読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cognitive Services Video Indexerについて

Build 2017の中で発表されたものの中に、Video Indexerというのものがあります。

単なるビデオアップロードサイトのように見えますが、なぜCognitive Servicesに分類されているかを知るとなるほど。と思える機能なので紹介いたします。

このVideo Indexer、自動翻訳が行える機能を備えているのです。
すなわち音声入力と言語翻訳の複合技を動画に対して実施するというとんでもない代物なのです。

Microsoft Video Indexer - Unlock Video Insights

vi.microsoft.com

まずログインから。GET STARTEDでログインです。

f:id:mohessu:20170527202021p:plain

アカウントは様々選べます。私はいつものOutlook account(Hotmail)でつなげます。

これ、とても分かりにくいのですが、URLドメインが変更になるので気を付けておきましょう。Video Indexerの実態は以下URLで提供されています。

www.videoindexer.ai

f:id:mohessu:20170527202242p:plain

情報許可の画面。ここに出てくるURLは「vi.microsoft.com」ではなくなりますが、「www.videoindexer.ai」であれば問題ありません。

しかし、Live.comの情報アクセス許可画面、ちょっと微妙ですね。
これだとどのアカウントが紐づくのかわからない、、、汗

f:id:mohessu:20170527202907p:plain

接続されると以下画面に遷移されます。シンプルでわかりやすい構成です。

f:id:mohessu:20170527203518p:plain

サンプルを見るとこんな感じに。Build 2017のkeynoteの翻訳はこれを利用していたんですねぇ。。。これは期待が持てます。

f:id:mohessu:20170527203641p:plain

カーソルを合わせるとPlayマークに。再生も手ごろです。

f:id:mohessu:20170527203825p:plain

Play押下でプレビュー画面に。

左側に画像。右側に解析された結果が表示されるようです。

f:id:mohessu:20170527204652p:plain

サンプルを見ると、右側に表示されたPeopleに、しゃべっているタイミングがタイムラインとして表示され、その音声からとっているのか、ポジティブシンキングなのか、ネガティブシンキングなのかがわかるUIを備えています。その他、キーワードなどが表示されています。

f:id:mohessu:20170527205927p:plain

Transcriptタブに移ると、音声解析した結果が表示されます。
動画を再生しながらだとタイムラインが流れるため、この機能だけで何言っているか判断することができるので英会話の勉強に最適です。笑

f:id:mohessu:20170527211919p:plain

Searchのタブでは、音声解析の結果から、一覧が表示されます。

ただ、時間などが出ないので、どこがヒットしたかはわかりません。

そのうち改善するのかなぁ。

f:id:mohessu:20170527212538p:plain

そのほか、左側のペインではEditボタンや<>(共有URLを取得するボタン)、メール貼り付けボタンなどが用意されています。

f:id:mohessu:20170527222237p:plain

共有URLを取得するボタン

f:id:mohessu:20170527222354p:plain

なんだかこれだけ見るとPCアプリにしか見えませんね。
Webのすごさも垣間見ることができます。

音楽:先軸のなぞるもの

PaintsChainerをつかってみた

de:code 2017の基調講演で紹介されていたPaintsChainerを利用してみました。

このPaintsChainer、ディープラーニングを用いて線画に自動着色してくれるサービスです。

1月頃にTwitter上をにぎやかにしていたので知っている人も多いかもしれませんが、このサービス、Azureを利用して提供しているらしいのです。

ChainerというディープラーニングFrameworkを利用したサービスなので、Azure側はインフラレベルでのかかわりかもしれません。(ただ、ざっと見た感じだとAWSっぽいんですよね。インフラ。)

PaintsChainer -線画自動着色サービス-

線画に自動着色のサービスなので、まずは線画の準備。

私には絵は描けないので、絵を描ける人に書いてもらいました。

【こんな感じ】

f:id:mohessu:20170527232548p:plain

それをPaintsChainerに喰わせて着色ボタンを押すだけ。

それだけでこの精度で色を塗ってくれます。

f:id:mohessu:20170527235257p:plain

これだけでもかなりきれいに塗られるのですが、オッドアイなどを直すために色指定も可能です。

こんな感じに線画側に色を付け、着色を押すと。変化。

f:id:mohessu:20170527232515p:plain

何回か繰り返すときれいになっていきます。

f:id:mohessu:20170527233208p:plain

5月バージョンで着色アルゴリズムを変更できるようです。ガラッとイメージが変わります。

f:id:mohessu:20170527233316p:plain

2017/5/25くらいにPixivと連動するなど、精力的な活動がなされているようです。

ディープラーニング、ちょっと前までは高嶺の花かと思っていましたが、どんどん身近に取り込まれていますね。

音楽:おしゃべりソシエ

New Surface Proの発売日が決まりました

2017/5/26に日本マイクロソフト主催のハードウェア発表会がありました。

同5/23に上海であったハードウェアイベントと同様のものですが、国内イベントということで国内向けの発表がいくつか。

・当初見込み通りNew Surface Proの発売日が決定

New Surface Proですが、2017/6/15の発売となり、同日より予約が開始されました。

しかしながら、発表から発売までの期間が早い!
それだけ市場として意味がある状態になってきているってことですかね。日本。

ただし、LTEモデルは秋ごろになるようです。

Surface Pro-あらゆるシーンで活躍するモバイル PC。

Surface Studio / Surface Dialの発売日も決定

同様にMS UK Blogにてすでに発表されていた、Surface Studioの発売も2017/6/15で確定となりました。

Surface Studio のご紹介

Surface Laptopは7/20に

Surface Laptopの発売日は、New Surface ProやSurface Studioとは異なり、7/20に発売のようです。
学生向けというコンセプトがある中でこのタイミングっていうのはちょっとチャレンジな感じがしますね。海外だと秋入学期でちょうどいい感じの時期かもしれませんが、、

Surface Laptop – 自分らしさを表現するノート PC

Surface Pen(4096階調バージョン)は8月中

New Surface Proの発表と同時にアナウンスされていたSurface Penの新型ですが、これはなんと同時発売ではなくなりました。8月に出荷となるようです。

一つの目玉だと思っていたので、待ち遠しく感じますね。
逆にFall Creators Update付近になることで、次期OSアップグレードでいろいろなアプリで利用できるよう調整されて来ることを期待したいですね。

 

これで、Surfaceのシリーズは大きい順に以下4種が出そろいました。

Surface Hub

Surface Studio

Surface Laptop

Surface Pro

世の中の機器群からすると、小型もののラインナップが少し弱く感じますね。

MR、Cell Phone、IoTあたりでSurfaceブランドが出そろってくると、Windows10 = Surfaceという感じになるので強力なブランド戦略が組めるように感じます。

是非そちら側への展開も期待したいところですね。

音楽:羽化

Security SHA1を利用したアプリの利用にご注意を

Googleのセキュリティチームが2017/2/23にSHA1衝突を意図的に起こさせる手法を発見しています。

Google Online Security Blog: Announcing the first SHA1 collision

 

実はこの手法、この当時はどのように実行するのか公開されていなかったのですが、90日後にその手法が公開されることになっているのです。

90日後といえば、実はもうそこまで来ており、いつ公開され、悪用されてもおかしくない状況に入ってくるのです。

SHA1をよく利用するのは証明書。証明書といえばブラウザ。EdgeやIE、Chormeなどのブラウザでは、SHA1サイトにアクセスすると注意喚起される状態でしたが、5月のセキュリティ更新でさらに強固に、アクセスは危険である画面が表示されるようになりました。

5 月の Internet Explorer / Microsoft Edge の累積的なセキュリティ更新プログラムを公開しました – Japan IE Support Team Blog

 

ローカル証明書などではSHA1がまだまだ使える状況ですし、IISの自己証明書もSHA1のままです。(IISの証明書は暗号化強度を変えられないんですよね、、残念ながら)

が、ぜひこの機会に全面的に自分の証明書関連は問題がないか確認を進めていただくことをお勧めします!

音楽:竜宮小僧のうた

今日はde:code2日目でした

de:codeもよいのですが、26日に開催されるJapan Surface Eventと題されるイベントで、New Surface ProとSurface Studioの発売日が発表となるようです。

UKのサイトでは先にSurface Studioの発売日がリークされているようです。(公式だからリークじゃないのかな)

Surface Studio gets UK release date

片や、New Surface Proには触れられていませんが、ギズモードさんのサイトでは直接MSに確認を行ったようで、間違えなさそうです。

Microsoftの一体型PC「Surface Studio」日本発売日は6月15日!|ギズモード・ジャパン

i5のエディションだとファンレスになったようなので、PCというよりもうタブレットの領域ですね。

また、この期間中にAcerはMRヘッドセットの予約を開始したようです。

【楽天市場】【予約販売】開発者限定 Acer Windows Mixed Reality Headset デベロッパーエディション:Acer Direct 楽天市場店

しかしハードに要求するスペックが!

最上位のSurface Studioでないと届きません。Surface Bookですら満たせないという、、、

逆に考えるとそれらに近い技術が入っているHoloLensってとてもすごいスペック持ってるってことですよね、、、恐ろしや。

音楽:LIVE in Baghdad

今日はDecode2017 1日目でした

本日はde:codeという、日本マイクロソフト主催の技術発表会がありました。
キーノートは日本市場を意識した内容で、Buildをラップアップした感じでした。
AIが中心となり、OSやらOAやらは影の薄い形になってました。

詳報は別途として、本日はそれ以上に、、、

上海で行われていたHW系のイベントで新型Surfaceの発表があったようです。

Meet the new Surface Pro - Microsoft Devices BlogMicrosoft Devices Blog

外形の革新はないのですが、バッテリーが13時間持ち、Surface Pro4よりも軽い。

これだけでもう買いの予感です。

それに加えて画面はSurface book仕様となり、色再現性が増し、オプションのペンは4,096階調で、SurfaceDockを使えば4Kを2画面表示可能とか。

de:code終了前には発表されていたはずなので、日本でもやってほしかった。。。

といいつつ、日本ではまだ発売自体が未定です。(今までのSurfaceも日本は遅れて発表なので大局は同じです。)

本当にこれは待ち遠しいですね。ほしい、、、

音楽:ケイヤクシャ

Office365 もう一つの覚えられないURL

先に紹介したsender.office.com。

利用頻度含め、なかなか思い出せないサイトなのですが、同じようなものに
セキュアスコアサイトがあります。

場所は以下。

https://securescore.office.com/

 私の利用しているテストサイトのためスコアが低いのですが、この数値を上げていくことでサイトの堅牢性を高めていくことができます。

【サイトイメージ】

f:id:mohessu:20170523005651p:plain

目標ポイントを定め、打つべき施策を絞るなどの対策も一目瞭然です。

【目標決め】

f:id:mohessu:20170523011208p:plain

対策はどのようなことをするとよいのかサマリーだけでなく詳細もきちんと提示されます。

【対策一覧】

f:id:mohessu:20170523011330p:plain

もし会社でOffice365の管理を任じされたら、真っ先に確認しておきたいところです。
また、Webとして一般的にやっておくべきこと。という観点でも有用です。

例えば一番最初に表示されているMFA(多要素認証)。
これはOffice365だけでなく、セキュアなサイトを作成するのにはぜひ取り入れたい項の一つかと思います。

これと同じような機能、IISなどにも採用されないかなぁ。絶対有用だと思うのですが。

Office 365 Secure Score の概要 - Office 365

音楽:Crossing