読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SharePoint 2016インストール

今更ですが、SharePoint 2016をインストールしてみました。

インストール時の手順を記しておきます。

1)まずはディスク挿入、通常自動起動しますが、うまくいかなければSetup.exeを起動します。

f:id:mohessu:20160911193952p:plain

2)セットアップに必要なファイル群が事前にインストールされていると、インストール準備が完了した後に、

f:id:mohessu:20160911194154p:plain

3)ライセンス入力画面に移動します。プロダクトキーは試用版でもよいと思います。今まで通り後で変更できるインターフェースはありました。

f:id:mohessu:20160911194209p:plain

ちなみに、事前インストールがすんでいない場合、エラーが出るのでprerequisiteinstaller(製品準備ツール)を起動し、事前インストールを完了させましょう。

f:id:mohessu:20160911195648p:plain

4)ライセンス条項の確認が入ります。

この内容、評価版ありきで、製品ライセンスの場合ライセンス契約が適用されるとのこと。普通逆じゃないか。とも思いましたが、製品ライセンス持っていれば契約書あるよねって意味では道理かと。

f:id:mohessu:20160911195741p:plain

5)インストール場所を選択します。この辺りは2013と同様ですね。
インストール後に場所を変更することはできないので、気を付けて場所を決めましょう。(検索インデックスの場所は変更できます。)

f:id:mohessu:20160911200532p:plain

6)インストール開始ボタンでインストールが開始されます。30分はかかるでしょうか、、、

f:id:mohessu:20160911201303p:plain

7)特に問題なくインストールが完了すると、構成ウィザード実行画面に入ります。
ファーム構成を行う場合はチェックを外して次のマシンのインストールを行いましょう。

f:id:mohessu:20160911201356p:plain

8)インストールウィザードが起動するとこんな感じです。

f:id:mohessu:20160911201516p:plain

9)構成ウィザードはSP/CUを当てた際にも起動が必要なので、注意事項として止まっちゃうことを指し示す注意ポップアップが出てきます。

f:id:mohessu:20160911201717p:plain

10)ファームへの接続画面が出てきます。新規の構築時は下を選びます。

f:id:mohessu:20160911202157p:plain

11)これも2013から引き続きの項目。ファーム参加用のパスフレーズを決定します。

f:id:mohessu:20160911202312p:plain

12)この画面は2016からですね。
2016では、ファームにWFEやらアプリケーションという概念がなくなり、役割ベースになっています。
今回のサーバーにはどの役割を与えるかを決定します。単一サーバーは開発環境でのみの選択となります。

f:id:mohessu:20160911203150p:plain

13)SharePointの管理画面をホストするWebアプリのポートを指定します。
これは初期値はランダムですが、変更可能となっています。
なお、セキュリティの構成は全体管理をNTLMにするか、kerberosにするか選ぶことが可能です。kerberosを推奨とされていますが、SharePointではあまり良い印象がないんですよね。kerberos。2007の頃はデフォルトの代替アクセスマッピングがkerberosだと検索できないなどの問題がありました、、、

f:id:mohessu:20160911203931p:plain

14)これで設定は完了です。
設定間違えがないか、最終チェックをします。

f:id:mohessu:20160911204231p:plain

15)この後15分ほど待つと、構成完了の画面がでるのでこれでインストールは完了となります。

f:id:mohessu:20160911204322p:plain

16)インストールが完了すると自動的に初期設定ウィザードが立ち上がります。(ブラウザ起動の画面に替わります。)

f:id:mohessu:20160911204408p:plain

17)この後、ファームの中で利用したい機能を決め、構成を行っていく流れとなります。

f:id:mohessu:20160911204516p:plain

 

まずはインストールまでですが、2013と大きく変わらないため、今まで導入などを行ったことのある方はあまり違和感なく導入できるかと。
ただ、最近はクラウド製品版のSharePoint Onlineを利用するケースも多くなっているため、大規模な利用は減っていくのでしょうかね、、、少し悲しい感もあります。

音楽:オムナマグニ