Office365 予定表の共有の挙動が変更となるようです。

2017年10月から徐々にExchange Onlineの予定表の共有機能が大きく変わっていくようです。

詳細は以下サイトに詳しく記載があります。

Calendar sharing in Office 365 - Office Support

大まかには、今までACLを設定するなどあまり詳しくない人には難しかった、予定表を他人に共有する方法がOutlookも含めて簡単になるとのこと。

OOTWでは共有ボタンを押してメールアドレスを入力し、共有を承認すると利用できるのですが、これがOutlookでも使えるようになると。

今のOutlookでも同様のものがありますが、メッセージが少し異なるので、同一化されるのではないかと思います。あと予定表のアクセス権ボタンは変わりそうですね。言葉からしてわかりにくいところなので。

【共有ボタン】

f:id:mohessu:20170924224141p:plain

 【メールアドレス入力】

f:id:mohessu:20170924224323p:plain

【予定の共有を承認】

f:id:mohessu:20170924224845p:plain

【Outlook2016の予定表の共有】

f:id:mohessu:20170924230417p:plain

【送りつける際のメッセージが若干異なります】

f:id:mohessu:20170924230500p:plain

【上記を送付した際の承諾依頼メール】

f:id:mohessu:20170924230736p:plain

それ以外に、予定表のデータの共有ロジックが変更となるようです。
外部との共有には今まではICSやOffice365内の共有でも、所有者の予定表に権限を与えるといった形で、実体は予定表の共有元にありました。
これが新しいロジックでは予定をコピーする動作に変更となり、予定作成時にサブスクライブする形になるとのこと。

残念ながらEWSは対応しないようなのですが、この機能が実現されると予定表共有時のセッション数肥大化や共有データの同期のためにポーリングを行うなどの作りが不要となるものと思われます。

内部構造がどのようになるかMAPIViwer試してみたのですが、新ロジックを採用しているユーザー(Tomoharu Misawa)が旧ロジックのユーザー(三沢友治)に共有した場合、予定表フォルダ内にデータが作成されることがわかりました。

【新ロジック→旧ロジックへの共有】

OOTWは旧ロジックユーザーMAPIViewerは新ロジックユーザーを表示。
よていAは新ロジックユーザーのMAPI上に表示されています。(データが格納されている様子がわかります。)

f:id:mohessu:20170925001511p:plain

【旧ロジック→新ロジックへの共有】

おなじく旧ロジックユーザへよていCを共有した場合は新ロジックのOOTWに表示されているが、MAPI上の旧ロジックユーザーには表示されず、リンクであろうことがわかります。

f:id:mohessu:20170925001114p:plain

この辺りかなり画期的ですよね。
新しいロジックを適用するには、OOTHを使って共有をかけるとよいとのこと。
昔の共有を上書きする形で適用されるようです。

音楽:Lion man

Windows 10 Build 16296リリース

どんどん新しいリリースが出ています。

Insider Preview Build 16296がリリースされました。
実はこの間にBuild 16294もリリースされています。
私、平日はPCをInsider Preview PCを持ち歩いており、電源接続せずにバッテリー節約機能オンで動かしていた関係上、週に何度か更新されると更新の受け取りができなかったりします。

今回のBuildでは、またウォーターマークが復活しました。
ただ、RS3のままなので、Fall Creators Update向けの内容でSkip aheadされたわけではないようです。

ウォーターマーク

f:id:mohessu:20170923211840p:plain

【Build 16296】

f:id:mohessu:20170923213222p:plain

基本的にはもう新しい機能の提供はないバグフィックスですが、今回は日本語関連の問題が修正されています。

内容はCabファイルに日本語が入っているものが標準機能(expand.exe)で解凍できないというもの。私の環境で試したところ、問題なく解凍できるようになっていました。
ただ、個人的にはZipのパスワード付き圧縮が行えなくなったWindows7以降は圧縮ソフトを別途そろえることがほぼ必須と思っているので影響は少ないんじゃないかと考えています。

Unicodeが標準になってからは日本語(多言語)に関しての問題は少なくなったのですが、まだ時折ありますよねぇ。発生は仕方のない面もあるので、こういった改修でどんどんなくなっていってくれることを望みたいところです。

音楽:天虎 ~ 虎の素

Windows 10 Build 16291リリース

Fall Creators Updateに向けどんどんバージョンアップしているWindows10 バージョン1709ですが、Insider Preview Build 16291がリリースされています。(という案内の最中にBuild16296がダウンロードされつつあるくらい頻繁にバージョンアップが走っています。)

【Build 16291】

f:id:mohessu:20170923131021p:plain

今回も中心はバグフィックスだったのですが、なんとこのタイミングで機能を追加したようです。

CortanaのモバイルアプリとPCの連動、といえばBuild 2017で発表された機能ですね。ただ、iOS版のCortanaを入れていますが、連動がどう実装されたのかわかりませんでした。おそらく連携ボタンなどが追加されたのかと思いますが、たどり着くにはそれなりに時間がかかりそうです。

着々と10月のリリースに向けて準備ができているWindows10。早くリリース版を触ってみたいですね。

音楽:The Man in the Desert

Office365 Microsoft Teamsの監査ログの範囲が増えました。

Teamsができた当初はチームの作成くらいしか監査ログがなかった気がするのですが、Microsoft Teamsのアクティビティの種類が増えておりました。

f:id:mohessu:20170922015355p:plain

現在は以下種類のアクティビティを記録してくれるようです。

チームの作成
チームの削除
チャネルの追加
チャネルの削除
組織の設定の変更
チームの設定の変更
チャネルの設定の変更
設定の変更(レガシ)
Teamsへのユーザーのサインイン
チームへのボットの追加
チームからのボットの削除
タブの追加
タブの削除
コネクタの追加
コネクタの削除

設定系が主に項目として挙がっています。
逆に、コンテンツを検索したい場合は電子情報開示からケースを作り、Teamsのメールボックスとチームサイトを選択して検索する形となります。

【電子情報開示の設定画面】

f:id:mohessu:20170922021845p:plain

コンテンツの検索はコストの高いアクションとなるため、バッチ処理となっています。
監査系の操作は慣れないと難しいと思いますが、管理していく上では避けて通れないため、このタイミングで覚えておくとよいかも知れません。

音楽:MYUNG Theme

Office365 iOS11のメールアプリ利用にはご注意

2017年9月20日にiPhoneX、8の発売に先駆けてiOS11がリリースされましたが、一部の環境でOffice365やExchangeへログインできない状況が起きているようです。

https://support.microsoft.com/en-us/help/4043473/you-can-t-send-or-reply-from-outlook-com-office-365-or-exchange-2016-i

上記アナウンスを見ると、iOSに付属されているメールアプリを利用している場合に送信ができなかったり返信ができないなどの問題が発生しているとのこと。

この内容ではさらに突っ込んでおり、HTTP/2の問題である旨が記載されていました。
HTTP/2では暗号化の方式が古いと通信遮断するケースがあり、それに該当する通信となってしまったのではないかと推測しております。

オンプレExchangeではHTTP/2を切るとうまく接続できるようなので。

Office365では、暗号化方式を変更することはできないため、残念ながら回避するすべはありません。Outlook for iOSを利用することでメールは見ることができるため、それかOOTWを利用しておきましょう。

やはりどんなアプリでもそうですが、出来立てはいろいろ起こりますねぇ。

音楽:Cantabile

 

Office365 Outlookの添付返信をgmailに送付する際はご注意を

Outlookの機能に、送付されてきたメールを添付して転送するというものがあります。

【添付ファイルとして転送機能】

f:id:mohessu:20170920015300p:plain

この機能ですが、Office365間でやり取りするにはとても便利なのですが、gmailへ送付する際は注意を要します。

通常メールを受信すると、添付したメールはもとのメールタイトルを有したmsgファイルとなります。

【Exchange Onlineへの転送】

f:id:mohessu:20170920021713p:plain

【添付ファイル:Exchange Online】

f:id:mohessu:20170920022511p:plain

【その際のヘッダー:Exchange Online】

Received: from ty1pr01mb0826:444 by TY1PR01MB0826.jpnprd01.prod.outlook.comReceived: from ty1pr01mb0826:444 by TY1PR01MB0826.jpnprd01.prod.outlook.com with HTTP; Tue, 19 Sep 2017 16:40:54 +0000Received: from TY1PR01MB0826.jpnprd01.prod.outlook.com ([10.167.159.17]) by TY1PR01MB0826.jpnprd01.prod.outlook.com ([10.167.159.17]) with mapi id 15.20.0056.016; Tue, 19 Sep 2017 16:40:54 +0000Content-Type: application/ms-tnef; name="winmail.dat"Content-Transfer-Encoding: binaryFrom: Tomoharu Misawa <mitomoha@>To: Tomoharu Misawa <mitomoha@>Subject: testThread-Topic: testThread-Index: AQHTMWX/+OHFX3uDGk6+emzw0eWMqQ==Date: Tue, 19 Sep 2017 16:40:54 +0000Message-ID: <TY1PR01MB08262F1980173B6991481DFD90600@TY1PR01MB0826.jpnprd01.prod.outlook.com>Accept-Language: ja-JP, en-USContent-Language: ja-JPX-MS-Has-Attach:X-MS-Exchange-Organization-SCL: -1X-MS-TNEF-Correlator: <TY1PR01MB08262F1980173B6991481DFD90600@TY1PR01MB0826.jpnprd01.prod.outlook.com>MIME-Version: 1.0X-MS-Exchange-Organization-MessageDirectionality: OriginatingX-MS-Exchange-Organization-AuthSource: TY1PR01MB0826.jpnprd01.prod.outlook.comX-MS-Exchange-Organization-AuthAs: InternalX-MS-Exchange-Organization-AuthMechanism: 04X-Originating-IP: [133.218.41.23]X-MS-Exchange-Organization-Network-Message-Id: a95498a7-b62e-4e16-bff4-08d4ff7d321cX-MS-PublicTrafficType: EmailX-Microsoft-Exchange-Diagnostics: 1;TY1PR01MB0826;35:y4t+lX3cqMuUMZDlpwnTqB7JM35m2QRB1DF0ETAN0zmOZ3n9IaIyY4RbqlgmDZ2k/Vh4mDkJL8K4JSW0wxygzw==X-MS-Exchange-Antispam-SRFA-Diagnostics: SSOS;SSOR;X-MS-Exchange-Organization-Antispam-Report: SFV:SKI;SCL:-1;X-Forefront-Antispam-Report: SFV:SKI;SCL:-1;Return-Path: mitomoha@X-MS-Exchange-Transport-EndToEndLatency: 00:00:00.2500198X-MS-Exchange-Processed-By-BccFoldering: 15.20.0056.000X-Microsoft-Exchange-Diagnostics: 1;TY1PR01MB0826;9:gcsxMCwaWuLYzSfJcw3R+M3CVL0ob7yL6K7mxtEGp81DziVV0v11xpyqDYdZ0Rni8apW6YJuZYqoaO9TTNFJnDmaYxrjNoaI022TO2eqZ5BRlc+mvWU7wD8b7RoOR7boX-Microsoft-Exchange-Diagnostics: 1;TY1PR01MB0826;27:Sd43xUB7Lo6E39yP8vRH6BxxdWDdHKMh7ZxOa+W9plI/+j+DxiKLPmdmh4unSkUXZmHfGQ2yYlTNY6CuSW/VoRz2B9BJXHZBTrhU853kUR2pXBjsvTVDjPJnBGzOYtSE

 

同じ手順でgmailへ転送すると、何とgmail側ではnoname.emlというemlファイルとなって展開されます。

gmailへの転送】

f:id:mohessu:20170920022035p:plain

このemlファイルはOutlookで開くことができます。

【添付ファイル:gmail

f:id:mohessu:20170920022633p:plain

【その際のヘッダー:gmail

Received: from ty1pr01mb0826:444 by TY1PR01MB0826.jpnprd01.prod.outlook.comReceived: from ty1pr01mb0826:444 by TY1PR01MB0826.jpnprd01.prod.outlook.com with HTTP; Tue, 19 Sep 2017 16:40:54 +0000Received: from TY1PR01MB0826.jpnprd01.prod.outlook.com ([10.167.159.17]) by TY1PR01MB0826.jpnprd01.prod.outlook.com ([10.167.159.17]) with mapi id 15.20.0056.016; Tue, 19 Sep 2017 16:40:54 +0000From: Tomoharu Misawa <mitomoha@>To: Tomoharu Misawa <mitomoha@>Subject: testThread-Topic: testThread-Index: AQHTMWX/+OHFX3uDGk6+emzw0eWMqQ==Date: Tue, 19 Sep 2017 16:40:54 +0000Message-ID: <TY1PR01MB08262F1980173B6991481DFD90600@TY1PR01MB0826.jpnprd01.prod.outlook.com>Accept-Language: ja-JP, en-USContent-Language: ja-JPX-MS-Exchange-Organization-AuthAs: InternalX-MS-Exchange-Organization-AuthMechanism: 04X-MS-Exchange-Organization-AuthSource: TY1PR01MB0826.jpnprd01.prod.outlook.comX-MS-Has-Attach:X-MS-Exchange-Organization-Network-Message-Id: a95498a7-b62e-4e16-bff4-08d4ff7d321cX-MS-Exchange-Organization-SCL: -1X-MS-TNEF-Correlator:X-MS-Exchange-Organization-RecordReviewCfmType: 0x-ms-exchange-organization-originalclientipaddress: 133.218.41.23x-ms-exchange-organization-originalserveripaddress: 25.167.143.173x-ms-publictraffictype: EmailX-Microsoft-Exchange-Diagnostics: 1;TY1PR01MB0826;27:Sd43xUB7Lo6E39yP8vRH6BxxdWDdHKMh7ZxOa+W9plI/+j+DxiKLPmdmh4unSkUXZmHfGQ2yYlTNY6CuSW/VoRz2B9BJXHZBTrhU853kUR2pXBjsvTVDjPJnBGzOYtSEContent-Type: multipart/alternative; boundary="_000_TY1PR01MB08262F1980173B6991481DFD90600TY1PR01MB0826jpnp_"MIME-Version: 1.0

 

画面上、送信者がSMTPで解決されているかExchangeとして解決されているかから異なりますが、展開したヘッダー情報も大きく異なっていました。多くはExchange のDiagnostics情報のようですが。

技術的には枯れていそうなメールですが、こういったところで差が出てきてしまうのですね。相互運用は難しいものだと感じますね。

音楽:Fly up in the air

Office365 Office365 Groupの受信トレイ購読について

Office 365グループですが、メールを受信トレイで購読することができます。

この機能ですが、10月よりユーザー側で設定を変更しOffice365グループの内容を購読していくか否かを設定できるようになるようです。

【購読設定解除するとき】

f:id:mohessu:20170918200901p:plain

【購読設定をするとき】

f:id:mohessu:20170918202020p:plain

多数のグループに参加している状況で、自分に関連しないものをメールとして受け取らないようにできる。ということなのでしょう。

実際メールも1件1件を開くだけでも時間が惜しいということは多々ありますからね。
こういった選別ができる機能はとても利用価値が高いのではないでしょうか。

Office365グループはメールだけではなく、情報共有全般で価値を発揮してくれます。
Teamsなどまだ手を付けていない人も多いと思いますが、一度触ってみることをお勧めします!

音楽:サイバーバード