Windows Server

Windows Server Build 17035インストールしてみました。

Windows Server 2016がLTSCに対して、2017年9月にリリースしたWindows Server 1709はSemi-Annual Channelであったため、今回のBuild 17035はバージョンアップ対象となりOS上からインストールできるはず。ということで、Windows Server 1709からセットアップ…

Windows Server version 1709 インストール手順

Windows Server version 1709をMSDNから入手したので、インストール手順を記しておきます。 まず、理解が必要なのはWindows Server version 1709はServer Coreのみの提供となることです。(GUIがないのです。)どういった提供になったのかなどは以下のサイト…

Windows 10 Fall Creators Update およびWindows Server version 1709リリース

アメリカ時間2017年10月17日10時にWindows 10 Fall Creators Updateがリリースしました! (夏時間なので日本時間だと2017年10月18日2時でしょうか) 早速、以下サイトでアップロードツールのダウンロードが行えるようになっています。 https://www.microsof…

Windows Server 2016 Build 16237のインストール

前回準備したWindows Server 2016 Insider PreviewのBuild16237ですが、早速インストールしてみます。 内容が内容なので、仮想環境にインストール。 第二世代のHyper-Vゲストで、動的メモリをオフにしての構築です。動的メモリをオンにしたままだとDVDブート…

Windows Server 2016 Insider Previewを利用するには

Windows Server 2016ですが、6月頃にInsider Programを開始するという案内が出ていましたが、入れる暇がなく、チェックできていませんでした。どうも実際にInsider Buildが提供され始めているようなので、入手法を記しておきます。 まず、現在のBuildは16237…

Windows Server 2016の年次更新計画が確定したみたいです

Hybrid Cloudのブログで発表されたのですが、Windows Server 2016の年次更新の計画が発表されました。 Delivering continuous innovation with Windows Server – Hybrid Cloud Blog これによるとWindows Server、Server CoreにSemi-annual Channelというもの…

Windows ランサムウェアが猛威を振るっています。注意を!

WannaCryptというランサムウェアが最近猛威を振るっているようです。 これに感染すると、PCを人質にとり、Bitcoinを払うよう仕向けられるようです。 詳細は以下を参照してください。 WannaCrypt ransomware worm targets out-of-date systems – Windows Secu…

Azure Hybrid Use Benefitについて

AzureのIaaSを利用する際に、MSが用意したWindows Serverを選択すると、Unix系のサーバーより高額となっていると思います。 これは、Windows ServerのライセンスとCALが付与される(サーバーライセンスはわかりやすいですが、CALのライセンスも入ってる!)…

AD Serverでタイムサーバーと同期

AD ServerとAD ClientはKerberos認証があるため、時間の同期が必要となります。 そのため、ADに参加しているマシンはすべて同期がとられることになるのですが、AD Server自身は初期状態で自分のPCと同期(要するに同期していない)することになっています。 …

ATA1.7の更新プログラム「1.7.5647」がでました。

ちょっと目を離してしまったのですが、Advanced Threat Analytics 1.7にアップデートが出ていました。 1.7.5402を1.7.5647にバージョンアップするプログラムとなります。 ATAのコンソールに通知が出るのですが、以下のような通知となっていました。 詳細は以…

System Center Service Manager 2016インストールのつづき

途中で止まってしまったインストールですが、コンポーネントを集めて再実行してみました。 必要となるのは、SQL Server native client、Report Viewer、SQL Server 分析管理オブジェクトとなります。どうもそれらにも特定のバージョンが必要なようで、以下の…

Windows Server 2016 Sysprep

MSDNでWindows Serverの開発・検証版が出たことに伴い、Sysprepの検証を行います。 Sysprepとは、大量導入時におけるOS配布などの素OSを作成する機能で、Windows Server 2016のOSの一部として配布されています。 通常OSはインストールにはディスクやISOを利…

MSDNでWindows Server 2016が提供されています。

MSDNに待望のWindows Server 2016がアップロードされました。 これで、評価版を開発・検証用途に変更できるようになります。 今回はこの前に導入した評価版にライセンスを適用してみたいと思います。 まずはアクションセンターから設定画面を表示。 更新とセ…

GodModeで取得可能な内容一覧(Windows Server 2016)

Windows Server 2016 GodModeで利用可能な内容一覧です。 HW状況によって内容は変わると思いますが、今回はHyper-V上のDataCenter Editionでの内容となります。 音楽:小鹿

Windows Server2016でもGodMode

Windows XPのころから、知っている人は知っている程度に親しまれている機能にGodModeというものがあります。設定一覧が出るページへのリンクなのですが、Windows Server 2016でも有効となっていましたので作成方法を記載しておきます。 こんな感じのアイコン…

Azure ADと OnpreAD

Active Directoryのインストールが完了すると以下のように、アプリケーションの機能が増えています。ここもWindows2012 R2と変らないですかね。 いつももっと見つけにくいところにいた気がするグループポリシーの管理もスマートに見つかります。 Active Dire…

ADインストール

機能の追加が終わったら、次はドメインの構成です。 新規で立てた場合は新しいフォレストを追加する。を選択します。また、ここでドメイン名を決定します。この名前が今後利用するドメイン名となるので、慎重に決めましょう。 フォレスト、ドメインの機能レ…

ADDSの導入

新しいサーバーが来た時にまず試したくなるのはADDS。 今回のActive Directoryでは、 一時的な特権アクセス、Azure AD Join、Microsoft パスポートとの連携が大きなトピックとなっています。 Windows 10では、パスポートログインの場合、microsoftpassport\U…

Windows Server 2012R2の機能一覧

Windows Server 2016の役割、機能をアップしましたが、2012R2から同様の情報を持ってきました。比較するとどう違うか見えてきますね。 【役割】 役割は2016で少しスリムになった感じですね。 続いて機能。 【機能】 機能についてもスリム化されています。Win…

Windows Server 2016の機能一覧

Windows Serverはバージョンアップごとに機能が大幅に増えていきます。大きくは役割と機能に分かれているのですが、ウィザードを見ているとこんな機能もあったのか。と気づかされることが多いですね。一覧のキャプチャを取得したので、載せておきます。【役…

Windows Server 2016 インストール手順

Igniteで正式発表されたWindows Server 2016. まだ正式ライセンス版の入手はできませんが、評価版はダウンロード可能でしたのでインストールしてみました。 まずはHyper-Vに前回ダウンロードした評価版をマウントしておきます。 ブート順序をDVDにしておくの…

Windows 2016 評価版

Windows Server 2016ですが、評価版のダウンロードができるようになっております。 www.microsoft.com ダウンロードにはログインが必要です。Sign Inを押してログイン画面へ。 マイクロソフトアカウントでのログインですね。 元の画面に戻り、取得したい方式…

Windows Server 2012のハングアップ

ちょっと古いKBなのですが、日本語版Windows Serverで、KB3033889を当てていると、エクスプローラーがハングアップするという問題がありました。 更新プログラムを当てないと、システム停止っぽい事象になるため、以下KB3048778を当てて対処を行っておきまし…

Windows Server 2016のライセンス

windows Server 2016では、ライセンス形態が変わり、物理プロセッサライセンスから、物理コアライセンスに移行します。現段階で見えているのは、プロセッサ当たり8コア、サーバー当たり2プロセッサ分のライセンスが必要ということ、最低限となる16コア分のラ…

RemoteDesktop Gateway

Windows2008 R2から実装されているRemoteDesktop Gateway情シ部門が管理している企業ネットワークでは使いどころが難しいかもしれませんが、昔からの風習でガッチガチにネットワークを組んでいたりすると意外と重宝するかもしれないので、書き記しておきます…