読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Office365 Outlookの連絡先が自動的に変更される場合

Exchange Office365 Office

先日、Outlookの連絡先が自動的に書き換わり、さらに変わった点がメモ欄に記述される。という、不思議なことが起きたので紹介します。

事象は記載の通りなのですが、なんでこんなことが起こるのかいろいろ調べていると、直接の表記ではないもののTechnetに不思議な記述を見つけました。

Outlook 2010 のグローバル アドレス一覧の同期を無効にする

[メモ] フィールドから前の値を取得するには複雑なデータ検証が必要です。大企業の場合、このソリューションは簡単には実現できません。

要するにメモフィールドに前の値が書き込まれるということが書いてあります。
読み解くと、どうもGAL Syncという機能で、GALの情報とローカルの連絡先をチェックし、SMTPアドレスが一致するとGALの内容で連絡先を書き換え、書き換えた内容をメモフィールドにメモするという何とも不思議な機能でした。

最初に記載した事象はこの状態が発現したという状況だったようです。
この機能、リンクの通り無効化することができます。

レジストリの変更で書き換えるのが手っ取り早そうでしたので、値を紹介しておきます。

【Outlook2010】

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\Outlook\SocialConnector
DWORD: ScheduleContactGALSync

【Outlook2013】

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\Outlook\SocialConnector
DWORD: RunAutomaticGALSync

0 = 連絡先を GAL と同期しない
1 = 連絡先を最新の GAL 情報で自動的に更新する
2 = 連絡先を最新の GAL 情報で更新する前に確認を求める

 

この設定、GUIでも変更できたのですが、Outlook2016からは設定ができなくなったようです。

Outlook2013では人物情報ウィンドウのメニューよりアカウント設定の項目で設定できました...

【Outlook2016には設定がなくなっている】

f:id:mohessu:20170210022546p:plain

Outlook2016の場合は以下項目の設定で同様の効果が得られるようです。
ただし、確認まで行えませんでした。(この項目は昔からあるので、ちょっと微妙な気もします。)

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Outlook\Cached Mode
DWORD: DownloadOAB

0 = オフラインアドレス帳をダウンロードしない

音楽:the Moonstone Knew Everything