読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Office365 2017/1/1のライセンス

去年もOffice365では様々な機能が追加されました。どんどん機能が増えるため、管理する側としては何をユーザーに使わせるのか、意識しながらライセンスの割り振りを行っているのではないかと思います。これらを割り当てるのもOffice365管理者として実施が必…

Office365 PowerShellの効率的な接続について

PowerShellを利用してOffice365(Exchange Online)に接続する際、Get-Credentialを利用して接続用クレデンシャルを作成するケースは多いかと思います。この方法では、都度ID/パスワードを入力する必要があるため、管理業務で都度接続を行うようなケースでは…

Office365 チームサイト一覧がどんどん進化しています

昔はサイトの一覧しかなかったSharePoint Onlineのポータルですが、いつの間にか自分が関連するサイトの更新情報が表示されるようになっていました。 どのドキュメントがいつ誰によって更新されたか。といったことが表示され、その対象物へのリンクもあるの…

Office365 Outlook On the Webがバージョンアップするようです

1月中に Outlook on the Webのバージョンアップが行われるようです。 以下、メッセージセンターに記載のあった更新内容なのですが、正直この言葉だけではどう変わるのか見当がつきません! OneDriveからの添付が簡単になったりなのでしょうか、共有に焦点が…

Office365 Exchageで利用されるキャラクタセット・エンコードについて

OutlookではキャラクタセットにISO-2022-JP、エンコードにquoted-printableが多く使われることになりますが、メールのデコードに失敗して文字化けしたりするケースがたびたび発生します。 基本的にはメールヘッダにキャラクタとエンコードを指定しておけばメ…

InfoPathとSharePoint Onlineの相互運用について

SharePoint Onlineで帳票を用意する場合、InfoPathが利用されることが多々あります。 このInfoPathで作成した帳票ですが、動作に少し癖があるので一部を記載します。 InfoPath フォームにはリッチテキストコントロールを張り付けできるように作られているの…

Office365 Exchange Onlineの受信コネクタ利用時の注意点

Exchange Onlineはクラウドサービスが故のExchange Serverと使い勝手が異なる点がいくつかあります。 先日取り違えてえらい目にあった1例を紹介します。 受信コネクタは特定のサーバーをIPなどで指定し、その指定されたIPから情報が来た場合に指定した動作を…

Office365 Teamsのライセンス割り当て変更

メッセージセンターにてMicrosoft Teamsのアップデートが発表されています。Office365 Microsoft Teamsは今までは組織全体でのライセンス管理となっており、ユーザー個人のライセンス設定は有効ではありませんでした。この仕様が変更となり、組織全体でのラ…

Office365ファミリーにDocs.comが加わるようです

2015年にサービスが開始された、Docs.comというサービスがあります。このサービスはコンテンツ共有サービスでWordやExcel、PowerPointなどの共有を、パブリックに実施することのできるサービスです。 このサービスがなんとOffice365に統合されることとなった…

Office365 OneDrive Admin Centerができました

Office365でSharePoint契約がある場合、ユーザー領域としてOneDrive(旧SkyDrive)が付いてきます。 これが意外と曲者で、管理者側で管理ができず、会社のポリシーとして使わせたくない。などの理由がありました。 今回、細かな制御を行うためのプレビュー機…

Office365 Exchange Onlineのデフォルトメールボックスサイズが倍増するようです

Office365 Exchange Onlineですが、現在のメールボックス最大サイズは50GBでした。 これが1月末までに100GBに拡張されるようです。すでに拡張は始まっているようで、メッセージセンター上では順次展開となっていました。 対象はE3,E4,E5,ExO P2ということで…

Office365 SPO電子メールアドレスについて

Skype for businessの仕様を確認する中で電子メールアドレスに不思議な項目を見つけたので、情報をメモしておきます。 Outlookの連絡先を開き、電子メールアドレスの欄をみると、いつの間にかSPOというタイプが増えています。 公式な内容は見つけられなかっ…

Office365 Teams バージョン 0.6.00.34001がでています。

デスクトップ版Teamsについて、更新が入ったようです。 2016/12/10付で0.6.00.34001というバージョンに差し替わっていました。 残念ながらリリースノートなどは無いようで、ざっとみましたが機能の追加は見当たりませんでした。 おそらくバグフィックス中心…

Office365 共有メールボックスからのメール送付保存

Outlook-Exchangeを利用していると時々言われるのが、共有メールボックスからメールを送付した際に、送付済みにメールをコピーしたい。という要望です。 一般的には送付しているのだからほぞんされて当たり前。とみるのかもしれませんが、Exchangeの場合は、…

Office365 MAPIとIMAPのInterOPについて

Office365のメールボックスについては、通常Outlookを使いMAPIで利用するケースが圧倒的だと思います。その際に利用可能な文字種がIMAPと差があるために相互運用に問題が出た事例を紹介します。 MAPIで作成可能なフォルダの差で起きた事例なのですが、MAPIで…

Microsoft Teams プレビューフィードバックについて

Microsoft Teamsですが、現在プレビュー状態となっています。 そのこともあり、ご意見を受け付けるインターフェースが準備されています。 ご意見ボタンを押下すると、以下アドレスに移動します。 Public Preview: Hot (1600 ideas) – Customer Feedback for …

Microsoft Teams ファイル共有について

Teamsの動作チェックを行っているのですが、ファイルメニューからOneDriveやSPO内のファイルを開いた際にはきちんとOffice Online経由での表示動作が行われるようです。 【Excel】 【Word】 【OneNote】 このほか、PowerPointもアニメーション付きで動作しま…

AWS Re:Inventでの発表事項

AWS re:Invent 2016が開催中ですが、いくつか気になった事項を。 エクサバイトレベルのデータをクラウドにアップするサービスとして、AWS Snowmobile、AWS Snowball Edgeが発表されたようです。 AWS Snowmobile – Massive Exabyte-Scale Data Transfer Servi…

Office365 Soloの自虐ネタ

MSの販売戦略はとても優れていると思う時と、え、なぜこの手法を!?と思う時と両方を使い分けているのかな?と感じるケースが時々あります。 今回はその一例。 以下はOfice365 Soloの販売ページです。 1月1,274円、1年12,744円年間で見ると20%も割引きして…

PowerAppsのアプリ作成

前回の続きとなりますが、SharePointと接続するためのアプリ作成を進めてみたいと思います。 Infopath代替となるか。も個人的には気になるところでしたので、まずはSharePoint連携をチェック! 新規作成を押下し、SharePointを選択します。 ログインアカウン…

Power Appsアプリのインストール

ブラウザではPowerAppsのアプリの紐づけなど出来上がったものに対する操作が可能となるようです。実際はサンプルアプリだけでは意味のあるアプリを作り上げることは困難だと思うので、アプリをインストールしてみます。PowerAppsの画面より、右側のしたやじ…

Office365 PowerApps

そういえばPower Appsがリリースしてたな。と思い出し、365のメニューを眺めていると、やはりありました。 起動すると利用可否のページに飛びます。 PowerAppsは365のライセンスメニューでライセンスを振らないと、Trialのスタートページに飛ぶようです。 ス…

Office365 Teamsの連携がすごいです

Microsoft Teamsですが、チーム内でやり取り可能なデータを見ていると、SharePointで開く。という項目を見つけました。もしや。と思いつなげてみると、、、 やはりSharePointのサイトへのリンクに。ドキュメントライブラリに転送されたので、ファイルはここ…

Office365 Project Sonoma/StaffHubについて

Project Sonomaというシフト管理システムがあります。 あまり公けに公開されず、ひっそりとプレビューが開始されているのですが、いつの間にやらさらに名前が変わって、StaffHubという名称になっているようです。 このシステム利用したい人は登録申請して承…

Office365 セキュリティにて監査ログが取得できるようになっています。

Office365メニューにセキュリティという項目があります。 この中で、サービスアシュアランスの設定を行っておくと、 細かな監査ができるようになりました。 具体的にはセキュリティセンターの検索と調査、監査ログの検索です。 監査ログ検索画面ではアクティ…

Office365 Teams 画面構成について

Microsoft Teamsの画面をそれぞれ開いてみました。 【トップ】 保存済み、アラートの2つのタブが表示されています。 保存済みはクリッピングの機能、アラートはおそらく会議のアラートなどになるのかと思われます。 【アクティビティ】 通知、最近使ったアイ…

Teams アプリを入れてみました。

Teamsの上部に表示されるアプリをダウンロードしてインストールしてみました。 ダウンロードボタンを押すとOSに応じたexeがダウンロードされるようです。 x64のWindows10で実行したため以下ファイルがダウンロードされました。 exeを起動するとスプラッシュ…

Office365 追加情報の登録を促す機能がバージョンアップしたようです。

最近、自分のテナントに入ろうとしたら、以下のようなメッセージが表示されるようになりました。 悪意あるユーザーの脅威が叫ばれる現在では、パスワードの推測による乗っ取りも起こり得るわけで復旧のための情報を入力させたい。という心情はよくわかります…

Office365 Teamsチャット機能を利用してみました。

以下、Teamsですが、プレビューということもあり、ログイン時に固まることが多々ある状況のようです。 https://teams.microsoft.com (青画面というのが、、、) なんどか試していると接続できるようになるのですが、今回はチャットへ招待してみます。 ユー…

Office365 Teams見れました

どうもTeamsはタイルには出てこないようです。 以下URLから直接入ることで、確認することができました。 https://teams.microsoft.com/ 権限があると以下画面から開始となります。 まずは連携の土台になるグループを作りましょう。ということですね。 グルー…

Office365にTeamsが加わりました。(プレビュー状態)

Office365群に新たな製品が加わるようです。その名はTeams。最近何かと話題なSlackチックなチャットツールとのこと。 一般リリースは2017年1四半期のようですが、プレビューの有効化は現時点で行えるようです。 blogs.office.com 利用するためには、Office36…

Office365 Skype for Businessでユーザーが検索できなくなった場合

Office365を大規模で利用していると、気が付かないうちにですが連絡先からユーザーを検索できなくなるケースがあります。 たいていの場合はSkype クライアントアプリのキャッシュ破損だったりするのですが、時折サーバー側で不調をきたしているケースがある…

Office365の制限事項

Office365を利用する中で、意識が必要となる制限事項がいくつかあります。 主なところでは以下のURLにまとまっています。 Exchange Online の制限 SharePoint Online ソフトウェアの境界と制限 - Office のサポート Skype for Business Online の制限 「Azur…

Office365の見た目が変わっています

最近Office365はPowerShellでの設定がメインになっていたため、自分でGUIをいじるケースが少なかったのですが、徐々に革新してくるという状況は今なお続いています。 メニューはスマートになり、、、(おそらくWindows 10に合わせてきたのでしょうか。) Adm…

Office365のテナント移動は10月31日までのリクエストです!

ふとOffice365ポータルをチェックしていたのですが、日本リージョンができる前に365を利用していたテナントの日本リージョンへの移動ができるようになっていました。そして、そのテナントの移動は2016年10月31日まで移動リクエストが可能とのことです。 この…

追跡ログの取得方法

Exchange Onlineでエラーをハンドリングしたい場合、追跡ログを取得する方法が考えられます。 この追跡ログ、7日未満のデータ、90日前までのデータと2種の状態で管理されています。 それぞれ、「Get-MessageTrace」、「Get-MessageTraceDetail」で取得するこ…

Advanced Threat Analytics 1.7インストール

MSDNを覗いていたら「Advanced Threat Analytics 1.7」がリリースされていました。 この初版は2015年の中頃だったと思いますが、Office365にATP(Advanced Threat Protection)が実装された前後ですね。 ATPはサンドボックスと機械学習を用いてメールのマルウ…

iOS 版 PowerPointの新機能

9月11日にiOS版のOfficeがアップデートしていました。 ExcelとWordは外部ストレージサービスとの連携が強化されたことが新機能として定義されていましたが、PowerPointはそれにプラスして発表者ツールからレーザーポインターを使えるようになったとのことで…

SharePoint 2016とOffice365

SharePoint 2016での大きな変更点といえば、Office365連携。監査やOneDriveなどの連携はありますが、やはり目玉は検索の連携でしょうか。 素でインストールした状態で管理センターからOffice365メニューを見てみると、特に検索関連の項目はありません。 構成…

Office Lens

Microsoftのスマホ用アプリ、Office Lens。 正式な用途はよくわかりませんが、手軽に画像の台形補正を行ってくれる優れものです。 最初のころは撮った写真の台形補正しか機能がなかったと思うのですが、久々にアップデートしたところ、写真の取り込みができ…

Office2016の操作アシスト

Office2016には操作アシスト機能が搭載されています。 リボンタブの右にある「実行したい操作を入力してください」をクリックして利用する機能なのですが、結構便利な感じに仕上がっています。 重要な要素としては、フリーワードを拾ってくれる機能。例えば…

SharePoint 新機能

SharePoint Onlineの画面が新しくなって少し経ちますが、いつの間にやらフローやPower Appsの文字がメニューに現れるようになっていました。 フローはMicrosoft FLOW、Power Appsはその名の通りですね。 フローのメニューには作成ボタンがついており、押下す…

Exchange Onlineでの出来事

Outlook でメールの返信をすると誤った差出人が設定される - マイクロソフト コミュニティ こんな問題が発生することもあるんですね、、、現在対処方法がわからないため、手動変更対応中! 音楽:Yoru

Azure RMSのいろいろ

Azure RMSのポリシーテンプレートの最大数は400件となっており、大きい企業での利用時はテンプレート数が足りなくなることがあります。 また、Azure RMSのアクセスログについて、今年に入り、Azure Storageに自動保存となっています。従来は個別に用意したAz…

SharePointのコンテンツ管理画面

いつの間にか新しい画面に切り替わってますね。Audit Logといい、本格的にOffice Graphの利用が始まった感じですね。 現在、ライブラリがOneDrive風に変わったりと進化中のSPSですが、リストにもその波がやってきそうです。SharePoint管理センターから設定を…

セキュリティセンターとSharePoint

Office365のセキュリティタイルからはいるコンプライアンスセンター。 今まで取れなかったSharePointのアクセスログが記録されているようです。本日使ってみたので簡単に画面キャプチャ取っておきます。 タイルの下段右にある「セキュリティ」を押下 まだメ…

クロスプレミスとアクセス権

Office365 Exchange Onlineに移行する際などに一時的にハイブリッド環境を作り移行するケースなどがあります。 その際に、一部のユーザーがオンラインに移動し、一部のユーザーがオンプレに残った状態ができたとき、それをクロスプレミスと言ったりします。 …

Active Directoryと、Azure ADと、ADFSと、、、

Active DirectoryとAzure AD、この2者の違いでよく言われるのは Active Directory:企業向けAzure AD:ドメイン境界を抜けられないActive Directoryの弱点を克服した新しいAD のような感じでしょうか。 正直なところ、凝り固まった私の脳みそでは何言ってる…

要件定義の考え方。

プロダクト導入に関する要件定義の考え方について。コード開発がキャリアの始まりだった私は、プロダクトの導入(SharePointだったかな。)の要件定義について、どのように詰めていけばよいのか皆目見当がつかなかった覚えがあります。 当時、プロジェクト開…

Office365のセキュリティ機能

Office365のメニューの中にセキュリティという項目ができています。 どんな機能なのか、確認しようと入ってみたらほぼ英字、、、翻訳しながらみるのもしんどいので、ぱらぱらとみていたのですがIntuneやDLPなどのポータルとなっているのですね。 DLPはいかに…