Microsoft Azure Copilot for Azure がそろそろ使えるようになりそうです

Azure ポータルに Copilot のマークが表示されるようになり始めたようですね。

こんな感じにメニュー右側に新しい項目として表示されています。https://portal.azure.com/

なんというか、黒いバーに白地にしてロゴを入れる感じが一体感が薄いというか、突貫でもまずは使わせていこうという感じがして好感触でした笑。

このボタンをクリックすると右側にペインが表示されます。

ただ、わたしの環境では「このバージョンの Microsoft Copilot for Azure プレビューでは、日本語 はサポートされていません。」と出てしまい、動かすことはできませんでした。

でも以下のサイトを見るとリージョンにかかわらずプレビューが提供されていることになっているので、何か手順に問題があるのかもしれないと思い、ちょっと調べてみました。

https://cdn-dynmedia-1.microsoft.com/is/content/microsoftcorp/microsoft/final/en-us/microsoft-product-and-services/azure/documents/pxr/013-Azure-product-availability-Japan1.pdf?WT.mc_id=M365-MVP-5002496

結論から言うとやっぱりその通りで、言語設定を英語に変更することで動作させることができるようになるようでした。

ここですね。日本語から English に変更してみましょう。

https://portal.azure.com/#settings

変更後は再サインインが必要となります。サインインした後に Copilot を開いてみると、、、

おー。今度は開きましたね!

最初はスプラッシュが表示されるので確認してから使ってみましょう。

Design, Operate, Optimize, Troubleshoot といったテンプレートが用意されています。

この辺りは Copilot in Edge などと同様なので利用時に引っかかるところはなさそうです。

ちなみに日本語を入力してみたところ、、、

一応動作はするようでした。回答は少し包含された感じでしたが、この辺りは使う側の問題でしょう汗

というわけで、プレビューではありますが、 Copilot for Azure 、そろそろ見えてくるのかもしれません!

音楽:Go Up the Stairs