読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Office365 Teamsに投稿する

Build 2017のキーノートセッションで、Teamsを利用したデモをやっていました。

単純なチャットとしての利用方法くらいしか見えてなかった身としては非常に衝撃を受けた内容でした。

ので、試しに作ってみることにします。

【Teamsでデータを受信するためのコネクタの作成】

チームにコネクタを作ります。

f:id:mohessu:20170517020340p:plain

「Incoming Webhook」を構成します。
この辺はおまじない、、、

f:id:mohessu:20170517020354p:plain

適当な名前をつけ、このコネクタが投稿してきたときのイメージ図を付けます。

f:id:mohessu:20170517020615p:plain

作成を行うと、もうTeamsにデータが投稿できる状態に。

投稿先のURLが表示されるのでコピーしておきましょう。

f:id:mohessu:20170517020637p:plain

 

【Flowで投稿処理を作る】

次に投稿側です。

簡単に作るならFlow!ということで、FLOWを利用しましょう。

FLOWって本当に手軽ですよね。モバイルのFlowボタンをぽちり。

f:id:mohessu:20170517021149p:plain

f:id:mohessu:20170517021243p:plain

名前を決めたらアクションを追加しましょう。

f:id:mohessu:20170517021353p:plain

HTTPを選択して送りつけます。

f:id:mohessu:20170517022448p:plain

JSONでデータを送信することになるので、以下のような形式で本分を作りましょう。

"text":"文章"

f:id:mohessu:20170517022208p:plain

後は保存していくだけ。右上のチェックで保存、三角で配信と覚えておきましょう。

f:id:mohessu:20170517021704p:plain

これで完了です。管理を押すとテストプレーが可能です。

f:id:mohessu:20170517021725p:plain

・・・を押し、メニューから今すぐ実行

f:id:mohessu:20170517021746p:plain

フローの実行で、、

f:id:mohessu:20170517022327p:plain

もう連携できてます!

f:id:mohessu:20170517022341p:plain

ほら!

f:id:mohessu:20170517022349p:plain

 

なんて、簡単なのでしょうか。

これもれっきとしたプログラミングですよね。

じつは、ここまでの行為でモバイルからの操作もできるようになってるんです。

Flowのアプリを起動して、、、

f:id:mohessu:20170517023536p:plain

中央のボタンメニューを押すとボタンが!

f:id:mohessu:20170517023617p:plain

ぽちり。

f:id:mohessu:20170517023655p:plain

モバイルアプリとの連動、軽く弄ってこれなので、かなり楽しいことができそうですね!

音楽:地球共鳴