読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ADインストール

機能の追加が終わったら、次はドメインの構成です。

新規で立てた場合は新しいフォレストを追加する。を選択します。
また、ここでドメイン名を決定します。
この名前が今後利用するドメイン名となるので、慎重に決めましょう。

f:id:mohessu:20161006014740p:plain

フォレスト、ドメインの機能レベルを選びます。古いドメインサーバーがある場合は古いものを選択しますが、新規の場合は最新の2016でよいでしょう。
DNSとグローバルカタログも忘れずにチェック入れます。
2台目以降の構築や他サーバーと同時構築の場合は、最低1つのサーバーでDNSGCを動かしていればOKです。

f:id:mohessu:20161006014816p:plain

DNSが新規の場合は以下のような注意メッセージが出ます。
親ゾーンなどがあると委任するか選択できます。

f:id:mohessu:20161006015218p:plain

NETBIOS名を確認し、そのまま次へ。同名のサーバーがある場合などは名称変更をしておきましょう。

f:id:mohessu:20161006015639p:plain

ADの情報を格納する場所を決めます。
このフォルダー群はレプリケーションされます。

f:id:mohessu:20161006015716p:plain

内容を確認し、インストールを開始します。

f:id:mohessu:20161006015944p:plain

インストール前に前提チェックがあります。
IPの固定化など、やれることは済ませておきましょう。

f:id:mohessu:20161006020412p:plain

 

f:id:mohessu:20161006020427p:plain

インストールを押下すると、10分強で設定完了です。

 

音楽:ABC Mouse Parade