Windows10 1809が配信再開となっています

Windows10 1809のリリースからはや1.5か月。
ようやく1809の配信が再開されました。

今回の配信再開にあたって、OS Buildは17763.134となっています。

再開まで1か月以上たってしまったせいか、配布開始日が更新され、11/13にリリースしたことになったようです。
Enterpriseはここから30か月のサポートということとなりますね。

f:id:mohessu:20181116015308p:plain

この更新まで、計4回リリースされており、問題点はもうないはず!
といいたかったのかもしれませんが、すでに14日付で既知の問題が3件ほど発見されています。
AMDRadeon HD2000およびHD4000が搭載されたPC、トレンドマイクロのウィルススキャナーが入っている場合はまた1809は配信されてこない模様です。

https://support.microsoft.com/en-us/help/4464619/windows-10-update-history

そのほか、ネットワークドライブのマウントにも一部問題があるようで、ログイン時に再接続が行われないという状況の模様。こちらは改修されるまでは手動での再接続で回避してもらいたいようです。

時間は経ってしまいましたが、ここからが1809のスタートとなります。
30か月のサポート恩恵を受け、Windows7からの切り替えまである程度時間をかけられるこのタイミングはWindows10への切り替えを始める良い機会かと思います。
またWindows7を利用している場合はぜひぜひこのバージョンで乗り換えを検討していかれてはいかがでしょうか!?

音楽:Love

Office365 Microsoft Teamsでアドレス帳スコープの機能が利用できるようになりました

Microsoft Teamsではいままでユーザーに対するアドレス帳という考え方がなかったのですが、ここ数か月でExchangeのアドレス帳と統合していく機能が盛り込まれるようです。

Use Microsoft Teams scoped directory search | Microsoft Docs

簡単に言うと、一部入力で一覧表示されるユーザーを部門ごとなどに絞る機能という形でしょうか。

そもそもアドレス帳という概念が薄いTeamsなので、UIが変わっていかないとあまり利点は無いかもしれませんが、上部でユーザーを入力する際の出方について動きが変わるということになるかと思います。

f:id:mohessu:20181115012728p:plain

設定はMicrosoft Teams & Skype for Business管理センターより設定 - 検索からABPを利用した範囲ディレクトリ検索をオンにするだけです。

f:id:mohessu:20181115011219p:plain

Exchange アドレス帳ポリシーはメールボックスに対してSet-Mailboxコマンドで設定していくものとなります。
そのためおそらくですがExchangeのライセンスを有効化して初めて利用できる機能となっているのかと思われます。
また、あくまで選択補助の機能となるため、やり取りできるユーザーを制限するものではないので注意が必要です。

メールアドレスを全量入れて問いかける場合などでは効果を発揮しないということですね。

出てきたばかりのため、評価はこれからとなると思いますが、一つ二つでも使いやすいものが出てきてくれるとありたいですね。

音楽:Medicine Eater

Office365 SharePoint Onlineの検索結果の表示方法が変更となるようです

Office 365やSharePointを利用している中で、この製品群を利用している意義を尋ねられたら真っ先に上がってくるであろう検索機能ですが、2018年11月26日よりSharePointの検索結果と、非公開のOneDriveの検索結果を分けて表示するようになるようです。

https://support.microsoft.com/en-us/help/4469277/sharepoint-online-search-will-not-return-private-onedrive-results

単純にSharePointの検索結果を見ているだけであれば、以下のようなOneDriveとSharePointの結果が同時に記される画面構成から、2箇所に分断表示される形に変更となり、OneDriveの検索結果とわかりやすくなるのですが、同時にAPIにも変更が加わるということのようです。

【OneDriveとSharePointが一緒くたに検索表示されています】

f:id:mohessu:20181031020340p:plain

APIの場合、検索結果を基に整形処理が入ると思うのですが、この整形処理を欲しい結果に応じて変更する必要があるようです。

先のサイトの内容を見ると、「search/query」APIに渡すパラメータに「Properties='ContentSetting:3'」を加えることでSecondaryQueryResultsタグにOneDriveの結果が返るようになるとのこと。

残念ながらContentSettingの値を3以外にするとどうなるのかはまだ開示されていないように見受けられました。

既定では非公開のファイルのみ表示対象外になるということなのですが、公開されているOneDrive上のファイルの見え方などもう少し深堀したい点が見え隠れしています。

この点は早期にどういった結果になるのか、確認してみたいところですね。

音楽:SF GAME CENTER

Office365 SharePoint Onlineでハブサイトを作成してみました

2017年の秋ごろに発表されたSharePointハブサイトですが、実際使ってみようと作成画面に出てくるのを待っていたのですが、一向に出てこなくてキャンセルデモされたかな?と思っていたら、実はPowerShellで作成が行えるようです。

というわけで、さっそく作成してみました。

どうもハブサイトは、通常のコミュニケーションサイト、チームサイトをハブサイトとして返還するという流れで作成することとなるようです。

まずは通常のサイトを用意します。

f:id:mohessu:20181113012508p:plain

このサイトにPowerShellからハブサイトとして登録するコマンドを発行します。

簡単にコマンドを紹介すると、以下のような形となります。

SharePoint管理シェルがインストールされていない場合は以下コマンドでインストールしておきましょう。

Install-Module -Name Microsoft.Online.SharePoint.PowerShell

で、こちらが実行コマンドです。
HubサイトURL、追加サイトURLはそれぞれのサイトのURL(/sites/の後の文字)を記しておきましょう。

$orgName="テナント名"
$hubsiteName="HubサイトURL"
$addsiteName="追加サイトURL"
$siteHost="https://$orgName.sharepoint.com/sites/"

Connect-SPOService -Url https://$orgName-admin.sharepoint.com

Register-SPOHubSite $siteHost$hubsiteName

上記コマンドを打ち込むと、以下のようにサイトの上部に自分のサイト名が。
ナビゲーションができるようですね。

f:id:mohessu:20181113015423p:plain

追加サイトのURLを設定したうえで、以下コマンドを実行すると別のサイトにもこのナビゲーションを追加することが可能となります。
Add-SPOHubSiteAssociation -Site $siteHost$addsiteName -HubSite $siteHost$hubsiteName

こんな形ですね。

f:id:mohessu:20181113015452p:plain

 

追加サイトを削除したいときは以下のコマンドでハブサイトから脱退されます。

Remove-SPOHubSiteAssociation -Site $siteHost$addsiteName

ハブサイト自体をやめたい場合は以下コマンドですね。

Unregister-SPOHubSite $siteHost$hubsiteName

ちなみにハブサイトをやめても追加サイトは残ったままとなるので注意が必要です。

ハブサイトは最大で100件まで作成が可能なようです。
大規模に構築している場合は数が足りなくなる可能性もありますね。
ハブ化してできることの全容は正直まだ見えないので、もうちょっと調査をしてみたいと思います!

音楽:PERFECT ROUGE

Windows10 Insider Preview Build 18277リリース

19H1のInsider Previewがリリースされてから早数か月。
PCを変更しインストールをしてみました。

f:id:mohessu:20181111192534p:plain

アクションセンターの下部に、輝度調整用のスライダーが用意されるようになりました。
確かにノートPCなどでは輝度を落として利用してると反射光で何も見えなくなることがあるため、この手の改善は大変助かりますね。
ただ、私の環境では輝度調整がそもそもできなくなってしまいました汗

f:id:mohessu:20181111192458p:plain

さらにアクションセンターですが、編集を行えるように。

f:id:mohessu:20181111203809p:plain

編集を始めると以下のような形でボタンを削除したり追加したりできるように。
追加可能な項目は決まているため、カスタマイズで簡単に追加できるようになると使い道が増えそうですね!

f:id:mohessu:20181111204240p:plain

また、集中モードが全画面表示に対応しています。
これでExcelなどで集中したいときには最大化するだけで集中モードの設定をしなくてもよくなったということですね。

f:id:mohessu:20181111200124p:plain

ストレージも一部更新されていますね。
利用されている量が多いものから順にカテゴライズされて表示されます。
これだと消してよいファイルがわかりやすくてよいですね。

f:id:mohessu:20181111213854p:plain

さらにアレクサ on Cortanaがオープンしたという話が!
早速「アレクサ」と問いかけてみましたが、残念ながら今はまだ利用できないようです。またチェックしてね。とのこと笑

f:id:mohessu:20181111211515p:plain

ちゃんと笑いを取ってくれるのが良いですね。

さらに、IMEが進化し、設定ファイルに移管されてきました。
入り方はわからなかったのですが、設定アプリ上の検索でIMEと入力すると「日本語IMEの設定」というものが出てきます。

f:id:mohessu:20181111221842p:plain

様々な設定がこちらに移管されていますね。

f:id:mohessu:20181111222904p:plain

一度表示すると、IMEを右クリックした際のメニューが新しいものに切り替わりました。(ツールバーの項目がありますが、これは動作しなくなるようですね。)

f:id:mohessu:20181111231701p:plain

パッと見たところりんなは初期状態ではオフとなっているようです。

f:id:mohessu:20181111231112p:plain

また、この状態旧画面は表示できなくなります。IMEの設定-全般から、以前のバージョンのMicrosoft IMEをオンにすることで旧来のUIに戻すことも可能です。

f:id:mohessu:20181111232354p:plain

そのほかにも、WDAGの設定やスケーリングの動作変更、IMEの変換動作変更なども行われており、盛りだくさんな内容となっています。
この感じだと19H1は大きな機能追加よりも改善に力を入れているのかもしれませんね。
エンタープライズ層としては秋の方を改善版としてもらえるとありがたいのですが笑

音楽:Skimsky

Windows10 Insider Preview Build 18272をISOからインストールしてみました

WIndows10 の1903向けInsider Preview ISOが出たので、ISOからのインストールであれば。とおもい、インストールを走らせてみました。
ISOファイルは今のWindowsであればダブルクリックでディスクとして認識してくれるので簡単でいいですね。
早速setup.exeを起動していきましょう。

f:id:mohessu:20181105003718p:plain

起動するとWindowsのスプラッシュが。

うん、かっこいいですね。このフォント、好きです。

f:id:mohessu:20181105003750p:plain

まずは初期設定。
更新プログラムをインストール前にダウンロードするか。というところですね。
この機能がなかったときは、インストール時はインターネットから遮断しましょう。という言葉が合言葉でしたが、今となってはそこまで気にしなくてもよくなっており、時代の流れを感じますね。

f:id:mohessu:20181105004411p:plain

ちなみにダウンロードを行うと、データのダウンロードが始まるので時間がかかります。

f:id:mohessu:20181105004903p:plain

続いてライセンス条項の確認です。
この条項はInsider Previewのものと取らえるのでしょうか。それともインストール元のOSととらえるのかはちょっと難しいところに感じます。前者だと思うのですが、VL契約書に従う。。。

f:id:mohessu:20181105004852p:plain

続いてインストール後に引き継ぐ内容の確認です。
個人用ファイルを残せるのが良いですね。

f:id:mohessu:20181105005841p:plain

これでインストールが開始できます。
キャンセルボタンが最初は出ていますが、ここだけちょっとUIが合わない、、、笑 

f:id:mohessu:20181105011435p:plain

結果、インストール失敗でした。

ただし、今回は以下のエラー番号を得ることができました。

【0xC1900101-0x30018】

f:id:mohessu:20181105073128p:plain

ドライバー関連ということだったので、次はいろいろ削除してから試してみる必要がありそうです。

音楽:Gift

Office365 TeamsとSkype for Businessのルーティング設定について

メッセージセンターにTeamsとSkype for Businessのプレゼンスルーティングが一本化されるというメッセージが出ていました。

そこでは、Teams Onlyの場合プレゼンスはTeamsからの提供、Skype for Business Onlyの場合プレゼンスはSfBからの提供、アイランドの場合それぞれ独立して提供と記載されておりました。

この時点まではTeams OnlyなどがあるTeamsアップグレードの意味がいまいちピンときていなかったのですが、ようやく意味が理解できるようになりました。

【うまく理解ができていなかったTeams アップグレード】

f:id:mohessu:20181110013900p:plain

それは、以下サイトの図を見てようやく理解が及んだのですが、アイランドモードの時はSfBとTeamsで相互にやり取りしてくれるわけではない。ということだったのです。

Update! Presence now respects a user's coexistence mode - Microsoft Tech Community - 280190

f:id:mohessu:20181110015315p:plain

上記図はかなりわかりやすいですね。
SfB With~となっているモードはまだ実装されていないようなのですが、一部の機能のみSfBを使い続けるといったものとなっているようです。

これを見る限り、SkypeとTeamsの両方が混在している組織においては、~Onlyを設定しておかないと両方のクライアントを立ち上げておかないと連絡に支障が出ることとなります。

ユーザーごとに設定が可能となっているため、本機能をうまく利用することで使い勝手の良い状態を作り出すことができそうです。
初期はレガシー(2018年11月15日で本ポリシーはなくなります)、アイランドとなっているはずなので、この機会にOnlyモードへの切り替えを検討してみてはいかがでしょうか。

音楽:ZERO ゼロ