読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Office365 FLOWでシステム間連携を

Office365に11月に加わったFLOW。
どんどん連携ができる機能が増えており、今後期待が持てる機能です。

いかに簡単にFLOWを作成できるか紹介させていただきます。

まずは1から作成を。

f:id:mohessu:20161229110322p:plain

Aが起きたらBをする。がFLOWの基本です。
最初にAを決めていきます。

f:id:mohessu:20161229110346p:plain

今回はYouTube(新しいビデオが検索にヒットしたとき)を選びます。

f:id:mohessu:20161229110402p:plain

フェデレーションが必要となるので、FLOWに許可を与えます。

f:id:mohessu:20161229110425p:plain

検索用のクエリを設定します。

f:id:mohessu:20161229110446p:plain

入力を終えたら新しいステップを追加してください。
左側のアクションの追加を。

f:id:mohessu:20161229110514p:plain

電子メールの送信を次のアクションに設定します。
宛先を選び、件名、本文を書きます。
これらは動的に言葉を作ることが可能です。その際には右のコンテンツから選びます。

f:id:mohessu:20161229110528p:plain

画面上部のフローの作成ボタンで完了です。

f:id:mohessu:20161229110540p:plain

1分程度でフローが完成します。名称を入力していなければ自動で名前が付きます。

f:id:mohessu:20161229110551p:plain

これだけでFLOWが完成しました!

f:id:mohessu:20161229110634p:plain

とっても簡単に終わります。難しいことを気にしなくてもコードをかけるので、こうなってくると、開発のすそ野が広がりそうですねぇ

音楽:Strangers