読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Windows 10のアップデートとWi-Fi

Windows10

アップデートを頻繁に行って、よりセキュアな状況を生み出す仕組みが導入されたWindows10。アップデートもいつの間にか行われてたりして、急いでPCを使いたいとき以外は非常に良い機能だと思っているのですが、屋外など、利用量制限のあるWi-Fi利用時は注意が必要です。

手元で問題になったのはテザリング
仕事のメールを見ようと、テザリングを行ったらそのままアップデートのダウンロードが始まってしまい、気が付かぬうちにデータ利用制限をオーバーすることが数度おきました。

簡単に回避するならば、Wi-Fi接続後にアクションセンターよりバッテリー節約機能をオンにしましょう。これでアップデートのダウンロードが始まらないようになります。

f:id:mohessu:20160803020232p:plain

 

ただ、忘れやすいので要注意。

これ以外にはWi-Fiの設定で恒久的に対策を打つことができます。
が、階層が深い、、、

Windowsの設定よりネットワークとインターネットを開き、

f:id:mohessu:20160803020801p:plain

Wi-Fiを選択。

f:id:mohessu:20160803020840p:plain

該当のネットワークアダプタ(接続)を選び、、、(ここ、Wi-Fi名称クリックで次のページに飛べます。)

f:id:mohessu:20160803020903p:plain

中断の従量制課金接続をオンにします。

f:id:mohessu:20160803021003p:plain

初めての時は大変ですが、一度変更すれば効果は続くので、ぜひ試してみてください。

 

音楽:Idol talk