読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Office365 Direct Report機能の有効化される時期が変更になるようです

当初3/13からDirect Report用のOffice365グループ作成機能が有効化されるという案内があったのですが、予定していた開始タイミングが急だったこともあり、ちょっと変更となったようです。 具体的にはMC94808の案内が通知されたユーザーにのみ提供する方針と…

Office365 Exchange Online インプレースの電子情報開示と保持(e-Discovery機能)の統合について

Exchange Onlineで利用可能なインプレース電子情報開示と保持の機能ですが、2017/7/1以降利用できなくなり、セキュリティセンターに移管されることとなりました。 【Exchange管理センターのインプレースの電子情報開示と保持】 最近はこのセキュリティセンタ…

Office365 Exchange Onlineでの代理送信権限

Exchange では、複数人でメールボックスを共有する場合、共有メールボックスを作成します。 この共有メールボックスですが、複数の人が同じIDでログインして利用するようなモデルではなく、ユーザーにメールボックスを紐づけてACLで管理するというモデルで成…

Office365 Exchange のAutodiscoverの仕組みについて

Autodiscoverはやっぱり難しいです。 今日もまた難題にあたりました、、、 Autodiscoverの接続先ドメインは、自身が見えるメールボックスのうち、ドメイン名をとります。 電子メールの自動構成のテスト画面の自分のメールボックスの場合はAutoDiscoverSMTPAd…

Office365 SharePoint チームサイトのページ作成機能が強化されていました

Teamsのリリースに合わせてチームサイトの作成画面も新しくなったようです。 といってもTeam作る際に自動的に作成されるので、実は使う機会がめっぽう減っているかもしれません。 以下にて順合わせてみていきましょう。 まず、サイト名称の入力が。ここで、…

Office365 Outlookのキャッシュモードにご用心

Office365のExchange Onlineを利用する場合、クライアントとしてOutlookを使うケースは多くあると思います。 その中で、Outlookのプロファイル作成時にオンラインモード、キャッシュモードを選ぶことが可能です。オンラインモードはその名の通り、オンライン…

Office365 Outlookの連絡先が自動的に変更される場合

先日、Outlookの連絡先が自動的に書き換わり、さらに変わった点がメモ欄に記述される。という、不思議なことが起きたので紹介します。 事象は記載の通りなのですが、なんでこんなことが起こるのかいろいろ調べていると、直接の表記ではないもののTechnetに不…

Office365 Exchangeでモダン認証

Office365を利用されている方においては、すでにOffice2016を利用されている方もいれば、Office2013、Office2010などの旧バージョンのOffice 製品を利用している方もいらっしゃると思います。 片や、企業利用でADFSを有効活用してSSO環境を構築している方はO…

Office365 Autodiscoverの動作範囲つづき

先日Autodiscoverの話題を上げましたが、今回はその続きとなります。 前回、共有ユーザーのメールボックスをフルコントロールで接続する際もAutodiscoverが必要になるため、忘れないようにしましょう。という内容の投稿でした。 今回は追加で予定表でも必要…

Office365 Autodiscoverの動作範囲

Office365,特にExchangeを利用する際はOutlookクライアントが要求するネットワーク構成が複雑化します。 これは、一般ユーザーには設定を楽にさせる反面、管理者にその複雑さを持ってもらおうという設計思想から来る問題なのですが、そんなユーザーを楽にさ…

Office365 ProPlusのOffice2013 バージョンが終焉を迎えます

2017年2月28日をもってOffice2013バージョンのOffice365 ProPlusがダウンロードできなくなるようです。 https://support.microsoft.com/ja-jp/help/3199744/support-for-the-2013-versions-of-office-365-proplus-ends-february-28,-2017 対象となるのは以下…

Office365 Exchange Online+Office365グループでグループメールが送付できるようになるようです

Office365グループについて、グループでの代理送信ができるようになるとのメッセージがメッセージセンターにて通知されました。 Allow members to send as or send on behalf of an Office 365 Group - Admin help - Office 365 手元の環境で確認しましたが…

Office65 Exchange OnlineでCBA(証明書認証)が利用できるようになっていました

オンプレのExchangeでは利用可能だった、iOSやAndroidでの証明書認証ですが、Offie365でも証明書認証ができるようになっていました。 ちょっと前までプレビューで提供されていましたが、12月にGAしたとのことで安心して利用ができるようになりました。 Certi…

Office365 PowerShellの効率的な接続について

PowerShellを利用してOffice365(Exchange Online)に接続する際、Get-Credentialを利用して接続用クレデンシャルを作成するケースは多いかと思います。この方法では、都度ID/パスワードを入力する必要があるため、管理業務で都度接続を行うようなケースでは…

Office365 Exchageで利用されるキャラクタセット・エンコードについて

OutlookではキャラクタセットにISO-2022-JP、エンコードにquoted-printableが多く使われることになりますが、メールのデコードに失敗して文字化けしたりするケースがたびたび発生します。 基本的にはメールヘッダにキャラクタとエンコードを指定しておけばメ…

Office365 Exchange Onlineの受信コネクタ利用時の注意点

Exchange Onlineはクラウドサービスが故のExchange Serverと使い勝手が異なる点がいくつかあります。 先日取り違えてえらい目にあった1例を紹介します。 受信コネクタは特定のサーバーをIPなどで指定し、その指定されたIPから情報が来た場合に指定した動作を…

Office365 Exchange Onlineのデフォルトメールボックスサイズが倍増するようです

Office365 Exchange Onlineですが、現在のメールボックス最大サイズは50GBでした。 これが1月末までに100GBに拡張されるようです。すでに拡張は始まっているようで、メッセージセンター上では順次展開となっていました。 対象はE3,E4,E5,ExO P2ということで…

Office365 SPO電子メールアドレスについて

Skype for businessの仕様を確認する中で電子メールアドレスに不思議な項目を見つけたので、情報をメモしておきます。 Outlookの連絡先を開き、電子メールアドレスの欄をみると、いつの間にかSPOというタイプが増えています。 公式な内容は見つけられなかっ…

Office365 MAPIとIMAPのInterOPについて

Office365のメールボックスについては、通常Outlookを使いMAPIで利用するケースが圧倒的だと思います。その際に利用可能な文字種がIMAPと差があるために相互運用に問題が出た事例を紹介します。 MAPIで作成可能なフォルダの差で起きた事例なのですが、MAPIで…

Office365の制限事項

Office365を利用する中で、意識が必要となる制限事項がいくつかあります。 主なところでは以下のURLにまとまっています。 Exchange Online の制限 SharePoint Online ソフトウェアの境界と制限 - Office のサポート Skype for Business Online の制限 「Azur…

Office365の見た目が変わっています

最近Office365はPowerShellでの設定がメインになっていたため、自分でGUIをいじるケースが少なかったのですが、徐々に革新してくるという状況は今なお続いています。 メニューはスマートになり、、、(おそらくWindows 10に合わせてきたのでしょうか。) Adm…

Exchange Onlineでの出来事

Outlook でメールの返信をすると誤った差出人が設定される - マイクロソフト コミュニティ こんな問題が発生することもあるんですね、、、現在対処方法がわからないため、手動変更対応中! 音楽:Yoru

クロスプレミスとアクセス権

Office365 Exchange Onlineに移行する際などに一時的にハイブリッド環境を作り移行するケースなどがあります。 その際に、一部のユーザーがオンラインに移動し、一部のユーザーがオンプレに残った状態ができたとき、それをクロスプレミスと言ったりします。 …