Windows10 Road to 2020イベントが始まりました。

唐突ですが、Windows10へ乗り換えキャンペーンが2018年1月23日から始まったようです。

2020 年 世代交代。 Windows 7 Office 2010 サポート終了。今から始める、移行への道 - Windows for business

要約すると、2020年にWindows7およびOffice2010がサポート終了となるのに合わせ、どんどん更新をかけていきましょう。という内容になっています。(Windows Server 2008も、、、)

f:id:mohessu:20180124012746p:plain

コンシューマ向けイベントではなくターゲットはビジネス向けなのですが、数千台のPCを置き換える必要のある企業にとって、2020年1月14日までの2年はとても短い期間なわけです。例えば1000台PCがあったとして、毎日1台新しいPCを置き換えたとしても全台置き換わらないわけです。そんな定期作業の上にOSが置き換わるという一大イベントを行うわけですから大変です。

こうやって考えると、その膨大なタスクをイベントごとから定期タスクに昇格させようというWindows10の継続更新オペレーションは利にかなった対応なのかもしれません。

既報の通りWindows10 1511まではすでにサポートが終了しており、Windows10 1607もこの3月にはサポート終了予定となっています。
年明け一発目のMeltdownとSpectreのように、陳腐化した環境での対処の難しさなどを鑑みると、この流れは止めることはできないのでしょう。

警告が本当の脅威となる前に動き出すようしていきたいですね。

音楽:One

Windows 10 VoiceRecorder?

アプリの中にボイス レコーダーというものが追加されていました。

(起動後に日本名に変わり、それまではVoice Recorder表記でした。)

f:id:mohessu:20180121234701p:plain

 起動すると、まずマイクのアクセス許可が聞かれます。

f:id:mohessu:20180121234608p:plain

マイクの設定が終わればそれで終了。
すぐに利用できる状態となります。

中央のマイクボタンを押すとレコーディング開始。簡単ですね。

f:id:mohessu:20180121234755p:plain

 レコード中は音声が入ると真ん中のマークが大きく表示されます。
入力有無が一目でわかるようになっています。 

f:id:mohessu:20180121234824p:plain

 音が入っていないとこんな感じに中央の円が小さくなります。

ちなみに右下の旗のマークを押すとその時間をマーキングできます。

f:id:mohessu:20180121234835p:plain

 マーキングされた場所は録音終了後表示されるようになり、その時間から音声を再生することができるようになります。

f:id:mohessu:20180121234858p:plain

f:id:mohessu:20180121234922p:plain

 設定項目を見ると特に難しいものはなく、マイクの設定だけができる形です。
これならだれでも簡単に使えますね。

f:id:mohessu:20180121234933p:plain

 ちなみに録音ファイルの場所はドキュメントの配下にサウンド レコーディングというフォルダが作成されます。

f:id:mohessu:20180121234957p:plain

ファイルはm4aフォーマットで156kbps。VBRでしょうか。音質は結構よいかと。

f:id:mohessu:20180121235038p:plain

昔あったサウンドレコーダーと同じような感じですが、ビットレートを選べない反面WAVだった前者と比べ気軽に録音ができるのが良いところかと。

この使い勝手は中々のものなので、録音ソフトに困ったら一度は試してみてはいかがでしょうか。(ただ、OneNote利用しているとあまり困らないかもしれませんね)

音楽:静かな生活

Windows 10 Build 17074のEdgeに追加されている機能について2

先日お伝えした新機能の続きです。

Windows 10 Build 17074のEdgeに追加されている機能について - ()のブログ

まずはスワイプ操作への対応が記載されています。
スワイプ自体は便利な機能なのですが、画面の小さい端末では単なるスクロールとの違いがうまく反応しないことがあるので注意が必要ですね。でも、いちいち上のボタンを押さずとも遷移するのは指の短い私にはありがたいです。

f:id:mohessu:20180122185823p:plain

 

続いてショートカットの紹介がありました。

Ctrl + Tabなどはよく使うものの一つではないでしょうか。
さすがにこの画面上では多く全部は書かれておらず、その他のショートカットは以下へのリンクとなっています。

https://support.microsoft.com/en-us/help/13805/windows-keyboard-shortcuts-in-apps#edge

 個人的にはCtrl + Kの同じ内容を別タブで開く。をよく使いますね。
リンクをページをそのまま保持したまま別のリンクを読んでいきたい時などに使ったりします。

f:id:mohessu:20180122190639p:plain

続いてフォーム入力の複合技術です。
かなり便利で、住所入力時に主に活躍します。
名前、電話番号、住所など主要な情報を同時入力できる機能です。

この機能はInsider Previewのみ提供機能ですね。

f:id:mohessu:20180122190801p:plain

設定可能な項目は、設定画面の中にヒントがあるのですが、名前、組織など9項目に及びます。
ちなみに国名は選択項目なのですが、英語表記での選択となっているので日本は中段上目のところにあります。

f:id:mohessu:20180122194911p:plain

こちらもInsider Previewのみの機能です。
タブごとに音声をミュートできるようになったことが紹介されています。
Build 17035で追加された機能ですね。一度紹介しております。

Windows 10 Build 17035リリース - ()のブログ

f:id:mohessu:20180122190847p:plain

次はアドレスバーの横に拡張機能を表示するための機能です。
私はあまり拡張機能を利用しないので、ほとんど見ることはないのですが翻訳機能はかなり使えるので取得するようにされるのが良いかと思います。

(ただし翻訳機能はここで説明された機能は有効にできません。)

f:id:mohessu:20180122191011p:plain

最後にFlash広告の抑制です。Flashは主に動画表示に使われることが多いため、表示されるだけでバッテリーを消費します。
それを回避するため、Edgeでは通常時は表示ブロックされるという状況となっています。表示したいときのみクリックすることで少しでも消費電力を抑えるというお勧めの機能となっています。

f:id:mohessu:20180122191117p:plain一時は利用する人が極端に減ったマイクロソフト製ブラウザですが、Edgeには良い機能がたくさん用意されています。

あまり利用したことのない人は一度利用してみることをお勧めします。

音楽:無条件スペクトル

Windows10 Build 17074に更新が入ったようです

Windows Insider Previewの更新が入っていました。
が、今回は今までとは違い、小数点以下が更新されているものとなっています。 

 【今回配信されたInsider Preview】

上にあるのが今回の更新分ですね。
17074.1002となっています。いつものrs_prereleaseの言葉の後ろにfltという文字が追加されています。

f:id:mohessu:20180121013124p:plain

 更新前。(Build 17074)

f:id:mohessu:20180121223307p:plain

更新後。(Build 17074.1002)

f:id:mohessu:20180121235620p:plain

更新された内容を確認してみたところ、AMDのCPUで起こっていた起動できなくなる問題が解消され、どのPCでもインストールが行えるようになったようです。

また、Fast Ringだけでなく、Slow Ringにも配信されたようなので、起動に関する重大な問題は解決されたとみてよいかもしれません。

【フィードバックHub】

f:id:mohessu:20180121235552p:plain

 年末からのMeltdownとSpectreの問題は初期段階におけるパッチ的な対応は一応終息してきた感じでしょうか。

しかしながら今回の問題を通じて思うのは、Windows 10発表直後くらいに話のあった、旧型CPUへの対応を制限する。という方向性は間違っていなかったのではないかと思えるところですね。

互換性を保つことの重要性というのももちろんあるのですが、それをどこまで面倒見ていくのかという観点は今後もよく考えていく必要があるように思えます。

音楽:ノエル

Windows 10 Build 17074のEdgeに追加されている機能について

今までWindows 10のInsider Preview を使い続けていますが、Build 17074の段階でEdgeを起動してみると、新機能のページの進行状況が81%に減っていました。

要するに新機能が追加されたというわけですね。

f:id:mohessu:20180120234627p:plain

全部で8点追加されているので紹介していきます。(Edgeが落ちたら1件増えて9件になっていました汗)

f:id:mohessu:20180121000658p:plain

iOS、またはAndroid版のEdgeブラウザを利用すると、PCと連携できる機能の紹介です。日本語で記載があるのですが、2018年1月21日時点では残念ながら日本語環境でEdgeブラウザは提供されておりません。この機能が表示されているのは今後早い段階で提供されると思いたいですね! 

ちなみに、以下アドレスからダウンローダーへのリンクへ遷移することができます。

https://www.microsoft.com/en-us/windows/microsoft-edge-mobile

f:id:mohessu:20180121000932p:plain

 

次にPDFの読み上げ機能です。
PDFを開くとメニューに音声読み上げのメニューが表示され、文字を読んでくれます。

f:id:mohessu:20180121001524p:plain

こんなメニューが表示されるので、「A))」のマークをクリックすることで読み上げ機能を起動できます。

f:id:mohessu:20180121003031p:plain

Wordのサンプル文書をEdgeで表示、音声読み上げを開始した図が以下です。
白抜きになった個所を読んでくれていますね。

f:id:mohessu:20180121003531p:plain

読み上げ中にPDFをダブルクリックするとメニューが表示されるので速度と声を変えることができます。

速度は0.5倍速から2倍速の間で変更可能です。

f:id:mohessu:20180121003940p:plain

声の種類はナレーター設定と同様ですね。(Desktopは選べませんが、、、)

【読み上げ機能の声の種類】

f:id:mohessu:20180121004418p:plain

【設定 - ナレーター内の声の種類】

f:id:mohessu:20180121004600p:plain

続いてPDFにメモを挿入する機能です。

メモを挿入するだけでなく、蛍光ペンを利用したり、コルタナで検索をかけたりといったサブメニューを表示することができます。

f:id:mohessu:20180121005003p:plain

サブメニューを表示するには、PDF内で文字を選択するとよいです。ポップアップされます。以下の5種が表示されます。(時々コルタナが表示されなかったりするのですが、どのタイミングでそうなるのかは不明です。。)

f:id:mohessu:20180121010832p:plain

気を付けたいのはノートの追加の機能と似て非なるものということでしょうか。強調表示機能はほぼ同じ機能を提供しており、消しゴム機能はどちらの機能で引いたものも削除することができます。ただ、こちらはメモの挿入やコルタナ検索ができなかったりと一貫性がない感じですね。

f:id:mohessu:20180121012048p:plain

f:id:mohessu:20180121012253p:plain

ほかにも追加された機能はありますが、長くなってきたのでまた次回。

音楽:恋鳴き夜猫転生譚

Office365 Microsoft FormsがEシリーズで一般リリースとなるようです

6月にプレビューとなっていたMicrosoft Formsですが、2018年2月15日より一般リリースとなるようです。

使用感は以下を参照してもらいたいのですが、To-Doなどと同じでこのFormsも初期状態がオンになるため、利用想定がない場合はライセンスをオフにすることを忘れないようにしましょう。

Office365 Microsoft Formsを使ってみました。 - ()のブログ

ライセンスをオフにするには、ユーザーの設定を変更する必要があります。
管理センターよりユーザーを選択し、ライセンスの中からMicrosoft Formsをオン・オフすることができます。

f:id:mohessu:20180120014223p:plain

また、Formsを外部ユーザーと共有する場合は
 管理センター - サービスとアドインからMicrosoft Formsを選びます。

f:id:mohessu:20180119015024p:plain

2月15日以降は、Office365 アプリランチャーに表示されるようになるとのことなので、表示したくないかたは早めにライセンス設定を行うようにしていくことをお勧めします。

音楽:blues in my heaven

Office365 管理センター サービスとアドインが少し変わりました

管理センター内のサービスとアドインの画面が少し変わりました。

Whiteboard、Teams、Docs、To-Doの設定画面からそれぞれの名前が消えています。

【サービスとアドイン】

f:id:mohessu:20180119014130p:plain

 

名前が消えていたのはこの4つのみで、その他は今まで通り名前がある状態でした。

f:id:mohessu:20180119014302p:plain

f:id:mohessu:20180119014357p:plain

 

f:id:mohessu:20180119014459p:plain

f:id:mohessu:20180119014603p:plain

名前がないところを開いてみると、やっぱり名前が表示されていません。。。

Whiteboard

f:id:mohessu:20180119014931p:plain

【Teams】

f:id:mohessu:20180119015419p:plain

【Docs】

f:id:mohessu:20180119015502p:plain

【To-Do】

f:id:mohessu:20180119015537p:plain

見ての通り、タイトル部分と、本文から表示が消えてしまっています。

この4つ以外はタイトルなどちゃんと表示されていました。

f:id:mohessu:20180119015024p:plain

すでにEOSが見えているDocsに更新が入るのも不思議な話なので、全般的に表示方法が変わる過渡期にあたってしまったのでしょうかね。

一時的と思えるとはいえ、何の設定しているかわからなくなることが確実なので、早いうちに表示が直ってくれることを期待したいと思います。

サービスの一覧側はアイコン中心にしたい意図がわからなくはないので、どのせっていを行っているの替わる程度には直ってほしいところですね。

音楽:一鬼夜行