読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Windows10 Windows Defenderエンジンを更新しましょう

Windows Defenderのエンジン、Microsoft Malware Protection Engineに緊急の問題が見つかっています。サードパーティ製のマルウェア対策ソフトを入れていない場合、至急Windows Updateを行うようにしてください。

影響範囲は以下となります。

 この、Microsoft Malware Protection Engineのバージョンが1.1.13701.0以前の場合、問題に直面します。
問題の詳細は以下に記載がありますが、要するにリモートでアプリを動作させることができちゃう系のとても危険なものです。(ただし、悪用される可能性は高くないとのこと)

マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ 4022344

バージョンの確認方法(Windows10のDefenderの場合)を載せておきますので、Windows Update後に念のため確認しておきましょう。

【設定画面から更新とセキュリティを選択します】

f:id:mohessu:20170510090226p:plain

Windows Defenderを開き、バージョン情報のエンジンのバージョンをチェック!】

f:id:mohessu:20170510090209p:plain

Insider PreviewのBuild 16188のバージョンは1.1.13802.0と問題のあるものよりも新しいバージョンとなっていました。

コンピューターを利用する上では、セキュリティ問題の発生は必然的に起こります。
それに対してスピード感をもって対処する必要があるのですが、Windows Updateなどを利用し、最新のバージョンを適用していくことで防げるケースは非常に多いです。

これを機にOSだけでなく、その他ソフトウェアも更新をかけるよう心掛けてみてはいかがでしょうか。

音楽:アスラ実体化