストールという方法で戻していくことになります。

この辺りはかなりクリティカルな話かもしれません。企業向け利用で1903から1909へと毎期バージョンアップしているケースがあるかは微妙なところですが、何らかの問題に直面した際の戻し方が変わるため、用意する手順などが少し高度になりそうに感じます。

そのほかにも更新のサイズなど有用な情報が記されているので上記のサイトは一読しておくことをお勧めします。

これから規模拡大して利用される中で問題が出ることはあるかと思いますが、最小にとどめ、この辺りで失地回復といった状況になってほしいですね!

音楽:羽化

Office365 ProplusのWindows7 ESU利用時のサポート方針が更新されていました

前にお伝えしたOffice365 ProPlusとWindows7のサポートについてですが、方針が展開されていました。

【前回の記事】

http://mitomoha.hatenablog.com/entry/2019/10/03/011036

その方針ですが、Windows7を利用している場合Office365 ProPlusのバージョンが2002で固定され、2023年1月までセキュリティアップデートが提供されるということのようです。

https://docs.microsoft.com/en-us/deployoffice/windows-7-support?WT.mc_id=M365-MVP-5002496

f:id:mohessu:20191113003826p:plain

セキュリティアップデートは行われますが、2005等の機能アップデートを導入しようとするとエラーではじかれるとあるのでOffice 2016のように機能固定で利用していくことになるようですね。

読み解けていないだけかもしれませんが、今回のサポート方針についてこのアナウンスではWindows7のESUの利用については触れられていないようです。

もしかするとWindows7であれば無条件で使えるようにもみえます。
ただその場合でもOSのセキュリティ更新を受けられない状況のため、一般的にこの状況での利用は想定されていないのかと思います。

個人的にはESU利用特典としてもらった方がわかりやすかったのではないかと感じるのですが、方針が見えてきたのは良いことですね。

よく考えるとすでに残り2か月に差し掛かるWindows7のEOSです。残りの時間を有効に利用し、新しいバージョンにバージョンアップしていきたいところです。

音楽:Ubique

 

Office365 OneDrive for Businessでファイルの依頼を行えるようになるようです

Igniteが閉幕し、今週は少し情報が落ちつくかと思っていたのですが、いきなり面白い機能の提供が目に留まりました。

OneDrive for Businessに、ファイルを要求するための機能が追加されるようです。

詳細は以下にあり、2019年12月までに順次展開というスケジュールとなっています。

https://support.office.com/ja-jp/article/%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab%e8%a6%81%e6%b1%82%e3%82%92%e4%bd%9c%e6%88%90%e3%81%99%e3%82%8b-f54aa7f8-2589-4421-b351-d415fc3b83af?storagetype=stage&ui=ja-JP&rs=ja-JP&ad=JP

どのような機能か簡単にまとめると、アップロード専用のフォームを専用URLで提供してくれる機能です。

アップロードしかできなく、複数の人に同じURLを説明できるため、使いどころとしては時季的にも年末調整の資料提出などに使えそうですね。笑

ファイルを提供する側は、以下のようなUIでファイルをアップロードしていくようです。

このサンプルはRFPの提出に利用しているようですね。

f:id:mohessu:20191112010847p:plain

この機能のすごいところは、アップロードする側はMSのライセンスも不要というだけでなく、MSAでの365ログインも不要というナイスな仕様となっているようです。

この機能をうまく利用すると、納品物をOneDriveで提供してもらうといったことも簡単に行えますね。

ちょっと気になるのは上記のURLがどのようになるか。というところでしょうか。

ログインが不要ということはtenant restrictionsのような制御が行えないということと同義だと思うので、提供URLによっては全面的に使用禁止を検討しないとならない。などもありそうです。

使いどころが多そうなだけに、そういった仕様がどうなるかはきっちり確認していきたいですね。

音楽:My Love

Windows10 Insider Preview 19018リリース

一週開けてしまいましたが、Windows10のInsider Previewは毎週ちゃんとリリースを繰り返しています。

今週はBuild 19018となりましたが、その前の週にBuild 19013が出ています。

19013では絵文字の種類が増えるという、日本人にとっては使い勝手が向上する良い更新でした。笑

ちなみにこのUIを出すには、Winキー+.を押す形となります。
アイコンが最初に出るのですが、tabを2回押すと上のタブにフォーカスが当たるので、;-)のマークをEnterで確定することでキーボード操作でも顔文字を使っていくことができます。o(* ̄▽ ̄*)o

f:id:mohessu:20191110195657p:plain

Build 19018からはSkip Aheadがなくなりました。
Insider Buildの案内文を見ると、おそらく恒久的になくなっていくように思えます。
1903から始まった、ファーストが2世代後、スローが次世代という考え方になっていくのかと思われます。

もともとスローは1か月に1回程度のリリース予定だったはずですが、ずっとこのペースでは出ていないですからね汗
設定画面上からはSkip Aheadは消えてなくなっています。スローとファーストの順序は入れ替えてもらいたいところですねぇ。

f:id:mohessu:20191110200056p:plain

そのほか、Webの検索について見え方が変わったとのことです。
正直この画面を意識していたことがないので前後がわからないのですが、Bingと比べると広告が表示されなかったり、左ペインがなかったりと、シンプルで非常に見やすいまとまり方になっています。

f:id:mohessu:20191110200235p:plain

BingだとAd(広告)が出てしまうので、検索結果が一瞬どれかわからなくなることがありますが、こういった事象にならなくなるので、積極的に使っていきたい感じですね。

f:id:mohessu:20191110212625p:plain

Insider向けの機能として、Win + Ctrl + Shift + Bを押下するとブラックスクリーンから回復することができるようになりました。

そもそもブラックスクリーンに陥ったことがないので何ともなのですが、おそらく画面のリフレッシュを強制的に行うとか、ディスプレイDriverを再起動とかそういったことが行われているのかと思います。

実行するとフィードバックHubからどうだったかと聞かれるのが良いですね。
こういった確認機能はどんどん追加してもらいたいところです。

f:id:mohessu:20191110213323p:plain

f:id:mohessu:20191110213342p:plain

ちなみに実行すると伊ベンドビューアーに3件ほどエラーレポートが追加されます。
ダンプ情報ですね。

f:id:mohessu:20191110201054p:plain

もう11月も中旬にかかり1909リリースも間近です。(Ignite期間中に出るかと思ってましたが、出なかったですね、、、)
1803が2020年11月10日EOSのため、2009のリリースは1803のEOS後になる可能性も意識しておかなくてはならなそうです。
期間が進んでくるといろいろと見えてくることもありますが、そろそろ1909、リリースしてほしいところですね。

音楽:Maria

Office365 Fluid Frameworkが一般Previewとなるようです

Ignite 2019のキーノートでも話題になっていましたが、Fluid Frameworkという新しい仕組みが2019年12月より一般に向けて提供開始となるようです。

このFluid Frameworkですが、Teams、SharePointOutlookOneNote、Office365 ProPlusにて相互にデータを共有する仕組みとなっているようで、共同編集ができ、それぞれのアプリでデータを共有するような仕組みとなります。

以下サイト内のリンクを見るとわかりやすいと思いますが、Office Onlineのページを各アプリ内に埋め込むことができるような仕組みになっているように見受けられます。

https://techcommunity.microsoft.com/t5/Microsoft-365-Blog/Ignite-Blog-Microsoft-Fluid-Framework-preview/ba-p/978268

f:id:mohessu:20191110020023p:plain

これができると、今までファイル共有していたExcelなどのやり取りが、部分共有という形まで落とすことができ、かつ内容の同時更新がやりやすくなるといった利点が生まれてきそうな感じです。

早速、アプリのサイトができていたのでつなげてみたのですが、現時点ではWelcomeサイトへの誘導となっていますね。

https://fluidpreview.office.net/

f:id:mohessu:20191110014401p:plain

いくつかボタンは押せましたが、現時点ではログインが行える程度となっていました。

f:id:mohessu:20191110020338p:plain

f:id:mohessu:20191110014450p:plain

ログインするとComing soon笑
どうも12月のリリース時はUSのみのリリースとなるようですね。

f:id:mohessu:20191110014500p:plain

現時点ではこの機能の実力は未知数ですが、共同作業に欠かせない仕組みとなっていきそうですね。

音楽:Ray of water

 

Office365 Plannerのアイコンが新しくなりました

IngiteではTeamsやAzure以外にも様々な更新が行われています。

その中でちょっとインパクトがあったのはPlannerのアイコン変更でしょうか。

f:id:mohessu:20191107015011p:plain

一瞬難にアイコンかわからなかったのですが、中段左側のアイコンが新しいPlannerのアイコンです。
Pを意匠化した感じですが、グラデーションが素敵ですね。

サイズを大きくしてみたのですが、エッジの感覚などアイコンサイズだからこそのPの形ですね。とてもうまいです。

f:id:mohessu:20191108225747p:plain

ちなみにPlannerを起動すると、今までと同じ3人の人が表示されるアイコンですね。
今後も2つのアイコンを使い分けるのでしょうか。

f:id:mohessu:20191108224206p:plain

タブのアイコンも今までのままとなるようです。

f:id:mohessu:20191108230756p:plain

Chromium版 Edgeのアイコン変更、Whiteboardのアイコン変更もありますが、Azureのアイコンもつい先日変わったばかりだったと思います。マイクロソフトもアイコン変更好きですよね笑

ただ、洗練されたアイコンが多いことも事実なので、今後もよいデザインを提供し続けてほしいですね。

音楽:ミテのうた