Office365

Office365 Teamsのプレゼンスがリアルタイム更新となるようです

Teamsを多用している人はなんとなくわかると思うのですが、ユーザーのプレゼンスはオンライン後15分経つと離席という扱いとなります。 上記のダイアログで、名前アイコンの右下にある×で表示されているところが緑色からオレンジ色になるまでの時間が15分ほど…

Office365 SharePointのサイトの利用状況がバージョンアップしています

SharePoint Onlineではサイトの利用状況という機能があり、サイトへのアクセス量を確認することができるようになっています。 この機能がバージョンアップして、サイトのトラフィックなどが表示できるようになっていました。 今まではユニーク訪問者と訪問数…

Office365 新しいテーマが追加されました

Office365ではテーマというものを利用してヘッダーバーにイメージを付ける機能があります。 これを利用して自分の好みな形にカスタマイズすることができるのですが、新たに虹、リボン、ユニコーンの3種が仲間入りしていました。 【私はいつも楽しいひと時を…

Office365 Forms ProがGAとなるようです

2019年4月に利用可能となっていたForms Proですが、早くも7月1日より一般リリースとなることが決まったようです。 前回プレビューの登録方法を説明させていただいていますが、この手順を用いてプレビュー登録している場合、7月30日まで無償でForms Proを利用…

Microsoft 製品・サービスのライセンス条件について

マイクロソフト製品はプロダクトからサービスまであらゆる種類のもので成り立っていますが、それぞれに利用条件が存在しています。 インストール時や利用開始時にライセンス条項の確認が入りますが、のちにどのような内容だったか確認したくなる時があります…

Office365 組織ブランドの最新状況

Office365では、ユーザーの組織に対する仕組みであることを簡単に示すためのブランド化という仕組みが備わっています。 ログイン画面やOffice365のヘッダーに会社名やロゴを埋め込むための機能なのですが、時々設定箇所が変わり、会社のロゴなどがいつの間に…

Office365 Teamsに優先通知機能が用意されるようです

2019年7月より、Teamsに優先通知という機能が新たに追加されるようです。 この機能はかなり急ぎの依頼をメッセージの受信者に処理させるため、受信者が気が付くまで20分間通知し続けるという機能となっています。 この設定が、Teams管理センターのメッセージ…

Office365 ProPlusでTeamsが自動でインストールされるようになるようです

2019年2月にお伝えしたOffice365 ProPlusにTeamsが仲間入りする話が出た際は、Office カスタマイズツールをもちいてTeamsのインストール制御を行うことはできませんでした。 http://mitomoha.hatenablog.com/entry/2019/02/17/023351 カスタマイズツールを操…

Office365最新情報のリンクについて

2019年5月の頭にMicrosoft365 管理センターにWhat’s New?というリンクが追加されたというお話をしましたが、これが日本語化され最新情報という名のリンクに変わっていました。 http://mitomoha.hatenablog.com/entry/2019/05/01/015104 単純に日本語化され…

Office365 SharePoint テナント当たりのHubSiteの最大数が大幅増になります

2018年に紹介したSharePointのサイト間を紐づけるためのハブサイトですが、2019年7月よりテナント当たり2000個までハブサイトを作成できるようになるようです。 http://mitomoha.hatenablog.com/entry/2018/11/13/021604 当時の投稿の通り、2019年6月時点で…

Office365 SharePoint共有にファイルのパスワード付与機能が追加されるようです

SharePointといえば、社内外でデータの共有機能として利用するケースが最近のトレンドですが、今まではMSAを用いて相手をログインレベルで招待するか、無制限にリンクを知っている人全体に公開するしか共有方法が提供されていませんでした。 そこに手が入る…

Office365 SharePoint Onlineの検索窓がOffice365バー上に展開されるようになりました

数か月前より、Office365ポータルに検索窓が表示されるようになりましたが、とうとうSharePointでもこの検索窓が採用されるようになったようです。 【Office365ポータルの検索窓】 SharePointサイトの中では、サイト内検索として動作するため、旧来のサイト…

Office365 2017年までに作成したテナントでExchangeのモダン認証設定が有効となるようです

Office365のモダン認証(ADAL認証)をご存知でしょうか?利用者側はあまり意識することは無いのですが、Office365アプリケーションを利用する際、認証をクライアントからではなくOffice365側から依頼させて認証を行うという仕組みです。 これを利用すると、…

Office365 SharePoint 管理センターが新しくなっていました

久しぶりにSharePoint管理センターを開いたところ、全画面の案内が出てきました。 すべてのサイトコレクションを表示、、と書いてありますね。とうとうモダンサイトとクラシックサイトを統合するUIが提供されるようになったようです。 OKを押してみたところ…

Office365 Bing for Businessが利用できるようになっていました

本日、ふとMicrosoft 365管理センターを閲覧していたところ、サービスとアドイン内にBingでのMicrosoft Searchという項目が追加されていました。 【BingでのMicrosoft Search切り替え】 昔Microsoft Searchという項目だったところですね。 http://mitomoha.h…

Office365 SharePoint ドキュメントセットがモダンリストに対応していました

SharePoint Onlineは最近ファイル格納の場所という感が強いのですが、本来ファイルとメタデータを紐づけて管理したり、ファイルによらないデータを保持できるという面が売りであったりします。 そんなSharePointですが、複数ファイルに簡単に同一のメタデー…

Office365 Proplus管理サイトの設定について

さて、前回紹介したProplus管理サイトを利用してポリシーを構成してみましょう。 【前回の記事】 http://mitomoha.hatenablog.com/entry/2019/05/27/021410 合わせてセキュリティアドバイザーもチェックできればと思います。 それでは、ポリシーの構成を行っ…

Office365 Proplus管理サイトがリリースしています

Office365 Proplusの構成をインストール時にカスタマイズする方法として、構成カスタマイズツールというものがあるという話を2018年にしていますが、この機能の拡張版として、オンライン上で構成情報を配信する、Officeポリシーの管理という機能が追加されま…

Office365 エンドポイントとCDNの関係について

Office365を利用する際にはIPアドレスやドメイン名などのエンドポイントを意識してネットワークアクセスを制御することがあります。特にネットワークを強固に管理しているケースではOffice365に限らず多くのケースで、Proxyなどを通じ、アクセスできるURLを…

Windows10 1903リリースしました!

2019年5月23日、Windows10 1903がSACとなり一般ユーザーにリリースされました。 1903という名前の通り、従来であれば3月末(4月初頭)にリリースされるのですが、1809のリリース問題を糧に、2か月近くのリリース準備期間をもってのリリースとなりました。 今…

Office365 Teamsのチャットルームの最大ユーザー数が100人に緩和されることになりました

唐突ですが、Office365の機能のうちTeamsは有効活用されていますか? Teamsの主要機能はプレゼンス(在席確認)、Web/電話会議、IM(インスタントメッセージ)とありますが、このうちIMの利用制限が緩和されることが決まったようです。 今回緩和されるのは、…

Office365 Teamsの会議画面のメニュー配置が変更となるようです

Skypeの統合のシナリオがどんどん進んでいるTeamsですが、会議の画面配置を変更する話が出ているようです。 2019年6月中旬から8月にかけ、現在したと右にあるメニューが会議の下部にまとめられる形になります。 以下が現在の会議の表示です。 これが、以下の…

Office365 OneDrive for Businessのゲストアクセスで同期が行えるようになるようです

Office365にはゲストアクセスという機能があり、自分が所属していないテナントにメールアドレスを登録してもらうことで、そのテナントへのアクセス権を付与してもらうという機能があります。 その機能はWebシステムやTeamsなどで有効だったのですが、ここにO…

Office365 YammerのヘッダーがほかのOffice365のヘッダーと同様になるようです

YammerがOffice365の一部となり、ユーザー情報が同期されるようになってからはや2年近くがたちます。そんな中、さらにOffice365とYammerが近づく話が上がってきました。 2019年7月中旬までに、Office365のヘッダーとYammerのヘッダーが同じ内容になるとのこ…

Office365 URLとIP一覧の読み解き方

Office365を管理している方であれば一度はURLとIPの一覧ページを見たことはあるかと思います。 https://docs.microsoft.com/en-us/office365/enterprise/urls-and-ip-address-ranges このページでは、表記された各URL、IPがどの機能で利用されているか、また…

Office365 マネジメントPowerShellへのつなげ方

Office365の管理を行っていると、最初のうちはブラウザを立ち上げて、管理センターに入り、各種アプリの管理を実施するという流れがあるかと思います。 最初はそれでも問題なく対応できることが多いのですが、だんだんとタスクが増えてきて、自動化していき…

Office365 Teamsに情報障壁という機能が追加されるようです

Teamsにあたらな機能が追加されるようです。セキュリティ関連の機能となり、指定したユーザー間での情報共有を禁止するためのものとなります。その名も情報障壁! 情報障壁というと耳慣れしない感じがとても強いですが、英字ではInformation Barriersという…

Microsoft ライセンス条項について

Office365やWindows10を利用する際に欠かせないことは何でしょう。 そうなんです、一番重要なことはライセンス条項を確認すること。私もこのサイトでインストール説明を行う際にはライセンス条項は必ずチェックしましょうと連携させていただいていたりするの…

Microsoft365 管理センターに更新情報のリンクが付くようになりました

Office365の管理センターがMicrosoft365管理センターとなってからずいぶん経ちますが、この管理センターの上部にWhat's new?という項目が表示されるようになりました。 ページトップの右側ですね。プレビューをオンにした場合のみ表示される形となっている…

Office365 Teams一括アプリをインストールしてみました

Teamsが一括インストールできるようになったことで、どのようなインストール動作になったのか試してみたいと思います。 まず今回は、以下のURLからダウンロードしたファイルを利用してみます。 https://teams.microsoft.com/downloads/desktopurl?env=produc…