Microsoft 365 Lists から承認フローを起動させる機能が提供されるようです

Microsoft 365 を活用される場合、過去に利用していたグループウェアと比較されるケースが多くあるのではないでしょうか。

SharePoint は特にその傾向の強い仕組みに思えますが、過去に Notes などを利用していると、 SharePoint で行いにくいことの一つとしてワークフローの構築などがあげられるかと思います。

このワークフロー、実際に行いたいのは承認した証跡としてのデータの保持と証跡者の記録ではないでしょうか。

そういったものを構築するには Power Automate などを使って情報を蓄える仕組みを構築する必要があるのですが、それ以外の作業をキックするためのフローは SharePoint でも簡単に用意することが出来るようになるようです。

出張申請などのリストから自動化を選択することで、承認の要求という項目が表示されるので、これを選択してみましょう。

すると画面右側に Teams の承認アプリや通知を使った承認ワークフローを作成することが出来るようになるようです。

なるようです。としたのは、このフローの作成ボタンを押すると、 sharepoint.site の指定が必要である旨のエラーが表示されてしまったからです。

おそらく仕組みがリリースされている途中ということなのかと思います。

この機能を活用すれば、情報を確認してもらうというフローを自動化することが出来そうですよね。そしてお手軽な感じがとても好感をもてます。

後はちゃんと使えるようになるだけなので笑、もうしばらく待ってみましょう!

音楽:PERFECT ROUGE