読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Office2013とOffice2016(内の別プロダクト)の共存ができるようになりました。

Office2013が入っているPCにOffice2016をインストールしようとすると、Office2013 プロダクトを削除するように忠告されていました。(クイック実行形式でのインストールの場合)

Office 2016 購入に関するご注意

この10月の更新で、とうとうこの制約から解放されるようになったようです。

Office 2016 購入に関するご案内 - Microsoft Office 2016

なお、わかりずらい感じではあるのですが、

Excel 2013が入ったPCにPowerPoint 2016を入れようとしていた場合などが対象の事象となっており、Excel 2013とExcel 2016が共存できるというわけではないのでご注意ください。

とはいえ、今までインストールを重ねてきた印象では、インストールできてもMicrosoft Update後に毎度のようにインストール修正が走るなど、業務に影響があるレベルで安定化度までに時間がかかることも多いため、セキュリティ問題の解消や生産性の向上なども考慮して最新版を入れていくことをお勧めしておきます。

音楽:ペンギン修理人