Office365

Office365 アカウントのパスワード有効期限の通知

Windows 8以降には様々な内容をトースト表示する機能が備えられています。その一つに、Office365(Azure AD)アカウントの有効期限チェックが搭載されているようです。画像はWindows 10ですが、職場または学校アカウントと題し、パスワード有効期限の通知が…

Office365 Yammerの表示名がAzureADから同期するようになるようです

2018年2月15日よりYammerとOffice365のプロファイル同期の内容が変更となり、First NameとLast Nameの同期がDisplayName属性に代わるようです。 2018年1月3日の以下サイトの内容に上記の内容が記載されています。 https://support.office.com/en-us/article/…

Office365 Visio Online (Preview)は2017年12月末で終了しました

世間はすでに2018年になり今更感はありますが、Visio OnlineのPreview期間が2017年12月30日で終了となっていますので利用されている方は注意をしてください。 Visio Online自体は、正式リリースを経ているため、Previewを行っていた方は以下よりライセンスを…

Office365 アプリランチャーにフェデレーションしたサイトの情報が表示されていました

先日アイコンのチェックをした際にはなかったのですが、いつの間にやららOffice365 アプリランチャーに「その他」というグループが追加されていました。 【先日のアイコンチェック】 Office365 不思議なOffice365アイコンの差 - ()のブログ 【Office365に…

Office365 ATPがSharePointにも拡張されました

Office365 E5では、ATP(Advanced Threat Protection)という機能がありメールの添付ファイルや危険そうなURLをチェックしてくれる機能があります。 この機能がSharePoint、OneDrive、Teamsに拡張されることになったようです。 機能の有効化はOffice365 セキ…

Office365 TLS1.2未満の接続が3月以降行えなくなります。

Office365はHTTPSを用いた暗号化通信が行われます。 この暗号化通信でつかう暗号方式はTLSといって、様々な種類の暗号方式をブラウザのサポートレベルに合わせながら適用できるというものでした。 しかしながらTLSの古い規格であるTLS1.1などでは、暗号方式…

Office365 Streamの動画をSharePointに投稿してみよう

Office365のStreamですが、単独で利用することはもちろんですが、いろいろなユーザーに閲覧してもらうことを考えると、SharePointなどのポータルから閲覧できるようになると使い勝手が向上すると思います。 そこで今回はSahrePointへの投稿方法を見ていきま…

Windows10 動画をキャプチャしてみよう

Windows10には、ゲームバーと呼ばれるゲームの画面をキャプチャするための機能が搭載されています。実はこの機能はゲームだけでなく、ウィンドウの動作をキャプチャする機能でもあるのです。 この機能をうまく利用すると、Office365のStream用の素材を作成す…

Office365 Stream アップロード以外の機能について

前回の投稿で、Microsoft Streamに動画ファイルをアップロードしてみました。しかしながらStreamは動画をアップロードするだけの場所ではなく、共有する機能を有しています。今回はそれら機能を見ていきたいと思います。 まずはStreamポータルへ。動画のアッ…

Office365 Streamを利用してみました

魚のマークが特徴的なMicrosoft Stream。自動翻訳機能や人認識機能など、先進の動画解析技術が搭載されており、使いどころがかなりありそうな感じでしたがあまり触る時間がなく、機能があるんだ。程度で終わらせていたのでちょっと触ってみました。 まずは以…

Office365 Whiteboardアプリの設定

先日入れてみたWhiteboardアプリですが、実はOffice365の機能の一部だということがわかりました。汗 Windows 10 White Boardがでました - ()のブログ Office365管理センターのサービスとアドインを見ていると、そこにWhiteboardという項目が追加されていま…

Office365 Teamsのアクティビティが表示できるようになっていました。

Office365 管理センターに表示されるユーザーアクティビティですが、いつの間にかMicrosoft Teamsが表示されるようになっていました。 【管理センター:アクティブなユーザー】 アクティブなユーザーのダッシュボードを選択すると使用状況の表示画面に入れま…

Office365 不思議なOffice365アイコンの差

Office365を利用していると、メニューを用いてアプリケーションを行き来するケースが多くなってくると思います。そのメニューが最近新しくなってきていることはお伝えしていますが、アプリのアイコンも時折進化してきました。2017年12月時点でのアイコンおよ…

Office365 Exchange Onlineジャーナル機能を利用してみよう

Office365のExchange Onlineでは、ジャーナルルールを設定することができます。ジャーナルルールを設定すると、 設定したメールアドレスに対してOffice365で送受信したメールを転送することができるようになります。これを利用してどのようなメールがやり取…

Office365 リリースの名称が変更されています

Windows10やOfficeと同じ形でOffice365のファーストリリースの名称が変更されています。 呼び名はTargeted release。対象指定リリースですね。日本語訳にすると結構無理がある感じがするのは私だけでしょうか汗 マイクロソフトは、リリースの単位にリングと…

Office365 Teamsで通話系機能が利用できるようになります

Skype for businessで利用可能となっていた通話機能が、Microsoft Teamsで利用可能となります。 Intelligent Communications takes the next step with calling in Teams - Microsoft Tech Community Teamsで通話機能を利用する場合、Office365のE5もしくはP…

Office365 メッセージセンターのデフォルト設定が日本語翻訳に変更されています

Office365でよく見る機能の中で、唯一日本語が適用されていなかったメッセージセンターですが、とうとう翻訳されるようになりました。 翻訳者 Microsoftという記載があるように、翻訳の立役者はMicrosoft Translatorとなっていました。 翻訳者を押下するとTr…

Office365 メッセージセンター の1週間の概要送信機能

Office365では、週一で追加された機能や重要な情報をサマリーとして送信してくれる機能があります。 管理センター-メッセージセンターの設定で、「メールメッセージの1週間の概要を送信する」を有効化しておくことで、送付されてきます。 言語は英語ですが、…

Office365 SharePoint 徐々に進化するサイト編集機能

SharePoint Onlineの編集機能ですが、徐々に変化が起きているようです。コミュニケーションサイトの上部、ナビゲーションバーのリンクが英語になっていたためリンクをクリックしてみました。 【コミュニケーションサイト(旧)】 もともとは編集と記載されて…

Office DDEの不具合

Dynamic Data Exchangeという機能をご存知でしょうか。 最近はほとんど見ない気もしますが、例えばWordからExcelへデータを転送する際に用いる技術です。 結構幅広くデータの受け渡しができることもあり、私の周りではAccessからExcelへデータを渡し、加工前…

Office365 OneDriveの新規表記が新しくなっていました

OneDriveにファイルを上げた際、アップロード数日間は、新しいドキュメントのマークが表示されていましたが、この表示方法がさらに新しくなりました。 【旧バージョン(下から2番目の緑色のマーク)】 【新バージョン(下から2番目の3つ点のマーク)】 些細…

Office365 Bookingsの各画面

Bookingsの各画面について、確認してみました。 【予定表】 Office365利用者が確認する画面です。日、稼働日、週、月という表示方法を選択して誰にどれだけ予定が割り振られているのかを確認します。 担当者を指定しない予約も考慮されており、そのケースは…

Office365 Bookingsを入れてみました。

昨日有効化させたMicrosoft Bookingsをセットアップしていきたいと思います。まず、BookingsはOutlook on the webのアドオンのような作りになっており、アクセスは以下のOotWのアドレスから行う形になっていました。 https://outlook.office.com/owa/?path=/…

Office365 Business Appsというものが提供されています

Office365管理センターより、課金情報-サービスを購入するを選んでいくとアドオンのサブスクリプションの中にBusiness Apps(free)という項目が追加されています。 【課金情報】 【サービスを購入する】 無償ということなので、さっそく登録してみたいと思…

Office365 OutlookアプリでLAA機能が有効化されるようです

以下サイトによると、Office365 ProplusのOutlookでLarge Address Awareが利用できるようになったということです。 つまり、64bitOS上で、32bit Outlookを利用の場合、利用可能なメモリ領域が2GBから4GBに拡張されます。 Large Address Aware in Outlook 201…

Office365 Groupで論理削除機能が有効になるようです。

Office365グループですが、いったん削除してしまうと復旧することができないという仕様だったのですが、この度論理削除機能が有効となり、削除しても容易に復旧できる期間が設けられることになりました。 アナウンスでは12月から順次有効になるとのことだっ…

Office365 SharePoint Onlineのアプリ!

2017年7月の時点でSharePoint アプリの状況をお伝えしました。それからはや4か月、徐々に進化するSharePoint Onlineらしく、若干アプリに変化が訪れたようです。 【2017年7月のリンク】 Office365 SharePoint Onlineのアプリの現在 - ()のブログ 【2017年1…

Office365 OneDriveの共有設定について

Office365 OneDriveの共有設定画面が新しくなるようです。管理センターの各アプリ設定の画面です。 直接アクセスのパスは以下の形となっています。 https://admin.onedrive.com 【ホーム画面】 共有の内容を見ると、今まであったように既定の種類のほかに共…

Office365 Outlookでの優先受信トレイについて

Outlook on the webで利用できる優先受信トレイですが、Outlook利用時は利用できないという制約がありました。 【Outlook on the webでの優先表示】 優先という表示とその他(すべてを表示)にわかれ、表示することが可能となっています。 【Outlook】 この…

Office365 Skype for BusinessのAutodiscover設定は難しい

Skype for business オンラインで、どのような名前解決をされているか確認すべく、調査を行っているのですがなかなか難しいものですね。 DNSサーバーをたて、アクセス制限を行いながらチェックしたのですが、判断しきれませんでした汗 確認した方法は以下の…