OneDrive for Business

Microsoft 365 OneDrive 同期アプリが Windows 2008 R2 のサポートを終えることになったようです

OneDrive 同期アプリですが 2020 年 1 月に EOS となった Windows 2008 R2 向けのサポートは今だ継続していました。 しかしながら、 2021 年 8 月 20 日をもってサポートを終了するというアナウンスがなされた様です。 https://support.microsoft.com/ja-jp/…

Microsoft 365 OneDrive for Business でショートカットの追加が利用できるようになっていました

OneDrive for Business の共有メニュー内でアイテムを選択すると、自分のファイルへショートカットを追加できるようになりました。 2020 年 10 月頃に紹介した OneDrive for Business と SharePoint をショートカットで結ぶ機能の姉妹的な機能ですね。 Micro…

Microsoft 365 SharePoint の動画再生機能が刷新されていました

SharePoint Online には様々なファイルをプレビューするためのビューワーが提供されていますが、その中の一つである動画再生ビューワーが新しいインターフェースとなっていました。 そのインターフェースは以下です。今までとの大きな違いは、下段中央に再生…

Microsoft 365 OneDrive for Business の同期で PST ファイルのバージョン保持数が変更されるようです

今週も残念ながら Windows 10 の Insider Build リリースは行われませんでした。これは今後数週間続くようで、 Dev Channel では差分更新(= QU )のテストに注力していくようです。 6 月 25 日の Next Windows 発表に合わせて新しい機能を発表するなどの流…

Microsoft 365 OneDrive for Business と Lists が PWA の対象となるようです

Windows 10 の標準ブラウザーが Chromium 版 Edge となってから、 PWA アプリに接する機会が多くなっている気がしますが、 OneDrive for Business と Lists がそろって PWA 化されることが決まったようです。 PWA とは Progressive Web Apps の略で、 Web ペ…

Microsoft 365 SharePoint で Internet Explorer 11 を利用している場合に考慮しておくことが公開されていました

2021 年 8 月 17 日より Internet Explorer 11 を利用した Microsoft 365 アクセスのサポートが終了となりますが、あと数か月というところで SharePoint 関連で代替を検討すべき事項が展開されました。 https://docs.microsoft.com/ja-jp/sharepoint/prepare…

Microsoft 365 OneDrive アプリに 64 bit バージョンがリリースされるようです

メッセージセンターに Windows 版の OneDrive アプリの 64 bit 化が案内されていました。 この 64 bit 版は 4 月末頃から全体に配布されてくるようです。 機能は変わらないということなのですが、 64 bit となることで利用可能なメモリが増えるため、速度改…

Microsoft 365 SharePoint をコマンドプロンプトに接続してみよう

Office 365 シリーズは基本様々な環境で利用できるように、 Web ベースのシステムとして提供されています。 そのため、通常は Edge や IE といったブラウザーからアクセスする形となり、 OS を意識するケースはほとんどありません。 しかし、 SharePoint に…

Microsoft 365 OneDrive for Business での 250GB アップロードがアナウンスされました

2020 年に100GB までアップロードができるようになったばかりの OneDrive for Business ですが、なんと 2021 年第一四半期までに 250GB までアップロードが可能となるようです。 https://techcommunity.microsoft.com/t5/microsoft-onedrive-blog/gain-more-…

Microsoft 365 Apps 読み取り専用で開く機能を有効活用しましょう

この 1 年、リモートワークを行えるようにした組織が一気に増え、それに伴って組織内のファイルサーバーの利用をやめて SharePoint や OneDrive for Business を利用した情報共有基盤を準備するケースが増えてきました。 その時に今までのファイルサーバーと…

Microsoft 365 旧来からの Stream が EOS となっていくようです

Teams のレコーディングが SharePoint と OneDrive for Business に移り変わることになったのですが、その理由として挙げられるのが Stream の EOS の件かもしれません。Stream では、旧来のものを Classic と称しそちらを EOS として、新しい Stream に移行…

Microsoft 365 Teams のレコーディング保存先が SharePoint と OneDrive for Business に変わります

Teams のレコーディングは今まで Stream に保存されていましたが、 2020 年 10 月 5 日以降、 SharePoint と OneDrive for Business に保存されるように変更が入りつつあります。 細かなスケジュールは以下の docs を確認してみてください。 https://docs.mi…

Microsoft 365 Lists がデスクトップにも表示されるようになりました

Microsoft Teams の付属アプリとしてリリースが先行していた Lists ですが、デスクトップ( Web )の Office 365 にも表示されるようになりました。 アドレスは以下の形になっています。 https://テナント名-my.sharepoint.com/personal/ユーザー情報/_layou…

Microsoft 365 Word ファイルを共有した際にサマリー情報が表示されるようになります

Ignite で少しだけアナウンスされていた at a glance という機能が早期検証向けテナントへ配布され始めました。 https://techcommunity.microsoft.com/t5/microsoft-onedrive-blog/celebrating-the-top-onedrive-moments-from-microsoft-ignite-2020/ba-p/16…

Microsoft 365 Teams の会議レコーディングを SharePoint に保存できるようになるようです

Microsoft Teams では会議をボタン一つでレコーディングする機能が登載されており、そのデータは Stream の領域に保存されていました。( Stream 契約がない場合は Azure Media Services に 21日 間保持されることになっています。) https://docs.microsoft…

OneDrive アプリのチャネルについて

Windows 10 や Microsoft 365 Apps は更新のタイミングをユーザー側で選ぶことができる更新チャネルの機能が備わっています。 この更新チャネルと同様の考え方は兄弟製品ともいえる OneDrive アプリでも提供されているのをご存知でしょうか。 チャネルは Ins…

Microsoft 365 日本独自プランとなるリモートワーク スターター プランが発表されました

日本独自の Microsoft 365 プランが新たに誕生しました。その名も リモートワーク スターター プランです。 今まで Microsoft 365 では日本独自に Microsoft 365 Personal という商用利用可能なプランが用意されていましたが、その第 2 弾というところでしょ…

Microsoft 365 OneDrive for Business の制約事項が更新されていました

7 月 1 日以降、OneDrive と OneDrive for Business でアップロードサイズに差がなくなったという話が持ち上がっていますが、資料も変更されたのかな?と思い確認してみたところ、ほかにもいくつか更新されていたのでお伝えします。 https://support.microso…

OneDrive 記憶域メトリクスを確認したとこはありますか?

OneDrive for Business は 1TB ものデータを格納することができます。それだけ量がおけるため、データのメンテナンスはおざなりになりがちです。おざなりにしていてもそう簡単に枯渇させることは無いのですが、そうはいってもデータがどこにどれだけあるのか…

OneDrive 差分同期がすべてのファイルタイプに適用されるようになるようです

OneDrive は大きなファイルをアップロードできることが売りとなっていますが、ファイルが大きいと、更新した後のアップロード処理が気になるところです。 そんな状況を改善することになるであろう機能がリリース中となってます。 https://www.microsoft.com/…

Office 365 OneDrive for Business / SharePoint ファイルのアップロード最大サイズが大きく増えるようです

OneDrive ではファイルのアップロードサイズが 100GB になっていたのですが、 OneDrive for Business では、15GB で止まっていました。 これが、コンシューマ版の OneDrive と同様に、 2020 年前半に 100GB までのアップロードに対応するようになるというこ…

Office365 OneDrive for Businessでファイルの依頼を行えるようになるようです

Igniteが閉幕し、今週は少し情報が落ちつくかと思っていたのですが、いきなり面白い機能の提供が目に留まりました。 OneDrive for Businessに、ファイルを要求するための機能が追加されるようです。 詳細は以下にあり、2019年12月までに順次展開というスケジ…

Windows10 OneDrive同期機能がリダイレクトされたデスクトップなどをサポートするようになったようです

Windows10 1809ではリリース直後にファイルが消えてしまうというバグがあり、リリースが延期になったことは記憶に新しいところかと思います。あの時の問題は、リダイレクトされたフォルダがあった場合に空のフォルダと差し替えてしまうことで発生していたの…

Office365 Office365 Proplusの保存機能の更新が全体に適用されるようです

2019年1月頃より月次更新にリリースされていた、Office365 Proplusでの保存先がOneDriveに変更となり、UIが新しくなるという機能ですが、ようやく全体に向けてのリリースに舵が切られるようです。 イメージは以下を見てもらうとわかりやすいでしょうか。 今…

Office365 OneDriveクライアントでのデータ削除に確認メッセージが表示されるようになります

OneDriveを利用したWindows10のデータ連携がオンデマンドとなってはや5か月。OneDriveクライアントの機能更新はまだまだ続いていきます。 この2月からOneDriveへの同期対象としているファイルを、200ファイル以上を同時に削除しようとした場合アラートが表示…

Office365 SharePoint / OneDriveを利用している際のUPN変更影響が公開されていました

タイトルが非常にわかりにくく申し訳ないのですが、Office365では、UPNというものでユーザーを識別します。このUPNなのですが、一意であることを保証する識別子であるにもかかわらず、変更することができる値となっています。 この相反する特性があるUPNです…

Office365 今度はOneDrive 同期アプリでMac OS Xのサポートを終えるようです

StaffHubに続き終わる系の話ですが、今度はOneDrive同期アプリでMac OS Xのサポートを終了するようです。 Mac OS XはWindows10と同じような、同一名称でのバージョンアップを始めた先駆け的な存在でした。現在は名称が変わってMac OSという形になったため、M…

Office365 OneDrive for Businessからコンテンツタイプの配布機能がオプション扱いとなるようです

SharePoint サイトがモダン化された際に、サイトのカスタマイズ方針など多くの機能が取捨選択されていったのですが、その中の一つにコンテンツタイプという考え方があります。 コンテンツタイプの機能では複数の列のセットをまとめて保持することができるよ…