読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Office365 共有メールボックスからのメール送付保存

Outlook-Exchangeを利用していると時々言われるのが、共有メールボックスからメールを送付した際に、送付済みにメールをコピーしたい。という要望です。

一般的には送付しているのだからほぞんされて当たり前。とみるのかもしれませんが、Exchangeの場合は、あくまで送付主体はメールボックスを持っている個人。という観点から、送付済みメールは個人メールボックスにはいる。という仕様となっています。

今まではこれしかない。と思っていたのですが、最近共有メールボックスに保存する方法があることがわかりましたので記載します。

大きく2種あり、1つはOutlookの設定。1つはExchange側の設定となります。

Outlook側の設定で行えるのは、レジストリ+Exchangeキャッシュモード有効化で実現します。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Outlook\PreferencesにDWORDでDelegateSentItemsStyleを作成し、値を1にセットするだけです。

(16.0の個所は利用しているOutlookにより変動します。)

f:id:mohessu:20161214014325p:plain

これだけで送信者を共有メールボックスに設定してメッセージを送信すれば共有メールボックスの送信済みにメールが保存されるのです。

もう1つの方法も同様の状況を作り出せます。

以下のPowerShellを動作させるだけで共有メールボックスの設定が行えます。

【共有メールボックスの所有者として】
Set-Mailbox <共有メールボックス名> -MessageCopyForSentAsEnabled $True

【代理送信者として】
Set-Mailbox <共有メールボックス名> -MessageCopyForSendOnBehalfEnabled $True

音楽:dew