SharePoint

Office365 SharePoint Onlineのコミュニケーションサイト

新しくなりつつあるSharePoint サイト群ですが、チームサイトとコミュニケーションサイトの二種類に絞ってテンプレート展開が行われています。 チームサイトはOffice365グループが展開され始めた時からあるのですが、コミュニケーションサイトは最近になって…

Office365 データの移行を推進する方法

Office365を利用するにあたって、エンドユーザーへの教育から始めて、一から導入していく方法もありますが、利用の加速を目的としてすでに手元にあるデータを移行しつつ利用推進を行いたいという要望はよく聞きます。 そんな時にある程度のまとまったライセ…

Office365 旧型SharePoint サイトのリスト表示について

SharePointも早いもので、SharePoint2013で一定のビューワープラクティスを生み出していたと思っていたのですが、SharePoint2016をリリースする前後で、Office365側からライブラリのイメージを一新させる機能を追加しています。 それから1年近くがたち、そろ…

Office365 SharePoint Onlineで埋め込みコンテンツのあるページを簡単に作成できるようになるようです

SharePoint Onlineで著名サイト外の埋め込みコンテンツを利用しようとする場合、今まではサイトコレクションごとにシェルコマンドを実行する必要があるなど、とても使い勝手が良いものとは言えませんでした。この8月から9月にかけ、この部分が改善され簡単に…

Office365 SharePointのサイト利用量が表示されるようになりました

少し活気が弱含んでいたSharePointですが、ここにきて機能の追加の話題がちらほらと出てきています。 今回はサイトの閲覧数とアクセスの多いコンテンツを表示する機能が付加されました。 SharePointサイトの左ペインからサイトコンテンツを表示すると、上部…

SharePoint Access Serviceが終了するようです

あまりにもひっそりと目につかなかったのは利用頻度が低いからなのでしょうか。 Office365上のAccess Serviceがクローズとなるようです。 Updating the Access Services in SharePoint Roadmap - Microsoft Tech Community 2017年6月に新規アプリの作成がで…

SharePoint モダンサイトのニュースWebパーツが更新されるようです

以下のサイトでアナウンスがあるのですが、ファーストリリースにしているOffice365のSharePointにて、ポータルトップに据えるためのWebパーツ、Newsパーツが更新されるようです。 Use the News web part on a SharePoint page - SharePoint 手元のテナントで…

Office365 SharePointのライブラリ・リストフィルタに機械学習機能が追加されるようです

現在、SharePointのフィルタ機能は単純に期間や人、ふぃあるの種類でフィルタリングができる程度の機能しか提供されていません。 2017/6/12以降機能が拡張され、自動的に利用頻度の高いフィルタを検知し、設定がしやすいように上位に表示する機能が実装され…

Office365 OneDrive/SharePointアプリでセッションが90日に

2017/6/15よりOneDrive/SharePointモバイアルアプリで、セッション維持期間が延長され90日になるようです。 もともと14日のセッション維持だったので実に6倍!以下資料を見ると、更新トークンの最大長が90日だったりするので、設定を最長側に寄せたというこ…

Office365 Office365 Groupにゲストアカウントが設定できるようになりました。

久々にOffice365の機能の話題な気がしますが、Office365 Groupにゲストを設定できる機能が追加されていました。 昨今のプロジェクトではクライアントとのやり取りや第三者の立ち位置でレビュー者などが入ってくることが珍しくありません。 そういった際にOff…

SharePoint Add-inについて

久々にSharePointアプリの開発情報をあさっていたら以下のサイトにたどり着きました。SharePointでの開発要素について簡潔にかつ分かりやすく記載されています。 SharePoint Add-ins 私も認識がなかったのですが、現在のSharePointアプリ(SharePointアドイ…

Office365 SharePointで長い名前のファイルをダウンロードできるようになりました

ちょっと前までSharePointのウィークポイントといえば。No1だったファイル名の制約がいつの間にか解除されるような状態となっていました。 そう、長い名前のファイルをアップロードしても、その名前のままダウンロードできるようになったのです! 【長い名前…

Office365 SharePointサイトページにリスト、ライブラリを展開できるようになるようです。

新しくなったSharePointのページですが、今まではリストやライブラリをページ上に張り付けることができませんでした。 今後数週間のうちにこの制限が緩和され、リスト、ライブラリを張り付けられるようになります。 【新しいサイトページのイメージ】 【昔の…

Office365 OneDriveのメニューが変わりました

前に一度今後変わるというアナウンスをお伝えしたOneDrive/SharePointのコピー機能ですがテナントで利用できるようになっていました。 【コピーボタン】 新機能だからか、吹き出しで教えてくれる機能も搭載されています。 使い方は前回お伝えした時と変らず…

Office365 SharePoint Online サイトからのニュースがパワーアップしてました

前にここで紹介した複数サイトのトピックを表示してくれるSharePoint Onlineの機能ですが、少しパワーアップしたようです。もともとサイトからのニュースが羅列されるだけだったのですが、表示される内容が書かれる銘盤のようなものが表示され鵜ようになりま…

Office365 SharePoint Online/ OneDriveの権限管理ペインが変更となりました。

今までのSharePoint/OneDriveでは、ユーザーへのアクセス許可の方法として、ACLの考え方と共有の考え方がありました。 今回、3月末の更新でこの2つの考え方を同時に確認できるようになりました。 ファイルをプロパティを表示する右ペイン内に、両方の情報が…

Office365 SharePoint Online パブリック設定のWebサイトが停止されます

来月 5月1日よりSharePoint Onlineで作成したパブリックWebサイトが停止されます。 パブリックサイトはすでに2015年以降作成できなくなっているため利用は限られている状況ですが、利用を続けている人は移転の検討が必須となります。 【SharePointで作成した…

Office365 Profileのが大幅に進化しました

Office365はオフィスでの仕事能率の改善を主眼に置いたソリューションですが、この度、オフィスの中で一番重要な要素である人のつながりに関する部分に改善を図ってきました。ユーザー情報を格納するプロファイルが大幅進化を遂げています。 【プロファイル…

Office365 SharePointとFLOWの連携

SharePointのドキュメントライブラリとFLOWへの連携が簡単になるようです。 まだ私の利用しているテナントでは利用できませんでしたが、 3月20日から4月末にかけて、利用できるようになるようです。 ドキュメントライブラリのメニューにFLOWが表示されるよう…

Office365 SharePoint Online Searchメンテナンス

私の利用しているテナントのみかもしれませんが、Search Serviceのメンテナンスが行われるようです。意外と急なメンテです。 開始: 2017-02-24 06:00 (JST)終了: 2017-02-26 12:00 (JST) ファームのINDEXサイズを増やすためのメンテナンスとのこと。 メンテ…

Office365 SharePoint Online ページに乗せられる機能について

SharePoint Onlineでチームサイトを作成する際にはWebパーツを組みこんでサイトを作成していきます。 パーツの使い方を工夫することで多数のバリエーションを持ったサイトを作成することが可能となります。 以下にいくつか主要バーツを紹介します。 強調され…

Office365 SharePointチームサイトのページ作成

昨日作成したチームサイトにページを追加していきたいと思います。 まずは新規よりページ作成を。 余談ですが、右側に発効日が2016/10/7と記載がありますが、テンプレートの作成された日付ですかね。サイト作成日よりも前の日付になります。 ページを作成す…

Office365 SharePoint チームサイトのページ作成機能が強化されていました

Teamsのリリースに合わせてチームサイトの作成画面も新しくなったようです。 といってもTeam作る際に自動的に作成されるので、実は使う機会がめっぽう減っているかもしれません。 以下にて順合わせてみていきましょう。 まず、サイト名称の入力が。ここで、…

Office365 SharePoint Online APIから#、&の文字が利用可能となります。

もともと私はSharePointのアプリ開発者なのですが、SharePointにファイルをアップロードするときに制約が多くあるため、ファイル名変換ラッパーを作成するなど大変な思いをした記憶があります。 この度、SharePoint APIが変更となり、#や&の文字が利用できる…

Office365 SharePoint Online サイトメールボックス機能の廃止

ルーツはSharePoint 受信メールという機能から、ポータルサイトにはメールを受けとる機能が必要!という意図があったか定かではありませんが、SharePoint初期の実装のころからある、メールを受信するための機能がとうとう廃止となる見込みです。 2017年3月以…

Office365 SharePointでファイルのサイト間移動ができるようになるようです。

OneDrive形式になった新しいSharePointサイトでの話題ですが、ドキュメントライブラリ内のファイルをOneDriveや別のSharePointサイトへコピー・移動ができるようになるようです。 メタデータの移行はもとより、昨日紹介した複数ファイルやフォルダの移行も可…

Office365 SharePointサイトでファイルの複数ダウンロードがサポートされました。

SharePoint Onlineで複数ファイルのダウンロードがサポートされるようになっておりました。新しくなった画面(OneDrive系)でのみのサポートですが、フォルダチェックやファイルの複数チェックでダウンロードが行えます。なお、First Release向けというわけ…

Office365 Office365グループ作成時のチームサイト構成がリリースされるようです

Office365でグループを作成する際にチームサイトが自動的に作成される機能がGAするようです。チームサイト統合といわれる機能となります。Microsoft Teamsを利用しているとわかりやすいのですが、Teamsを利用するメンバーを選択するとOffice365グループが作…

Office365 チームサイト一覧がどんどん進化しています

昔はサイトの一覧しかなかったSharePoint Onlineのポータルですが、いつの間にか自分が関連するサイトの更新情報が表示されるようになっていました。 どのドキュメントがいつ誰によって更新されたか。といったことが表示され、その対象物へのリンクもあるの…

InfoPathとSharePoint Onlineの相互運用について

SharePoint Onlineで帳票を用意する場合、InfoPathが利用されることが多々あります。 このInfoPathで作成した帳票ですが、動作に少し癖があるので一部を記載します。 InfoPath フォームにはリッチテキストコントロールを張り付けできるように作られているの…

Office365 SPO電子メールアドレスについて

Skype for businessの仕様を確認する中で電子メールアドレスに不思議な項目を見つけたので、情報をメモしておきます。 Outlookの連絡先を開き、電子メールアドレスの欄をみると、いつの間にかSPOというタイプが増えています。 公式な内容は見つけられなかっ…

Office365の制限事項

Office365を利用する中で、意識が必要となる制限事項がいくつかあります。 主なところでは以下のURLにまとまっています。 Exchange Online の制限 SharePoint Online ソフトウェアの境界と制限 - Office のサポート Skype for Business Online の制限 「Azur…

Office365の見た目が変わっています

最近Office365はPowerShellでの設定がメインになっていたため、自分でGUIをいじるケースが少なかったのですが、徐々に革新してくるという状況は今なお続いています。 メニューはスマートになり、、、(おそらくWindows 10に合わせてきたのでしょうか。) Adm…

SharePoint 2016 2016/9のCU

SharePoint 2016のCUがリリースされたようです。 https://blogs.technet.microsoft.com/stefan_gossner/2016/09/13/september-2016-cu-for-sharepoint-server-2016-is-available-for-download/ いつの間にやら言語関連の修正と、言語に関連しない修正とに分…

SharePoint 2016とOffice365

SharePoint 2016での大きな変更点といえば、Office365連携。監査やOneDriveなどの連携はありますが、やはり目玉は検索の連携でしょうか。 素でインストールした状態で管理センターからOffice365メニューを見てみると、特に検索関連の項目はありません。 構成…

SharePoint 2016インストール

今更ですが、SharePoint 2016をインストールしてみました。 インストール時の手順を記しておきます。 1)まずはディスク挿入、通常自動起動しますが、うまくいかなければSetup.exeを起動します。 2)セットアップに必要なファイル群が事前にインストールさ…

SharePoint 新機能

SharePoint Onlineの画面が新しくなって少し経ちますが、いつの間にやらフローやPower Appsの文字がメニューに現れるようになっていました。 フローはMicrosoft FLOW、Power Appsはその名の通りですね。 フローのメニューには作成ボタンがついており、押下す…

SharePointの継承解除

SharePointをコードからいじるとき、ACLを変更したいというケースは多々あります。その再利用するのが、Object.BreakRoleInheritanceというメソッド。 便利なメソッドなのですが、継承を切ったアイテムが大量になる場合は注意が必要となります。 SharePoint…

SharePoint Foundation 2016

5月にリリースされ、すでに3か月がたったSPS2016。 全然気が付かなかったのですが、SharePoint Foundationが削除されておりました。 SharePoint Server 2016 で使用されなくなった機能と削除された機能 これでSharePoint Foundation 2013を利用続けてくれ。…

SharePoint DB

SharePointのDBは非公開の内容となっているDBです。が、APIでは速度が出ないため、DBを直接見ることが多いです。SiteIDや、WebID、ItemIDがキーとなるため、この辺りは各テーブルに用意があるため、紐づけが必要となった際は覚えておきましょう。 音楽:Clar…

SharePointのコンテンツ管理画面

いつの間にか新しい画面に切り替わってますね。Audit Logといい、本格的にOffice Graphの利用が始まった感じですね。 現在、ライブラリがOneDrive風に変わったりと進化中のSPSですが、リストにもその波がやってきそうです。SharePoint管理センターから設定を…

セキュリティセンターとSharePoint

Office365のセキュリティタイルからはいるコンプライアンスセンター。 今まで取れなかったSharePointのアクセスログが記録されているようです。本日使ってみたので簡単に画面キャプチャ取っておきます。 タイルの下段右にある「セキュリティ」を押下 まだメ…

Active Directoryと、Azure ADと、ADFSと、、、

Active DirectoryとAzure AD、この2者の違いでよく言われるのは Active Directory:企業向けAzure AD:ドメイン境界を抜けられないActive Directoryの弱点を克服した新しいAD のような感じでしょうか。 正直なところ、凝り固まった私の脳みそでは何言ってる…

SharePoint2013のドキュメントライブラリ権限

SharePointはファイルや情報を蓄積でき、かつそれらをセキュアに守りながらも多数のユーザー間でのコラボレーションが実現可能な情報共有ツールなのですが、その巨大な仕組みゆえの不思議が動作が行われることが少なくなかったりします。 今回は最近であった…

SharePointの使いどころ

Office365を導入する案件にかかわることが多いのですが、導入時に段階を踏んでやっていこうというケースは多々あります。例えば、メールの移行を優先的にやって、IMとか、情報共有とか、今までやっていなかった新しいことは追々詰めていこう。といった具合で…