Office365 アップロードセンターが2019年12月でEOSとなるようです。

Office365 ProplusなどOfficeアプリを利用してSharePoint Online / OneDriveにファイルを保存する場合はオフラインである状況を考慮し、Officeアップロードセンターを介してファイルをクラウドに保存するようになっています。

このOfficeアップロードセンターですが、2019年10月から12月にかけて徐々にEOSとなっていくことが発表されました。

アップロードセンターは通常バックグラウンドで動作する仕組みのため、あまり意識して利用しているケースは無いのかもしれませんが、Microsoft Office ツールの中にあります。

f:id:mohessu:20190916160136p:plain

このようなUIのアプリですね。
オフライン時に保存されたファイルをオンライン時にアップロードしていく役割を担っています。

f:id:mohessu:20190916160423p:plain

今後この機能がなくなった後は、Officeの各アプリに機能がゆだねられるようです。

開くメニューの中に注意を要するファイルという形で展開されるみたいですね。

f:id:mohessu:20190916170225p:plain

この機能は月次チャネルからスタートとなりますが、10月の更新から順次展開されていくようです。

大きい差としては、随時起動ではなくなるのでインターネットに接続されたら自動的にアップロードされるという動きから、自身でアップロードを行っていく必要がある。という感じになるのかと。(OneDriveの同期アプリを利用すべし。という感じかも知れまませんね。)

最近のOffice365 Proplusは自動保存が有効化されていることもあり、意識する必要があるケースが減っているようにも思えるので、ファイルの挙動を意識させるにはちょうど良いのかもしれませんね。

音楽:雨のワルツ

Office365 Teamsのチャネル名の変更について動作仕様が変更となったかもしれません

Teamsを利用している方はチームを作り、チャネルを作って活用している方が大半かと思います。

そのなかでは以下の既知問題などを意識したり無意識に問題点を回避しながら運用しているケースのではないかと考えます。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/microsoftteams/known-issues

が、2019年9月初旬頃から、この問題点のうち、チャネルの名前変更の動作が変わってきた可能性があるので取り上げたいと思います。

その変更となったと思われる動作は以下。
Teamsでチャネルの名前を変更してもSharePoint Onlineの対応するフォルダーの名前が変更されないというものです。

f:id:mohessu:20190914215456p:plain

これは、サイトのリンクにフォルダー名が含まれたりすることから、安易に変更すると既存のリンクが壊れるという問題から発生していると思われる仕様なのですが、この動きが変わってきているようなのです。

以下図はTestChannelというチャネルを作ってからTestChannel(テスちゃん)という名称に変更したチャネルとなります。

【左ペインの名前と中央上部のTeamsマーク脇の名称が違っています】

f:id:mohessu:20190914221447p:plain

【リンクを作るとリンク内にチャネル名が残るので、安易に名称変更に追随できないkとがわかります】

f:id:mohessu:20190914221602p:plain

数日前から徐々にですが、名称変更したチャネル名に合わせ、SharePoint側の名称が追随するようになってきているようです。

要するに上記図でいうと、中央のTeamsアイコン脇がチャネル名と同様に変更されているということですね。

その際、データはもとのSharePointフォルダーに置かれたままになっており、Teamsからみるとデータが消えてなくなったように見えてしまいます。

というわけで、Teamsのデータが見えなくなったら、SharePoint で開くを押下し、一つ上のフォルダーから旧来のフォルダーを探してアクセスしていきましょう。

【旧フォルダーはそのまま残っており、データはもとの場所に存在しています】

f:id:mohessu:20190914222630p:plain

SharePointでは、GUIでフォルダーの移動もできるので、必要に応じて新しくなったチャネル名に相当するフォルダーに移動することで、Teamsからもファイルが閲覧できるようになります。

ちなみに、念のためAPIを確認してみたのですが、SharePoint Onlineとの紐づけを変えられそうなプロパティはなさそうでした。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/resources/channel?view=graph-rest-1.0

今のところバグなのか、仕様なのか何とも言えないところなので、運用に支障がなければファイルの移動などは行わず、そのままにしておいたほうが良いかもしれません。

上記方法は回避策としてみていってもらえればと思います。

音楽:Beast Beat

Office Exchange Server 2010のEOS期日が延長されました

Windows7のEOSは2020年1月14日ですが、それと時を合わせるように、Exchange2010のEOSも同日に設定されていました。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/office365/enterprise/exchange-2010-end-of-support

f:id:mohessu:20190918005054p:plain

Office2010については2020年10月13日だったため、Exchangeもこれに合わせて10月だと思っていたのですが、私の理解が足りていなかったようで、Exchangeのみ時期がずれているようでした。

というのは昨日までの話で、今回、Exchange Server 2010も2020年10月に延長となっていました。

https://techcommunity.microsoft.com/t5/Exchange-Team-Blog/Microsoft-Extending-End-of-Support-for-Exchange-Server-2010-to/ba-p/753591

f:id:mohessu:20190918004035p:plain

理由は定かではないのですが、Exchangeの場合、複数のバージョンを同居できるつくりとなっているため、この期日では数台残ってしまうというようなアラートが多数挙げられたのかもしれません。

この英語のアナウンスでは、OSのEOSが先に来るから気を付けるようにという内容も同時に記されています。

Exchange Server 2010はWindows Server 2008/R2と、Windows Server 2012/R2もサポートOSに名を連ねているため、OSのバージョンアップやESUの購入などで整合を取っておく必要がありますね。

OSなどの基盤のEOSタイミングでは、前後して導入時期が近いアプリもEOSを迎えているというケースは多々あります。(というか、Windowsなどマイクロソフトのサポートはかなり長いため、EOSを意識できずにサポートが切れていたという事象も多いのではないかと。)

利用しているアプリはどれなのかを意識し、マネージドな状況を作り上げることを意識しておきたいですね。

音楽:はとどけい

Windows7 ESUの適用方法などがアップデートされていました

2019年3月に展開したサイトにあるPDFファイルが2019年9月に更新されていました。

http://mitomoha.hatenablog.com/entry/2019/03/26/004509

更新されていたのはこのファイルですね。

https://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkid=2076687

更新された中で特に重要なのは以下のくだりでしょうか。

f:id:mohessu:20190917011922p:plain

適用の詳細は別途展開とありますが、ESU用のMAKキーをWindows7マシンに適用することで1年間の利用権がPCに付与され、このキーを基にWindows UpdateやWSUSがアップデートの有無を確認する仕組みになっているようです。

ボリューム ライセンス認証管理ツール (VAMT)が利用できるかどうかまでは記されていないのですが、台数が多い場合MAKキーの設定とアクティベーションを行うのは相当労力が必要なので、利用できるのではないかと思います。

この辺りは最悪力業となることを意識して、スケジュールを組んでおく必要があるかもしれませんね。

そのほか.NET対応範囲も記されていました。4.X系、および3.5SP1でセキュリティパッチ対応が行われるということですね。

f:id:mohessu:20190917014126p:plain

ちなみにこの資料、Windows7のみならずOffice365 ProPlusのサポート要件なども記されています。

前にWindows Server 2019ではProPlusをサポートしないといった話もあったと思うのですが、2025年(Windows Server 2016でのサポート期限)までサポートを続けるといったような内容も記されています。

f:id:mohessu:20190917014317p:plain

OS周り、Office周りを触られている方は一読しておくのがよさそうですね。

音楽:ポーチ

Windows10 Insider Preview Build 18980リリース

今週もWindows10のInsider Previewがリリースされました。
今回は名称にVBリリースというものが付いていました。
今まではRS(コードネームRedStone)だったのですが、すでにこの名称はなくなったのですよね。 

f:id:mohessu:20190912223731p:plain

公式にはこの名称が何なのか発表はされていないようですが、Vibraniumというもののようです。アメコミで使われている金属の名前だとか何とか、、

今回のバージョンではCortanaのアプリ分離が全員に配布されるようになったようです。

Sign inとあるので押下してみました。

f:id:mohessu:20190915194456p:plain

MSAのアカウントを紐づけるようなので、入力してみました。
コルタナはパーソナルデータにアクセスするってことが記されていますね。

f:id:mohessu:20190915200832p:plain

Acceptしてあげると利用できるようになるようです。
アクセス権は以下のような感じですね。

f:id:mohessu:20190915201006p:plain

実際に使ってみると何も表示されませんね。

f:id:mohessu:20190915201229p:plain

何度か表示しなおしていたところ、日本語はまだ対応していない旨が表示されました。

f:id:mohessu:20190915204425p:plain

Cortanaを利用している人は今回のInsider Previewは入れないほうが良いいかもしれませんね。

ほかに、アプリのオプション機能導入の画面が新しくなっていました。
設定アプリのモーダルウィンドウですね。
このウィンドウ、面白いことに右上に最小化ボタンがあります。

これを押下すると設定アプリ全体を最小化できるようです。
。。。と思ったのですが、これ、後ろの画面のボタンが表に出てきているようですね。

新しい画面なのでまだ調整中という感じですね。

f:id:mohessu:20190915200712p:plain

下の画面のサイズを小さくしていくと、同じサイズにすることもできるようです。

f:id:mohessu:20190915214011p:plain

そして、オプション機能のインストール履歴も出るようになっていました。
WordPadやPaintなどがオプション機能として扱われていますね。

f:id:mohessu:20190915200734p:plain

試しにあまり利用していないWordPadを削除してみたのですが、うまく削除ができました。が、再インストールができない!

f:id:mohessu:20190915214928p:plain

IEやPaintも試してみたかったのですが、これは危険ですね汗
動作が安定するのを待ってから試してみたいと思います。

音楽:アルテア侵攻

Intune iPadのポリシーの当たり方が変わるようです

Appleの新製品発表でiPadOSが発表されたことに伴い、iPad向けにIntuneでアクセス制限を行っている場合は設定変更が必要となる旨がマイクロソフト公式サイトでアナウンスされていました。

https://support.microsoft.com/en-us/help/4521038/action-required-update-conditional-access-policies-for-ipados

f:id:mohessu:20190914145843p:plain

記述を見ている限り、iPadOSはmacOSとして認識されるようで、それぞれに別の動作を促すようなケースで問題が出るという内容となっていますね。

確かに持ち運び度合いによるところとして、準拠デバイス、MFAの設定を変えているケースは往々にありそうな感じがします。

しかし、利用可能なOSの種類が変わるというのは事前想定するのは難しいですよね。
その割にかなり早い段階でアナウンスがなされてきているので、重要度の高い問題であるとマイクロソフト内でも抑えられているのでしょうね。

逆にサブスクリプションモデルだからこそ対応ができるというとらえ方もあるかと思います。
買い切り扱いではなくMicrosoft365がサービスとしての提供である本質を表しているように感じされますね。

音楽:Break out

Office365 ProplusでAIPをネイティブ対応することが決まったようです

Office365 Proplusを利用している方は多くいらっしゃると思いますが、その機能のうち、セキュリティに関するInformation Protectionを利用されている方も相応いらっしゃるのではないでしょうか。

昔はRMSという名前で呼ばれていましたが、様々なセキュリティ機能が取り込まれながら名称が変わっていったのですが、このInformation Protection、Officeアプリと密に関連するのにもかかわらず、利用するためにはクライアントアプリのインストールが必要となっていました。

https://docs.microsoft.com/en-us/office365/securitycompliance/sensitivity-labels

f:id:mohessu:20190913010906p:plain

上記にも記載のあるようにAzure Information Protection clientが必要となるので、利用までに少しハードルがあったのです。

それが2019年9月のOffice 月次更新(対象指定)において、ネイティブ対応する機能が追加されていくことになったようです。

https://docs.microsoft.com/en-us/office365/securitycompliance/sensitivity-labels

f:id:mohessu:20190913011017p:plain

また、以下を見るとWeb版でも利用できるように鋭意改定中となっています。

https://support.office.com/ja-jp/article/office-%e5%86%85%e3%81%ae%e6%96%87%e6%9b%b8%e3%82%84%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%81%ab%e6%a9%9f%e5%af%86%e3%83%a9%e3%83%99%e3%83%ab%e3%82%92%e9%81%a9%e7%94%a8%e3%81%99%e3%82%8b-2f96e7cd-d5a4-403b-8bd7-4cc636bae0f9?ui=ja-JP&rs=ja-JP&ad=JP

来年には全面的に利用可能となるようなので、Information Protectionはこれから利用が促進されていくかもしれませんね。

音楽:Space Lion