Windows10 Windows Sandboxを利用してみました

Windows10 Insider Preview Build 18317を導入したところ、ようやく私の環境でもWindows Sandboxを起動することに成功しました。

というわけで、軽く動作を試してみました。

まずは動作させて環境です。
ちょっと古いマシンだったので、メモリは最低限度の量での動作確認となりました。

以下がWindows Sandboxに求められる要件となっています。

  • RAM:4GB (8GB推奨)
  • Disk:1GBの空き (SSD推奨)
  • CPU:2CPUコア (4コアでhyperthreading推奨)

ギリギリ動作させられるような環境ですね笑

f:id:mohessu:20190122003553p:plain

早速スタートメニューから起動してみます。(利用にはWindowsの機能としてインストールが必要となります。)

起動自体はすこぶる早く、SSDではありますが古めのPCでも30秒程度でOS起動まで完了するというスピード感で動いてくれます。

f:id:mohessu:20190121232353p:plain

親機はWindows10 Enterpriseですが、子機はWindows10 Proとなるようですね。
Sandboxはほぼ素のPCとなるので、設定が必要だったり、ドメイン参加が必要となるような機能の利用は想定していないからなのかと思います。
また、子機側はライセンス未認証の状態となるようです。
実際のところ、ライセンス規約に改定が必要となるのかもしれませんね。

f:id:mohessu:20190121232724p:plain

利用開始直後にEdgeを立ち上げて、メモリをチェックしてみたところ、700MB弱の利用となっていました。
これを見るとやはり親機には8GBのメモリは欲しいところですね。
4GBでも起動はできるのでファイルを開いて確認する程度にとどめるのであればなんとかなるかもしれません。

f:id:mohessu:20190122005549p:plain

気を付けておきたい観点としては時計がUTC-12となっている点でしょうか。
言語等は親に合わさってくれるので、この辺りも親に合わせてくれるようになると幅が広がりそうですね。

また、ネットワークはほかのHyper-V系と同じで、親機に仮想スイッチが提供され、その上での動作となるようです。細かな設定を考えずに利用できるのは楽でよいですね。

f:id:mohessu:20190122010300p:plain

アプリケーションも標準ではインストールされておらず、Edgeでブラウジングを行える程度が初期の状態です。アプリケーションのインストールは、再起動を伴わないものであれば導入が可能です。Chromeをインストールしてみましたが、普通に利用できそうでした。ファイルのコピーアンドペーストなどもRDPのように実施することができます。

f:id:mohessu:20190122005711p:plain

ドメイン参加はもちろんされていません。企業利用では動作させたいアプリとしてドメインさんが必要なケースなどがありそうなので、やはり初期の状態を決められるような仕組みがあると幅が広がりそうですよね。

f:id:mohessu:20190122011118p:plain

右上の×ボタンで仮想環境を停止することもできます。

ダイアログアナウンスの通り、停止するとデータがすべて消えてしまうため、停止させるタイミングはよく考える必要があります。

f:id:mohessu:20190122001451p:plain

逆に、停止と起動だけで素のWindows10を利用できるという利点でもあるため、この特性を理解して使いこなしていくことが重要な要素となりますね。

f:id:mohessu:20190122001629p:plain

ざっと見た感じでは、これから使えるようになってもらいたい機能は多くあげられるものの、現時点でも十分使えるものとなっているので機能と使い勝手を考えてた絶妙なバランスに仕上げられている感を感じました。

この手の仕組みは、簡単に使えることもかなり大切なので、今後もその点を大事に更新を進めてい行ってもらいたいですね。

音楽:Seeds of Life

Windows10 アプリケーションの互換性に関する話が出ていました

Windows10はWindows as a Serviceの旗のもと、どんどん新機能が追加されていく仕組みとなっていますが、OSである以上、そのうえで動作するアプリケーションにも目を配る必要があります。

そんなWindows10ですが、以下のBlogで互換性に対する取り組みが記されていました。

Application compatibility in the Windows ecosystem | Windows Experience Blog

簡潔に説明すると、APIの変更はコントロールされているため、動作変更のアナウンスがない限りは非互換性問題は起こらないと思ってよい。という感じでしょうか。

要するに、想定していない範囲で動作が変更されないように、サードパーティ製品も含め、自動テスト、手動テストを駆使して動作チェックに余念がない状態を作り上げていますよ。ということですね。

とはいえ、Windows10を更新したらアプリが動かなくなるのは避けたい。という場合に備えて、Desktop App Assureというプログラムも用意されています。

What is Desktop App Assure? - Microsoft Tech Community - 270232

旧環境で動作していたアプリが動かなくなった場合、Windows10のコード修正もしくはアプリ側で修正すべき情報を提供してくれるというものです。

日本では業務アプリの開発を外部に委託することが多いため、アプリケーションについてマイクロソフトと対話できる状況を作るという状況を作り出すこと自体が難しいかもしれませんが、OS提供者として行える限りのことをやろうとしている感がうかがえますね。

Windows as a Service。取り組みの方向性を定めるのが難しいところもありますが、何事も改善に目を向けていける土壌を作っていくことは重要だと思うので、いろいろな方向から検討を進めていきたいですね。

音楽:wolke

Windows10 今後のバージョンアップからプリンタドライバーが削除されていくようです

Windows10のFuture Updateでは、機能面だけではなくUpdateそのものもどんどんバージョンアップしていっています。

そのなかで、プリンタドライバーの提供方法が変更となっているという話があったのでご紹介します。

https://techcommunity.microsoft.com/t5/Windows-IT-Pro-Blog/What-s-new-in-printing-in-Windows-10-version-1809/bc-p/267769

説明の中では、プリンタドライバーを機能更新プログラムから削除し、Windows Updateでオンライン配信に方向性を変えていくということを示していました。

すでに機能更新プログラムは 3GBから4GB程度あるので、このサイズを少しでも小さくまとめていきたいということなのかと思います。

データの削減量は120MB程度となるようなので、これだけでは大きな削減にはつながっていないのですがこういった意識が重要なのでしょうね。

1809以降はMopriaプリンタをサポートし始めており、プリンタ一つ一つにドライバーという考え方もそろそろイメージを変えていく必要があるのかもしれません。

いずれにせよ今後はプリンタドライバーを個別インストールで配信する必要があることを覚えておく必要がありますね。

音楽:じゃれる

Office365 OneDriveクライアントでのデータ削除に確認メッセージが表示されるようになります

OneDriveを利用したWindows10のデータ連携がオンデマンドとなってはや5か月。
OneDriveクライアントの機能更新はまだまだ続いていきます。

 

この2月からOneDriveへの同期対象としているファイルを、200ファイル以上を同時に削除しようとした場合アラートが表示されるようになるようです。

OneDrive Message Center Updates January 1st to January 15th - Microsoft Tech Community - 319626

このサイトに記載された画面を見る限り、エクスプローラーなどから削除した後にOneDriveクライアントがオンデマンドで同期させる際に削除状況を検知してアラートを上げるという動きのようです。

SharePointでも先日、ファイルを大量に消すと管理者にアラートが飛ぶような仕組みが導入されましたが、ミスを気づかせる機能がどんどん増えていくのはありがたいですね。

ユーザーが増えてくると操作ミスなどはそれなりに出てくるのかと思いますが、管理者に届く前に自身で何とかさせるというのは管理コスト削減にもなるのが良いです。

今後もこういった機能追加を増やしてほしいですね。

音楽:預言者

 

Office2019 家庭向けバージョンが販売開始となるようです

2018年9月に発売されたOffice2019ですが、ホームユース版の発売がアナウンスされていました。

2019 年 1 月 22 日(日本時間)より、家庭向け Microsoft Office 2019 の販売を開始します! - Windows Blog for Japan

ボリュームライセンスMSDNなどですでに取り扱われていたため、まだホームユース版が出ていないことに気が付いていませんでしたが、ようやく出そろったというところでしょうか。

ちょっと気になるのは上記にあるシステム要件ですね。
今まできちんと認識できていなかったところですが、インターネット接続とMSA(マイクロソフトアカウント)を利用することが要件として取り上げられています。

Office365 Proplusと異なり、インターネット接続環境がなくても利用できるという利点がナンバリングバージョンにはあったのですが公式アナウンスとしてはインターネット環境は必要だったということでしょう。

VL版では一部機能でインターネット接続が必要という考え方だったため、今回も同様な考え方になるのかと思います。

また、忘れがちなのがサポート期限。今回のOffice2019では、Office2016と同様の延長サポートとなっており、セキュリティパッチの配布などは最大7年という形ですので忘れないようにしましょう。

https://support.microsoft.com/ja-jp/lifecycle/search?alpha=Office%20Professional%202019,Microsoft%20Office%20Professional%202016

f:id:mohessu:20190118010947p:plain

こういったことを考えると、できるだけOffice365 Proplusを利用するようにしていきたいですが、インターネット接続環境の状況など、特殊な事情がある場合にはOffice2019を利用するなど、うまく使い分けていけたらよいのかと思います。

音楽:Ura l'eternita

Office365 MyAnalytics提供の詳細が発表されています

昨日お伝えしたMyAnalyticsのOffice365 E5以外への提供の件ですが、続報が入ってきました。

Office365 MyAnalyticsがExchange Onlineユーザーに開放されるようです - ()のブログ

提供日程が判明した形です。
いままでのOffice365での新機能提供と異なり、ライセンスの提供と機能の提供に時間差を設けていくようです。

Workplace Analytics - Workplace Analytics Office 365 | Microsoft Docs

2019年2月12日にライセンスが有効となり、2019年3月12日にMyAnalyticsを利用するためのOutlook アドインが提供され始めるという2段階提供に決まったということですね。

そしてちょっと残念なことに、MyAnalyticsの中でもOutlook アドインに特化した提供となるようで、MyAnalyticsポータルの提供は行われないとのことでした。

とはいえ、Outlook アドインだけでも自分の動きを見える化するのには役立つので、発表からあまり間を置かずに利用できるようになってくれるのはありがたいところですね。

なお、2月12日以降、ユーザーにMyAnalyticsを利用させたくない場合は、PowerShellを利用してライセンスから機能を除外する必要があるようです。

GUI側の案内がないので、おそらくGUI側ではMyAnalyticsの有効無効を変えられないのではないかと推測します。

MyAnalyticsを利用させたくない場合は、ちょっとひと手間掛かりますが、今のうちにPowerShellでライセンスを制御できるようスクリプトを検討してきたいですね。

音楽:ホシキラ

Windows10 LTSCの位置づけについて公式見解が出されていました

Windows7のEoSが1年を切ってきましたが、Windows10のサービス提供モデルに悩まれているケースは多々あるのではないでしょうか。

サービス提供モデルは大きく3種に分かれており、Insider Preview、SACT/SAC、LTSCと名前が付けられています。
それぞれ、週次に新しい機能のテスト提供、半年に1回となる3月/9月の一般向け提供、2~3年に1度の提供の3種です。

そのうち、SACT/SAC以外は一般向けではないのですが、LTSC:ミッションクリティカル系用途の位置づけについて、以下のサイトでどういったものなのか公開されていました。

LTSC: What is it, and when should it be used? - Microsoft Tech Community - 293181

要約すると生産性の高いアプリ群は利用できず、Office 365 Proplusが利用できないのでSACを使っていってね。という感じでしょうか。

そして、新しいH/Wを与えられた際の喜びとして、新機能が利用できないのは利用者に残念な感情を与えますよ。と。

一般OA業務と企業活動におけるPC利用が分離されているとその考え方はよくわかるのですが、数多くある社内事務用アプリ群の動作を保証していくというところがなかなかSACでは追いつかないところですよね。

このあたりについてはコメント欄でのやり取りが興味深く、どの国でも同じような思いを持っている人が多いのだなと実感します。
資料作りや情報収集など、クリエイティブな用途には生産性を高める方法を用いたいものの、勤怠入力や経費精算といった点については、OSレベルの改善ではなかなか生産性を高めることは難しく、その用途を主に管理するシステム管理部門として効果が薄いものにコストをかけるのは難しい。という理屈はもっともなのかと思います。

こういった点はSaaSの仕組みやWebを用いて普遍化するなどの対処方法をアプリの観点でとってきたのが今というところなのでしょうが、やはりまだまだその域に達するところまでいかないケースも多くあるわけで、焦点をOSの更新にあてていくのはもう少し時間が必要なのかもしれません。

うまくこの両天秤を克服できれば、生産性の向上と事務システムの維持を併せ持つことができるのでしょう。何かいい策は無いものですかねぇ。

音楽:ヘイボーイ