読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

System Center Service Manager 2016インストールできました。

System Center

インストールにとん挫していたSystem Center Service Managerですが、ようやくインストールすることができました。

恒例ですがインストール手順を記します。

Service Manager管理サーバーを選択します。

f:id:mohessu:20161017073129p:plain

プロダクトキーの入力、、、

f:id:mohessu:20161017073138p:plain

SQL Server 2014の本体をインストールすると、Report Viewer以外はインストールされるようです。RVはこの画面のリンクからインストールします。(前々回の記事を参照)

f:id:mohessu:20161022215629p:plain

CI_ASでインスタンスを作っておけばエラーは出なくなりました。
(合わせてフルテキストサービスも忘れずに。)

f:id:mohessu:20161022215715p:plain

Japanese_XJIS_100_CI_ASのインスタンスです。

f:id:mohessu:20161022215729p:plain

管理グループ名を入力します。任意でよいようですね。(AD名に合わせておけばよかったかも、、、)

f:id:mohessu:20161022215739p:plain

サービスアカウントの選択です。ドメインアカウントでも、ローカルシステムでも設定可能。これもドメインのほうが取り回しが楽になると思われます。

f:id:mohessu:20161022215749p:plain

ワークフローの実行アカウントを決定します。これも同様で。

f:id:mohessu:20161022215800p:plain

診断情報の提供は既定で有効とのこと。また、ここで変更はできません。MSにしては珍しいセッティングですね。

f:id:mohessu:20161022215809p:plain

Microsoft Updateの利用です。基本はONで。

f:id:mohessu:20161022215821p:plain

これで設定完了です。

f:id:mohessu:20161022215842p:plain

f:id:mohessu:20161022215851p:plain

10分程度でインストール完了となりました。

f:id:mohessu:20161022215905p:plain

音楽:Green Bird