読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Windows Server 2016 WSUSのインストール

Windows Server 2016にもWSUSの機能(Windows Updateのプロキシ)は健在です。

インストール方法は今までの方法と特に変わっていませんでした。

役割と機能の追加ウィザードからWindows Server Update Servicesを選択します。

f:id:mohessu:20161024012609p:plain

IISなど、必要な機能が追加されます。

f:id:mohessu:20161024012653p:plain

f:id:mohessu:20161024012724p:plain

f:id:mohessu:20161024012742p:plain

機能を追加したら次へ。

f:id:mohessu:20161024012804p:plain

機能は、先ほど追加したものが選択されています。

f:id:mohessu:20161024012912p:plain

WSUSの設定です。

f:id:mohessu:20161024012949p:plain

WID(Windows Internal Database)もしくはSQLServer導入のどちらかから選ぶことができます。

f:id:mohessu:20161024013014p:plain

コンテンツの場所を選択します。要はキャッシュですね。

f:id:mohessu:20161024013111p:plain

機能として必要となったIISの設定です。

ここまで気が付かなかったのですが、IISもバージョンが10になったのですねぇ、、、

f:id:mohessu:20161024013143p:plain

IISの役割サービスは追加されているもので大丈夫です。

f:id:mohessu:20161024013229p:plain

f:id:mohessu:20161024013323p:plain

f:id:mohessu:20161024013336p:plain

これでインストール開始となります。

f:id:mohessu:20161024013352p:plain

10分程度でインストールは完了です。

f:id:mohessu:20161024013405p:plain

音楽:Success Road