読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Azure Hybrid Use Benefitについて

Azure Windows Server Windows2016

AzureのIaaSを利用する際に、MSが用意したWindows Serverを選択すると、Unix系のサーバーより高額となっていると思います。

これは、Windows ServerのライセンスとCALが付与される(サーバーライセンスはわかりやすいですが、CALのライセンスも入ってる!)からなのですが、新規に会社を起こす等でないと、Windows ServerのCALやライセンスはすでに持っているケースが多いかと思います。

そういった際につかえるのがAzure Hybrid Use Benefitです。
SA特典となるため相応のライセンスが必要となりますが、アップロードしたVHDを利用し手持ちのライセンスをAzure上で使えるようになります。

この方式で手持ちのライセンスを利用するためにはPowerShellVHDをアップロード、展開する必要があります。

Windows Server 向け Azure Hybrid Use Benefit | Microsoft Docs

ちなみに、海外サイトなどではDatacenter Editon利用時はAzureとオンプレ両方で利用できる。とあったのですが、MSサイトに確証のある形で記載は見つけられませんでした、、、

音楽:干戈の交わり