読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Windows Server 2016 インストール手順

Igniteで正式発表されたWindows Server 2016.

まだ正式ライセンス版の入手はできませんが、評価版はダウンロード可能でしたのでインストールしてみました。

まずはHyper-Vに前回ダウンロードした評価版をマウントしておきます。

ブート順序をDVDにしておくのを忘れずに。
うまく設定し、DVD起動すれば以下の画面になります。

f:id:mohessu:20161001173044p:plain

インストール言語を選びます。
この辺りはServer 2012と大きく変わりません。

f:id:mohessu:20161001173823p:plain

ここもそのまま進みます。

f:id:mohessu:20161001173916p:plain

インストールしたいエディションを選びます。 Evaluationになってますね。
今回はデスクトップ付きのDatacenterを。

f:id:mohessu:20161001173944p:plain

ライセンス条項への同意をします。

f:id:mohessu:20161001174052p:plain

初期インストールのため、カスタムを選択します。

f:id:mohessu:20161001174122p:plain

インストールドライブの選択を行います。
これで設定はほぼ完了。やはり2012と変り映えがないですね。

f:id:mohessu:20161001174147p:plain

インストールは大体30分ほどで終わります。

f:id:mohessu:20161001174215p:plain

インストール完了後にビルトインユーザーのパスワード入力へ。

f:id:mohessu:20161001174316p:plain

Windows10 と同じロック画面ですね。

f:id:mohessu:20161001175337p:plain

初回はAdministratorでログインです。

f:id:mohessu:20161001175403p:plain

User Profile設定などでここから10分ほど待ちます。

f:id:mohessu:20161001175429p:plain

デスクトップまでたどり着きました。
ますますServer Editionということを忘れてしまう画面です。

f:id:mohessu:20161001175458p:plain

リモートデスクトップ等は無効ですね。

f:id:mohessu:20161001175552p:plain

イーサネットの設定ではIPv4とIPv6の場所が離れています。Windows10と変らずですが。

f:id:mohessu:20161001175629p:plain

インストール直後はWindows Defenderが古いので、バージョンアップを行っておきましょう。(手元の状態では更新日は2016年5月となっていました。)

f:id:mohessu:20161001175728p:plain

ようやくこれでWindows10ファミリーでサーバーからクライアントまでそろいました。

ここからが本格利用の始まりと思いますので、心してチェックしていきたいと思います。

音楽:Diggin'