Office365

Office365 Microsoft FormsがEシリーズで一般リリースとなるようです

6月にプレビューとなっていたMicrosoft Formsですが、2018年2月15日より一般リリースとなるようです。 使用感は以下を参照してもらいたいのですが、To-Doなどと同じでこのFormsも初期状態がオンになるため、利用想定がない場合はライセンスをオフにすること…

Office365 管理センター サービスとアドインが少し変わりました

管理センター内のサービスとアドインの画面が少し変わりました。 Whiteboard、Teams、Docs、To-Doの設定画面からそれぞれの名前が消えています。 【サービスとアドイン】 名前が消えていたのはこの4つのみで、その他は今まで通り名前がある状態でした。 名前…

Office365 管理センターでパスワードを無期限にすることを推奨し始めました

Office365 管理センターに「おすすめ」が表示されるようになりました。 【管理センター】 1つ目のおすすめとして、パスワードの期限を無期限にすることを勧めてきてくれました。 前に何度かネタとして取り上げていると思いますが、やはりパスワードを時折変…

Office365 To-Do リリースによってライセンスの切り替え方法が変わっています

Microsoft To-Doですが、年末までにGAしています。このGAに際してライセンス有効化の手段が変更になっているので注意が必要です。 現在のライセンスはユーザーの設定内にあるライセンス切り替えの画面で設定するものが正となっています。 今まで利用できたサ…

Office365 Outlook REST API v1.0は2018年11月までに利用不可となります。

昨日の続きのような形になるのですが、 Outlook REST API v1.0が利用できなくなり、Microsoft Graph API、Outlook REST API v2.0を利用していくよう勧告が出ています。 以下サイトにあるように、Outlook REST API v1.0は2018年11月1日には基本認証ができなく…

Office365 Microsoft Graph Reporting APIのリリース

昨年末の2017年12月18日にMicrosoft Graph Reporting APIがGAしていました。 パブリックプレビューの開始が同年4月だったので8か月でのリリースでした。 Office365 Reporting Web Serviceの終焉とMicrosoft Graph reporting API Public Previewの公開 - ()…

Office365 やはり出ました。Meltdown and Spectreの影響で利用が一部停止したそうです

Office365もMeltdown、Spectreの影響下にあり、マイクロソフトは対応を進めてほぼ完了。という話題は既報の通りですが、Office365で該影響が発生したケースが出たようです。 MeltdownとSpectreの影響について - ()のブログ 影響が報告されたのは佐賀県庁。…

Office365 Excel 2016の先行リリースでマクロを利用するとクラッシュすることがあるそうです

以下サイトで述べられているのですが、Excel 2016の1712において、Workbook_Openが起動時に動作しその中でフォームをモーダルで呼び出している場合、フォームを閉じだ際にExcelがクラッシュするようです。 Excel 2016 バージョン 1712 で Workbook_Open から…

MeltdownとSpectreの影響について

世間を騒がせているMeltdownとSpectreという、CPUの構造的問題から来る、関連のないプロセスがカーネル領域(システムが利用する領域)を読み取れてしまうという脆弱性ですが、2018年1月2日ごろから様々なところで話題に上がり始めたのにもかかわらず、すで…

Office365 アカウントのパスワード有効期限の通知

Windows 8以降には様々な内容をトースト表示する機能が備えられています。その一つに、Office365(Azure AD)アカウントの有効期限チェックが搭載されているようです。画像はWindows 10ですが、職場または学校アカウントと題し、パスワード有効期限の通知が…

Office365 Yammerの表示名がAzureADから同期するようになるようです

2018年2月15日よりYammerとOffice365のプロファイル同期の内容が変更となり、First NameとLast Nameの同期がDisplayName属性に代わるようです。 2018年1月3日の以下サイトの内容に上記の内容が記載されています。 https://support.office.com/en-us/article/…

Office365 Visio Online (Preview)は2017年12月末で終了しました

世間はすでに2018年になり今更感はありますが、Visio OnlineのPreview期間が2017年12月30日で終了となっていますので利用されている方は注意をしてください。 Visio Online自体は、正式リリースを経ているため、Previewを行っていた方は以下よりライセンスを…

Office365 アプリランチャーにフェデレーションしたサイトの情報が表示されていました

先日アイコンのチェックをした際にはなかったのですが、いつの間にやららOffice365 アプリランチャーに「その他」というグループが追加されていました。 【先日のアイコンチェック】 Office365 不思議なOffice365アイコンの差 - ()のブログ 【Office365に…

Office365 ATPがSharePointにも拡張されました

Office365 E5では、ATP(Advanced Threat Protection)という機能がありメールの添付ファイルや危険そうなURLをチェックしてくれる機能があります。 この機能がSharePoint、OneDrive、Teamsに拡張されることになったようです。 機能の有効化はOffice365 セキ…

Office365 TLS1.2未満の接続が3月以降行えなくなります。

Office365はHTTPSを用いた暗号化通信が行われます。 この暗号化通信でつかう暗号方式はTLSといって、様々な種類の暗号方式をブラウザのサポートレベルに合わせながら適用できるというものでした。 しかしながらTLSの古い規格であるTLS1.1などでは、暗号方式…

Office365 Streamの動画をSharePointに投稿してみよう

Office365のStreamですが、単独で利用することはもちろんですが、いろいろなユーザーに閲覧してもらうことを考えると、SharePointなどのポータルから閲覧できるようになると使い勝手が向上すると思います。 そこで今回はSahrePointへの投稿方法を見ていきま…

Windows10 動画をキャプチャしてみよう

Windows10には、ゲームバーと呼ばれるゲームの画面をキャプチャするための機能が搭載されています。実はこの機能はゲームだけでなく、ウィンドウの動作をキャプチャする機能でもあるのです。 この機能をうまく利用すると、Office365のStream用の素材を作成す…

Office365 Stream アップロード以外の機能について

前回の投稿で、Microsoft Streamに動画ファイルをアップロードしてみました。しかしながらStreamは動画をアップロードするだけの場所ではなく、共有する機能を有しています。今回はそれら機能を見ていきたいと思います。 まずはStreamポータルへ。動画のアッ…

Office365 Streamを利用してみました

魚のマークが特徴的なMicrosoft Stream。自動翻訳機能や人認識機能など、先進の動画解析技術が搭載されており、使いどころがかなりありそうな感じでしたがあまり触る時間がなく、機能があるんだ。程度で終わらせていたのでちょっと触ってみました。 まずは以…

Office365 Whiteboardアプリの設定

先日入れてみたWhiteboardアプリですが、実はOffice365の機能の一部だということがわかりました。汗 Windows 10 White Boardがでました - ()のブログ Office365管理センターのサービスとアドインを見ていると、そこにWhiteboardという項目が追加されていま…

Office365 Teamsのアクティビティが表示できるようになっていました。

Office365 管理センターに表示されるユーザーアクティビティですが、いつの間にかMicrosoft Teamsが表示されるようになっていました。 【管理センター:アクティブなユーザー】 アクティブなユーザーのダッシュボードを選択すると使用状況の表示画面に入れま…

Office365 不思議なOffice365アイコンの差

Office365を利用していると、メニューを用いてアプリケーションを行き来するケースが多くなってくると思います。そのメニューが最近新しくなってきていることはお伝えしていますが、アプリのアイコンも時折進化してきました。2017年12月時点でのアイコンおよ…

Office365 Exchange Onlineジャーナル機能を利用してみよう

Office365のExchange Onlineでは、ジャーナルルールを設定することができます。ジャーナルルールを設定すると、 設定したメールアドレスに対してOffice365で送受信したメールを転送することができるようになります。これを利用してどのようなメールがやり取…

Office365 リリースの名称が変更されています

Windows10やOfficeと同じ形でOffice365のファーストリリースの名称が変更されています。 呼び名はTargeted release。対象指定リリースですね。日本語訳にすると結構無理がある感じがするのは私だけでしょうか汗 マイクロソフトは、リリースの単位にリングと…

Office365 Teamsで通話系機能が利用できるようになります

Skype for businessで利用可能となっていた通話機能が、Microsoft Teamsで利用可能となります。 Intelligent Communications takes the next step with calling in Teams - Microsoft Tech Community Teamsで通話機能を利用する場合、Office365のE5もしくはP…

Office365 メッセージセンターのデフォルト設定が日本語翻訳に変更されています

Office365でよく見る機能の中で、唯一日本語が適用されていなかったメッセージセンターですが、とうとう翻訳されるようになりました。 翻訳者 Microsoftという記載があるように、翻訳の立役者はMicrosoft Translatorとなっていました。 翻訳者を押下するとTr…

Office365 メッセージセンター の1週間の概要送信機能

Office365では、週一で追加された機能や重要な情報をサマリーとして送信してくれる機能があります。 管理センター-メッセージセンターの設定で、「メールメッセージの1週間の概要を送信する」を有効化しておくことで、送付されてきます。 言語は英語ですが、…

Office365 SharePoint 徐々に進化するサイト編集機能

SharePoint Onlineの編集機能ですが、徐々に変化が起きているようです。コミュニケーションサイトの上部、ナビゲーションバーのリンクが英語になっていたためリンクをクリックしてみました。 【コミュニケーションサイト(旧)】 もともとは編集と記載されて…

Office DDEの不具合

Dynamic Data Exchangeという機能をご存知でしょうか。 最近はほとんど見ない気もしますが、例えばWordからExcelへデータを転送する際に用いる技術です。 結構幅広くデータの受け渡しができることもあり、私の周りではAccessからExcelへデータを渡し、加工前…

Office365 OneDriveの新規表記が新しくなっていました

OneDriveにファイルを上げた際、アップロード数日間は、新しいドキュメントのマークが表示されていましたが、この表示方法がさらに新しくなりました。 【旧バージョン(下から2番目の緑色のマーク)】 【新バージョン(下から2番目の3つ点のマーク)】 些細…