Windows10 展開台数が8億台に達したようです

Windows10はリリースして3年で10億台のインストールを目標としていたのですが、2015年のリリースから3年半が経とうとする2019年3月、Windows10の展開台数が8億台にまで増えたと発表されました。

https://news.microsoft.com/bythenumbers/en/windowsdevices

最初に宣言していた目標は3年ですが、当時から状況が大きく変わり、Windows 10 Mobileはサービスが終了し、PCの市場はスマートホンなどに取られているという状況の中でよくぞここまで来たという感じがします。

そんなWindows10もWindows7のEOSが間近に来ており、このマシンのリプレースもそう遠くはないタイミングで行われるのではないかと思われます。

さらに発表後長らく身を潜めているWindows Virtual Desktopもそろそろプレビューを得られるようなタイミングなので、途方もない数字に思えた10億台も手が届きそうな感がしますよね。

Windows7のEOSについてはマイクロソフトも力を入れており、一般ユーザー向けのチュートリアルがなされるといった状況です。

Windows 7 のサポート終了情報 - Microsoft

面白いのは移行のバックアップにOneDriveを利用するようなアナウンスとなっている点でしょうか。

f:id:mohessu:20190319014857p:plain

Windows10のランサムウェア防止の観点でもOneDriveを押しており、バックアップといえば、ユーザーデータのみを個別にバックアップするという概念がメジャーになっているのが現状のようです。

f:id:mohessu:20190319015356p:plain

今後もWindows10は10億を超え、15億台、20億台を目指してアップグレードを重ねていくのかと思います。

これからも目を離せない状況を拡大し、話題を提供し続けてくれるとありがたいですね。

音楽:Test Flight Delight

Office365 Teamsでライブイベントが利用できるようになりました

先日お伝えしたStream Live Eventですが、なんとTeamsアプリで簡単に行えるよう改善が図られていました。

Office365 Stream Live Eventを利用してみました - ()のブログ

これはどうもTeams2周年記念ということで、大規模な機能追加を発端としているようです。

What’s new in Microsoft Teams – the Enterprise Connect feature round up - Microsoft Tech Community - 376255

かなりいろいろ増えすぎていてなにから手を付ければよいかと思ったのですが、やっぱりライブイベントを取り上げるのが良いかと。
というのも、前回の投稿では専用ソフトが必要となる旨を記しましたが、Teamsアプリがその専用ソフトの代わりとして動作するのです。
これはSkype 会議ブロードキャストと同等の状況となったという感じですね。

早速利用してみたいと思います。
まずはトップページ左の会議から、会議の予約を行います。

f:id:mohessu:20190321020737p:plain

予約取得時に左上の新しい会議をクリックすると、新しいライブ イベントを選択できるようになっています。

f:id:mohessu:20190321013409p:plain

これを選ぶことでSkype 会議ブロードキャストと同様のことが行えるようになります。

タイトルと時間、発表者などを選択していきましょう。

f:id:mohessu:20190321013448p:plain

続いて誰に利用させるのか決定します。
初期状態では組織全体もしくはユーザーとグループの選択が行えるようになっていました。

f:id:mohessu:20190321013523p:plain

Teams管理センターにライブイベントポリシーができており、その中で設定するものと見たのですが、少し触った感じではパブリックにはできませんでした。

続いて下の方に行くと、配信の方式が選べました。
クイックスタートと外部エンコーダーの2種です。後者はStreamでのライブイベントと同等で、今回の目玉はクイックスタートでしょう。
いくつかチェック項目がありました。活動レポートにチェックを入れると後で参加状況をCSVで取得できるようです。また、Q&Aにチェックを入れるとその名の通り、やり取りが行えるように。会議ブロードキャストでいうとPulseのようなものですね。

これ別途取得することができるようになっています。

チェックが終わったらスケジュールを押しましょう。

f:id:mohessu:20190321013535p:plain

これで下準備は完了です。会議のリンクを伝えるために出席者のリンクを取得するを押してみましょう。
以下で始まるアドレスがクリップボードにコピーされます。
https://teams.microsoft.com/dl/launcher/launcher.html?

ちなみに以下の画面はイベントの予約画面です。
この会議に参加可能な方はこの画面も見れる形になります。

f:id:mohessu:20190321013607p:plain

ライブイベントソースというのがあり、イベント完了後ここから各種データをダウンロードすることができるわけですね。

f:id:mohessu:20190321013619p:plain

 

ちなみにユーザーがブラウザで参加すると以下のようなページに飛びます。
Skype会議などと同様に、アプリの起動が促されますが、Webでも利用できるので利用しやすい環境を選びましょう。

f:id:mohessu:20190321013749p:plain

権限を持っている場合、以下のようにプロデューサーとして参加することがわかるようになっているようです。ミュートを解除してから参加をしましょう。

f:id:mohessu:20190321014050p:plain

所狭しといろいろと表示される画面に。
これが配信スタジオですね。
キューというところに次に表示したいデータを読ませ、ライブを送信ボタンで参加者に配信を行うのが使い方となります。キューにデータを入れるとライブを送信が押せるようになり、その後開始ボタンを押すことができるようになります。

f:id:mohessu:20190321014125p:plain

以下はカメラ画像を右に、左に共有アイテムを置いたケースです。
2つのコンテンツを同時に出せるのはいいですね。
準備ができたら開始を押しましょう。

f:id:mohessu:20190321014717p:plain

開始をするとすぐにデータがエンコードされ、ライブが始まります。

f:id:mohessu:20190321014752p:plain

ライブが始まると、左上の方に経過時間が記されます。
ちなみに中身はStreamなので、録画も行えます。

f:id:mohessu:20190321014849p:plain

ユーザーから見た図は以下のように。(Web版)

右側にQ&Aを表示させてみたところです。

f:id:mohessu:20190321015254p:plain

Q&Aがそのまま採用されるわけでは無く、モデレーターが何を出すか決められる機能は良いですね。

f:id:mohessu:20190321015308p:plain

ライブを終えるには終了を押下する形となります。
終わると会議一覧、ライブイベントからQ&Aや出席状況などをダウンロードすることができます。

f:id:mohessu:20190321022400p:plain

出席者の活動レポートは以下のようにCSVで出てきます。

出席者がわかるのでちょっと便利かもしれません。

f:id:mohessu:20190321022407p:plain

ちなみにライブイベントはチャット扱いのようです。
さりげなくチャットにはホワイドボードが利用できるのですね、、、

f:id:mohessu:20190321015450p:plain

以上簡単にではありますが、ライブイベントの設定方法でした。
個別ツールを入れなくてよくなったため使い勝手はかなり向上したのかと思います。

ちなみに会議ブロードキャストとの違いは以下を参照ください。大きい話としては利用に必要なライセンス(TeamsとStream)と、発表者を会議中に増やせないことでしょうか。

Plan for live events in Microsoft Teams | Microsoft Docs

配信ツールはまだまだ改善の余地は多そうなので、良い方向に進んでいくことを期待したいですね。

音楽:Going to the sea

Office365 各種アプリのアクセスポイントについて

先にお伝えしたOfficeアプリから派生しての投稿となります。
Officeアプリでは各種クライアントアプリが起動するように制御されていましたが、同じような表示を行うwww.office.comはどういう扱いになるのか念のため確かめてみました。

Office 365を利用している場合はブラウザからポータルに遷移して利用を始めるケースがほとんどだと思うので意識しないかもしれませんが、Officeのアプリに直接アクセスするケースでは名前が同じでも別のところへアクセスしているケースがあるようです。

以下がそれぞれの左上から右下へアイコンのURLをチェックしてみたものです。

【MSAアクセス時】

f:id:mohessu:20190304005055p:plain

https://outlook.com
https://onedrive.live.com
https://office.live.com/start/Word.aspx
https://office.live.com/start/Excel.aspx
https://office.live.com/start/PowerPoint.aspx
https://www.onenote.com
https://web.skype.com
https://calendar.live.com
https://people.live.com
https://sway.office.com
https://forms.office.com

片や、Office365アカウントでアクセスした際のwww.office.comとなります。

【Office365アカウントアクセス時】

f:id:mohessu:20190304005201p:plain

以下のアドレスは、MSAアクセス時に見えていたアイコンに対するURLをOffice365アカウントで見た時のURLとなっています。

https://outlook.office365.com
https://tenantName-my.sharepont.com
https://www.office.com/launch/word?
https://www.office.com/launch/excel?
https://www.office.com/launch/powerpoint?
https://www.onenote.com
[*]https://*.infra.lync.com/Meet/
https://outlook.office365.com
https://outlook.office365.com
https://www.office.com/launch/sway?
https://forms.office.com

*はSkypeで、Skype for Businessには対応するアイコンがないため、便宜上Skype Webアクセスのアクセス先を表記しています。

見ての通りなのですが、それぞれビジネス向けには専用のアドレスが割り当たっている、、と思っていたのですが、OneNote、Formsは同じアドレス、Swayも入り口こそ異なれど、MySwayは同じアドレスになっていました。

この辺りのアプリを利用する場合はTenant Restrictionsなどを意識しないといけないのかもしれません。
試せたわけではないのですが、Tenant Restrictionsの対象は以下3ログイン機能です。

login.microsoftonline.com
login.windows.net
login.microsoft.com

対して、MSAのログインは以下となっており、制限対象に入っていないように思います。

login.live.com

ざっと見ていると、OneNoteはmicrosoftonline.comへリダイレクトしていそうだったのですが、SwayとFormsはlive.comのまま遷移を行えているようでした。

この辺りはRestrictionが動作しないのかもしれません。

実際はどうなるかわかりませんが、利用時には注意を払っておく必要があるかもしれません。

音楽:インフィニティ

Windows10 Officeアプリについて

Windows Insiderに最近配布されるようになったOfficeアプリというものがあります。Office 365 Proplusをインストールすると一緒に入る、My Officeと同じようなアプリという感じでしょうか。
このOfficeアプリはOffice 365 Proplusをインストールせずとも利用することができるようになるようです。

【Officeアプリ】

f:id:mohessu:20190303231421p:plain

【My Officeアプリ】

f:id:mohessu:20190303234802p:plain

f:id:mohessu:20190303235456p:plain

アイコンの外面は全く一緒ですね笑

逆にアプリの方は全く異なる印象に仕上がっており、Officeアプリはportal.office.comと同様の構成となっておりました。

【Officeアプリ】

f:id:mohessu:20190303162315p:plain

【My Officeアプリ】

f:id:mohessu:20190304000138p:plain

 

Officeアプリ自体はportal.office.comとうり二つとなっているので面白みがあまりないのですが、一つ伝えておきたい点があります。
それは、MSAを利用したケースとOffice365アカウント(企業アカウント)を利用したケースとで表記が異なる点となります。

以下はMSAでの表記です。Officeアプリのアイコンが旧アイコンのままとなっています。

f:id:mohessu:20190303162315p:plain

対して、以下はOffice365アカウントでのアクセス時です。
アイコンが新しいですね。

f:id:mohessu:20190303162219p:plain

Officeアプリの接続先も異なるので、アイコンも違うのかな。と安易に考えていたのですが、アクセス先のアイコンをチェックしてみるとアクセス先も、MSAのケースではOnlineアプリ中心、Office 365アカウントの場合はインストールアプリを起動するような形となっていました。(インストールアプリでしか提供されていないものや、Webでしか提供されていないものはそれらが起動しました。)

企業利用などではOffice365 のみにアクセスさせたいというケースも多いと思うので、利用時はそのあたりを意識しておく必要がありそうですね。

音楽:Because

Windows10 Chrome版Windows Defender Application Guardを利用してみました

前回エラーだったWindows Defender Application Guardコンパニオンのインストールですが、再度試したところうまくいくようになりました。

サイズは小さく、195KB。

f:id:mohessu:20190318000843p:plain

インストール後でも448KBとお手頃サイズでした。

f:id:mohessu:20190318001128p:plain

インストール自体はすぐ終わり、起動ボタンが押せるように。 

f:id:mohessu:20190318000926p:plain

これを押すと通常のWindows Defender Application Guardの適用されたEdgeが起動します。初回起動は遅いものの、2回目以降は結構な速度で立ち上がってきますね。

f:id:mohessu:20190318001212p:plain

こんな感じでSandbox上のEdgeが起動しました。

f:id:mohessu:20190318001341p:plain

続いてChromeからのアクセスです。
Chromeからアクセスする前にはPC再起動が必要です。私の環境では簡易再起動ではダメだったので、Controlキーを押しながら再起動をしました。

再起動が終えたらChromeを起動しましょう。
前回の画面を覚えていてくれたようで、WDAGへようこそ画面が。
この画面を見ると正常構成と書かれていますね。

f:id:mohessu:20190318004518p:plain

この機能、実はこの設定だけではだめで、グループポリシーでWindows Defender Application Guardを管理モードで有効にする必要があります。

この機能を求めるのは企業ユーザーで、一般ユーザーは不要だろうという配慮からでしょうか。 

f:id:mohessu:20190318012306p:plain

管理モードは1もしくは3ですね。

f:id:mohessu:20190318012435p:plain

また、Chromeでもネットワーク分離はうまく動作するようです。 
必要に応じて設定を入れておきましょう。
クラウドでホストされるエンタープライズリソース ドメインを有効にしてドメインを入力しておくと、そのドメインはWDAGを通さなくてもアクセスできるようになります。

f:id:mohessu:20190318014044p:plain

例えば、microsoft.com全体を通常アクセスとしたい場合は.microsoft.comを設定しておきます。

f:id:mohessu:20190318014156p:plain

これで事前準備は完了ですね。

この状態でmicrosoft.comへアクセスしてみると、、、、

f:id:mohessu:20190318014335p:plain

このような形で一瞬チェックが表示されますが、すぐにページへ遷移してくれる動作となりました。

f:id:mohessu:20190318015211p:plain

続いて本命、ちゃんとWDAG起動で防いでくれるか確認してみましょう。

流れは同じで、今度はこのサイト(mitomoha.hatenablog.com)へアクセスをしてみます。

f:id:mohessu:20190318015355p:plain

評価としては信頼できない!

f:id:mohessu:20190318015445p:plain

見事にアクセスを防いでくれました。

f:id:mohessu:20190318015619p:plain

防ぐと同時にEdgeもWDAGで起動してくれます。
f:id:mohessu:20190318015730p:plain

microsoft.comのページでは、live.comのJavascriptを読み込んだりしているため、厳密な意味ですべてのソースをチェックしリダイレクトしているというわけではなさそうなのですが、一定のデータは本機能を用いることでチェックしてくれそうな雰囲気があります。
今後は厳密なチェック(意図しないサイトへのアクセスはすべてはじくなど)を実装していってくれると更に使いやすくなりそうですね。

音楽:Land Of Luxury

windows10 Insider Preview Build 18358リリース

もう2019年3月も後半に入ってきましたが、それに伴いWindows10 19H1の開発も追い込みをかけてきているようです。 

今週も2回のアップデートが行われ、Buildが18358まで上がってきました。

今回は19H1とは直接関連しないようですが、2つの更新が記録されているようです。

1つはAndroid端末の画面をWindows10に飛ばす機能、もう一つはChromeFirefoxサードパーティブラウザでWindows Defender Application Guardを利用できるようになるというアナウンスです。

特に1つ目は気になるものの私、Android端末を持っていないため確認が取れませんでした。

Your phoneアプリでこの機能が使えるようになったようです。
利用可能なOSバージョンの縛りはあるものの、このBuildで実装されたわけではなさそうでした。

もう一つ目のWDAGですが、これも今回のBuildで始めて動作するわけではなく、1803以降が導入されていればよいとのこと。

動作にはWDAGを動くところまでもっていっておく必要があります。
インストール方法は以下を参照ください。
今ではEnterpriseだけでなく、Proでも動くようになっていますが、インストール方法は変わりません。

Windows10 Windows Defender Application Guard for Edgeの有効化 - ()のブログ

Chromeのアプリとfirefox向けのアプリがあり、それとWindows Storeアプリとが連携して動作するようです。

Chrome向けアドイン】

https://chrome.google.com/webstore/detail/application-guard-extensi/mfjnknhkkiafjajicegabkbimfhplplj

Firefox向けアドイン】

https://wdage.azurewebsites.net/

 

こちらは動かせそうなので、Chromeで動作を確かめてみたいと思います。

まずは拡張機能のインストールです。上のリンクをクリックしましょう。

f:id:mohessu:20190317230208p:plain

利用者が少ないのが気になりますが、とりあえずインストール。
Chromeに追加を押下します。

拡張機能で必要となるアクセス権が表示されます。
閲覧履歴はURLチェックで動きを制御するというところからは必要となりそうですが、ウェブサイト上にある全データの読み取りはかなり広い権限に感じますね。
この妥当性は正式リリースまでには見てみたいところです。

でもまずはインストール。拡張機能を追加をクリックします。

f:id:mohessu:20190317230305p:plain

これで拡張機能側はインストールできました。

f:id:mohessu:20190317230831p:plain
拡張機能の次はコンパニオンアプリのインストールです。

以下がストアアプリのアドレスとなっているのでブラウザにコピーして起動しましょう。

ms-windows-store://pdp/?productid=9N8GNLC8Z9C8 

f:id:mohessu:20190317224109p:plain

ちなみにこの拡張機能がインストールされてると、以下のようにWeb閲覧全体がブロックされます。右上に拡張機能のマークが出ていますね。

f:id:mohessu:20190317224120p:plain

これを押すと以下のようなプロパティが表示されます。
一番上のスイッチは診断データの収集についてで、機能のオンオフではないので注意しましょう。

f:id:mohessu:20190317224144p:plain

で、本題のコンパニオンのインストールです。
Microsoft Storeが表示されたら後はインストールするだけ。
入手をクリックしましょう。 

f:id:mohessu:20190317224133p:plain

残念ながら私の環境ではインストールエラーとなってしまいました。

f:id:mohessu:20190317232039p:plain

何度か試したのですが、エラーのままだったので調整している最中なのかもしれません。

このままだとChromeからのブラウジングが行えないため、機能をオフにしておきます。
機能をオフにしたい場合はChromeの右メニューから設定を開き、開いた先の左メニュー下部にある拡張機能を開きます。

f:id:mohessu:20190317231614p:plain

これで拡張機能一覧が表示されるので、Application Guard 拡張機能を削除もしくはスイッチオフしましょう。

f:id:mohessu:20190317231732p:plain

ちょっと使ってみたい機能だったので残念ですが、またリトライしていきたいと思います。

音楽:Vesper Bell

Office365 Whiteboardが新しくなるようです

Windows10の標準アプリとして導入され、Office365の一部としても利用可能なWhiteboardですが、今後バージョンアップが予定されているようです。

今はOffice365アプリ一覧には出てこないのですが、管理センターの設定には項目があるという面白いものでした。

f:id:mohessu:20190317091823p:plain

これが、今後Office365利用テナント全体で利用できるようにしていくとのこと。

おそらく上記の設定で有効化されているケースで、アプリランチャーに表示されるのかと思います。

私はあまり使う用途がないのですが、実はWeb版のWhiteboardというのもあるのです。

Microsoft Whiteboard

このサイトのドメインはOffice365のURLとIPの管理サイトに無いので、Office365とはいいがたい状況だったのですが、含まれてくるということになるのかと思います。

ちなみに、案内文は以下となっています。

Important updates to Microsoft Whiteboard - Office Support

3点案内があり、1つ目はOffice 365のすべてのテナントで利用できるようになる。

2つ目はEUのテナントはデータがEU内に格納されるようになる。

3つ目はSurface Hubのアプリが更新される。ということです。

f:id:mohessu:20190317083011p:plain

特に3番目は日付が設定されており、2019年6月7日で今のバージョンでの共同編集が利用できなくなるとのこと。

新しいアプリが出たら利用方法の展開などをすすめないとなりませんね。

ちなみに以下にあるように、Whiteboardのデータは通常アメリカのデータセンターに保管されるので、社内でデータの保存された場所を定義されているケースでは注意が必要です。

Microsoft Whiteboard を組織で有効にする - Office サポート

f:id:mohessu:20190317085848p:plain

 Office365公式になることで、この辺りも国内対応になってくれるとありがたいのですが。

音楽:Sprit of place