読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Advanced Threat Analytics 1.7インストール

MSDNを覗いていたら「Advanced Threat Analytics 1.7」がリリースされていました。

この初版は2015年の中頃だったと思いますが、Office365にATP(Advanced Threat Protection)が実装された前後ですね。

ATPはサンドボックス機械学習を用いてメールのマルウェアを排除する仕組みですが、このATAはActiveDirectoryと連動して不正アクセスの可能性を見つける仕組みとなっています。(あまり利用されているケースは聞かない気もしますが、ADと連動しながらログイン監視するので結構貴重な存在だと思います。)

で、良い機会なのでインストールを行ってみました。

セットアップを起動すると以下画面が出て.NET Framework4.6がインストールされます。

f:id:mohessu:20160917231252p:plain

インストールが完了すると通常のMS製品と同じようにインストーラからのインストールに。もちろん日本語対応です。

f:id:mohessu:20160917231327p:plain

ライセンス条項の確認を行います。

f:id:mohessu:20160917231414p:plain

Update関連の設定を行います。

f:id:mohessu:20160917231444p:plain

インストール前の設定画面です。気になるのはセンターサービスのIPとコンソールのIPを指定することでしょうか。
おそらくNIC2枚差しを想定しているのだと思われますが、1枚のNICのマシンだとIPV4IPV6が初期値として割り当てられてました。
(インストール後動かせてなく試行錯誤中、、、)

f:id:mohessu:20160917231522p:plain

設定値はあっけなく、これだけでインストールが開始されます。

f:id:mohessu:20160917231722p:plain

インストールはこれで完了です。

f:id:mohessu:20160917231803p:plain

このあと、IEが起動してコンソールが起動しようとするのですが、白画面応答になってしましました。

おそらくNICの設定周りの問題だと思われるので、もうちょっと試行錯誤してみたいと思います。

音楽:ドブと小舟と僕らの神話