Office365

Office365 Exchange OnlineでAzure RMSが自動有効となるようです

Office365 E3/E5を利用している場合Azure RMSが利用できますが、ライセンスを持っていても利用しない場合は以下の図のようにオフにすることができます。 特にAD RMSを利用している場合(オンプレの同様の機能)は、バッティングしないようにオフにしておく必…

Office365 ラベルアクティビティエクスプローラーとは

セキュリティ コンプライアンスセンターを開いていると、見慣れない2行になったメニューが増えていました。 名前は ラベル アクティビティ エクスプローラーラベルがうまく利用されているかをチェックするための機能のようです。 細かい機能の詳細はないかと…

Office365 生産性アプリでアラートが発生しました

半年くらい前に紹介した生産性アプリの検出(Cloud App Security)ですが、久々に覗いたところ、アラートが上がってきていたので紹介します。 Office365 生産性アプリの検出機能について - ()のブログ こんな感じにアラートにマークが表示されていました。…

Office365 Office Onlineのようこそ画面が更新されているようです。

Office Onlineのようこそ画面が全面的に更新されていました。 上部に新規作成のボタン群があり、下に最近利用したファイルが表示される形となりました。 Excel、Word、Power Pointがこの形になっていますね。 ちなみにOffice365 Proplusではまだ前のままです…

Office365 Proplusのデザインが変わります

立て続けに衝撃的な事実が。 Power and simplicity—updates to the Office 365 user experience - Microsoft 365 Blog Office2007発売以来、10年間にわたり親しまれてきたリボンが大きく変容するとの発表がなされていました。 そのイメージがこちら。リボン…

Office365 OutlookでBOXなどと連携ができるようになるようです

今日、管理者ポータルに入ったところ、アンケートの徴収がなされました。いつもと違う感じだなーと思いながら答えていたら、衝撃的な内容が入ってきました。 なんと、サードパーティークラウド(Box、DropBox、GoogleDrive)と連携し、添付ファイルとして直…

Office365 Outlook on the webのアドインサンプルを動作させる編

前回に引き続き、VSCodeを利用してアドインを動かしていきましょう。 まずはワークスペースフォルダを追加しましょう。 ソース管理の横にあるリポジトリの初期化ボタンを押しましょう。 以下アドレスよりClone or downloadを選択し表示されるダイアログよりD…

Office365 Outlook on the webのアドインサンプルを動作させるための手続き編

前回見たサンプルコードですが、動作までは見れていなかったので動かせるところまでもっていきたいと思います。 コーディングから離れてはやうん年、このタイミングでVSCodeを入れることになるとは。 このサンプルはhttpsで動作させる必要があるということで…

Office365 Outlook on the webのアドインにItem Sendイベントが追加されていました

OutlookのWeb版で一番欲しかった機能がいつの間にか登場していました。 On send feature for Outlook add-ins | Microsoft Docs ざっと読むと、個人のメールボックスでのみ利用可能なItem Sendイベントというものが提供されており、それを利用することで、送…

Office365 Microsoft 365 admin center?

Office365 管理センターがいつの間にか変容を起こしているようです。以下わかりますでしょうか。左上の文字がMicrosoft 365 admin centerに変わっています。 アドレスも、以下microsoft.com配下に変わってしまいました。 https://admin.microsoft.com/AdminP…

Office365 メッセージセンターを確認するための管理者権限が追加となります

Office365の管理者の機能に、メッセージセンターリーダーという閲覧権限が追加されます。 現時点ではまだ追加されていませんが、以下のサイトによるとメッセージを読む権利、週間ダイジェストを受け取る権利、そして、ユーザーやグループ、サブスクリプショ…

Office365 SharePoint 列のフィルター機能が強化されました

SharePoint Onlineのモダンリストの列ですが、列における設定が強化され、様々なことが行えるようになりました。 基本的な機能としては詳細設定から行えたことと同様ですが、ユーザーが一覧画面から変更できるということで、ちょっと並び替えしたい時などに…

Office365 Office Add-inの年齢確認が開始となってるようです。

ここでもGDPRの余波が。GDPR対応では未成年者の個人情報保護が重要となっているようで、Office add-inの利用に際して管理者が利用の有無度同意するためのスキームが加わるようです。 Office 365 管理センターでの Office 365 のアドインの展開を管理します。…

Office365 機能ごとに異なるグループの種別名称を統一してくれるそうです

以下サイトにOffice365のグループ種別統一の話が出ていました。 Updates to terminology used for Office 365 Groups, Distribution Lists, and Security Groups - Microsoft Tech Community - 196553 要約すると、管理センターやExchange管理センターなどそ…

Office365のGDPR対応

2018年5月25日に施行され、IT系の話題でも様々なところで話が出てくるGDPRですが、Office365でもGDPRへの対応は行われています。 セキュリティコンプライアンスセンターのホームの一番目立つところに、GDPRダッシュボードへの入り口が。 入っていくと、GDPR…

Office365 新しいログイン画面がプレビューできるようになりました

先月アナウンスされていた、Office365の新しいログイン画面ですが、さっそくプレビューできるようになった様です。通常画面の右下より、今すぐ新しいデザインのプレビューを実行するを押下しましょう。 【通常画面】 すると、中央の画面がよりシンプルな形に…

Office365 WhiteboardがGAとなるようです

2017年12月にプレビューが始まったMicrosoft Whiteboardですが、半年を経てこの夏、GAとなるようです。それに先駆け、Offic365の管理センターより、Whiteboardの有効化を選択する画面が提供され始めました。 もともとWhiteboard(プレビュー)のみオンオフが…

Office365 攻撃シミュレーターの多彩な攻撃について

前回までに紹介したスピアフィッシング以外に、シミュレーション可能な攻撃が2種あります。 ブルートフォース パスワード攻撃とパスワードスプレー攻撃の2種です。 今回はそれぞれ動かしてみましょう。 まずはブルートフォース パスワードから。 設定の流れ…

Office365 SharePoint Onlineで障害が発生していたようです。

近頃Office365ではユーザー影響を伴う問題がちょっと多めに発生している印象がありますが、今日もSharePoint Onlineで障害が発生していました。 障害の内容は、OfficeアプリでSharePoint上のファイルを開こうとすると認証ダイアログが表示され先に進めなくな…

Office365 攻撃シミュレーターを起動してみました

前回までに多要素認証と初期セットアップをおえ、いよいよ攻撃ができる状態になりました。 ので、三つあるうちのスピアフィッシングを試してみます。 攻撃の詳細を見てみると、、、 不正なURLを踏ませるタイプの問題のようです。早速攻撃の開始を行ってみま…

Office365 多要素認証を有効化してみました

セキュリティ/コンプライアンスセンターにある、脅威の管理という項目に最近よく更新が入っています。 この項目に、ちょっと面白そうな機能があったので前々から使てみたいなーと思っていました。それは、攻撃のシミュレーションという項目で、疑似的な攻撃…

Office365 自社テナント外のアクセス制限について

Office365などのクラウドの世界では、利用者すべてが一つのアドレスに対しアクセスを行い、CDNなどを介して利用者個人に関連する情報を返す。という動作となります。 この動作自体は入り口さえ覚えておけばアクセスは非常に容易に行うことができるという利点…

Office365 SharePoint Onlineのバージョン管理が最低100バージョンになるようです。

なんだかすごいことが記載されているようです。 7月より、SharePoint Onlineのバージョン設定のうち、メジャーバージョンの最低保持数が100となるようです。 https://techcommunity.microsoft.com/t5/SharePoint/Versioning-update-to-Document-Libraries-in…

Office365 SharePoint Onlineのサイトコレクションに既定の共有設定がてきようできるようになるとのことです

SharePoint Onlineの共有設定といえば、管理センターの共有よりテナント全体の設定を行う箇所と、サイトコレクションごとに共有設定を変更する箇所の2か所でしたが、これに新たな共有設定が追加されるようです。 【テナントの設定】 【サイトコレクションご…

Office365 SharePointでの利用可能容量が増加されます

2018年7月1日以降、SarePoint Online上のディスク容量が拡大されることになったようです。 https://techcommunity.microsoft.com/t5/SharePoint-Blog/Increase-in-SharePoint-Online-storage-allocation/ba-p/187617 上記サイトによると、今までユーザーごと…

Office365 Exchangeのメッセージとレースがセキュリティコンプライアンスセンターに移植されます

セキュリティ/コンプライアンスセンターにメールフローの項目が移植されてきました。 【旧セキュリティ/コンプライアンスセンター】 脅威の管理とData Privacyの間にメールフローの項が。中身としては、ダッシュボードとメッセージ追跡の2種がありました。 …

Office365 ADFSなどの画面が新UIに変更されるようです。

Office365のログインUIが変更するという話題が先月出ていますが、とうとうこの案内がログイン画面の下部に表示されるようになっていました。 Office365 ログイン画面がまたまた変わるようです - ()のブログ 6月中旬に画面がかわるという案内が表示されてい…

Office365 セキュリティセンターの検疫がさらに拡張されるようです

先日発表のあったセキュリティセンター、ATPの検疫機能ですが、さらにExchange Online側も拡張が入ってくるようです。 【先日の発表】 Office365 SharePoint / OneDriveの ATPで検出されたアイテムが検疫に表示されるようになるようです - ()のブログ 今回…

Office365 Windows Phone向けSkype for businessアプリが終了するようです

マイクロソフトの年次計画を知るためのイベント、Microsoft Build 2018が開幕しており、新しい事柄がどんどんと発表されている中ですが、2018年5月20日をもってWindows Phone向けSkype for businessのアプリがストアから姿を消すようです。 https://support.…

Office365 接続先IPの変更通知がXMLからRESTサービスに変更となるようです

ファイアウォールなどで通信データを制御している場合、以下のページでアクセス先を確認し、設定を行うケースは多々あるかと思います。 Office 365 URL および IP アドレス範囲 - Office 365 これを見ていたところ、以下のように注意書きが追加されており、W…