SCCM1702インストール前の事前インストールを行ってみました

SCCMを導入する前に、事前にインストールする必要のある項目が多々あるため、設定を行っておきます。 まず、SCCMではスキーマ拡張が必要となるので、まずは実行しちゃいましょう。 スキーマ拡張にはSchema Adminsに参加している必要があります。そのため、AD…

SQL Server 2017をインストールしてみました

ちょっと思うところがあって、SCCMのインストールを試みようと思っています。今回はその前段となるSQL Serverの導入をすすめてみたいと思います。SQL Serverは2017を利用してみました。 MSDNのISOを用いてインストールを進めてみます。サーバー間連携を行う…

Office365 セルフパスワードリセットを有効化してみました。

企業のシステムの中でヘルプデスクを開設するケースはよくあると思いますが、そのヘルプデスクの主なサポート内容として知られる、パスワード忘れ。 Office365ではそんなパスワード忘れに対する方法として、セルフリセット機能を用意しています。初期状態で…

Office365 SharePoint/OneDriveのむ応答セッションタイムアウトが実装されるようです

Office365では、ログイン後のセッション有効期間をどんどん伸ばす取り組みを続けてきましたが、ここにきて、利用がされていない状況の場合に該当セッションを破棄するという実装がなされることになったようです。 Sign out inactive users - Office Support …

Office365 SkypeとTeamsが一つのカテゴリに!

Microsoft 365 admin centerに変わって初めての大きな変更でしょうか。Skypeの管理センターがTeamsとSkypeの管理センターに変わっていました。 サービスとアドインにあるTeamsを確認すると、設定が移動したことがわかる文面が。 特にメッセージングはすでに…

Office365 アプリ アクセスパネルという機能がありました

Office365はそれなりに利用していたと思っていたのですが、まだまだ分かっていない機能が多々ありますね。その中の一つ、アクセスパネルを紹介します。 以下アドレスにOffice365アカウントでログインすると利用できる機能なのですが、単純にMS系のアプリを起…

Office365 SharePoint Onlineのサイトの利用状況が更新されていました

2018年5月頃に紹介した利用状況のリアルタイム化ですが、サイトの作りが更新され、リアルタイムに表示がなされるようになっていましたので紹介します。 Office365 SharePointの利用状況がリアルタイム表示となるようです。 - ()のブログ サイトの利用状況…

Windows10 Insider Preview Build 17713でました。

恒例ですが、今週も新Insider Preview、Build 17713がリリースされました。 実はもう7月。現在のInsider Previewがリリース版になるのは9月予定ですから、もうそろそろ機能を固めていく必要があるのでしょう。RS4までと同様に今後、Skip Ahead(1904向けのIn…

Office365 Microsoft Teamsに無償エディションが誕生しました

なんとMicrosoft Teamsに無償エディションが誕生しました。 https://products.office.com/ja-jp/microsoft-teams/free ユーザーごとに2GBのストレージと、共有領域10GBが提供され、最大300人までで共有しながら利用できるという内容となっています。 スケジ…

Windows10 Project Honolulu改めWindows Admin Centerをインストールしてみました

Windows Server 2019の発表に前後して、Project HonoluluというWindows管理コンソールが発表されていましたが、いつの間にか正式名称が発表されて、Windows Admin Centerという名になったとの情報が。 Windows Admin Center Overview | Microsoft Docs せっ…

Windows10 クリップボードとOneDriveのきれいな融合

Windows10ではPrint Screenで画面のキャプチャを取ると、以下のOneDriveを利用した保存を行わないかの確認がなされるようになっています。 ここで、OneDriveに保存。を押すと、以降のPrint Screenボタン押下後は、押下ごとに以下のような通知が行われ、OneDr…

Windows10 Surface Goが発表されました

かなり意欲的なPC、Surface Goが発表されました。 なんとなくですが、米マイクロソフトのパートナーイベントであるInspireで発表されるのかなと思っていましたが、その発表直前に出てきましたね。 youtubeにイメージ動画が出ていました。 これを見ていると、…

Windows 10 Build 17711でました

今週のInsider Previewのリリースですが、いつもと違って金曜となっていました。独立記念日があったので、日をずらした感じですかね? 逆に日をずらしても週内のリリースを行いたかったということなのかもしれません。今週のBuildでは、Windows Update時に0x…

Windows10 Windows Updateの配信の最適化の位置が変更されていました

ちょっと前まではWindows Updateの下はWindows Defenderだったと思いますが、いつのまにやら配信の最適化の設定が更新とセキュリティのメニュー内に表示されるようになったようです。 もともとはWindows Updateの詳細オプションの内、深いところにあったと記…

Windows10 OneDrive デスクトップフォルダなどのクラウド同期が行えるようになります

以下Blogによると、OneDriveのアプリが新しくなり、デスクトップ、ドキュメント、ピクチャをクラウドと同期することができる機能が追加されるようです。 https://techcommunity.microsoft.com/t5/Microsoft-OneDrive-Blog/Migrate-Your-Files-to-OneDrive-Ea…

Office365 SharePoint Onlineの自動翻訳機能が終了となるようです

SharePoint Onlineには、オンプレサーバー時代からある複数言語対応したサイトを作成する機能が備わっています。 発行機能を有効にすると表示される、バリエーション設定を有効にすると利用できる機能なのですが、これを利用すると自動翻訳を行うことができ…

Office365 Exchange Web Serviceでベーシック認証が無効化されるようです

Office365 Graphで様々なデータをやり取りできるようになって早数年。Exchangeのデータを取得する方法としてはいまだEWS(Exchange Web Service)が多く使われていますが、とうとう終了への一歩目が切られました。 2020年10月13日でベーシック認証を用いたロ…

Windows10 MSIXコンポーネントを作成するSDKがPreviewされました

私自身は最近開発から遠ざかっており、あまりこの類のSDKを利用しなくなっていs待ったのですが、Windows10のSDK Previewが更新され、MSIXを作成できるようになりました。 Windows 10 SDK Preview Build 17704 available now! - Windows Developer BlogWindow…

Office365 Visio Web AccessのEOSの延長が決まりました

私の周りのテナントではあまり使われていないのですが、世界的な需要は大きいのでしょうか。Visio Web AccessのEOSが当初言われていた2018年9月30日から2019年9月29日、と1年延長されることになったようです。 【昨年の記事】 Visio Web AccessのEOSが決定し…

Windows10 Insider Preview Build 17704のつづき

昨日お伝えしきれなかった、Build 17704の続きですが、AIによる入力支援という内容が増えています。日本語にどこまで対応できているのかは未知数ですが、オートコンプリートやスペルミスを訂正してくれる機能などを提供してくれて、その支援回数が表示される…

Windows 10 Build 17704でました。

今週のInsider Previewは1週開けてのリリースとなりました。 Build 17704がリリースです。 一目見て気になったところは、Edgeのアイコンが変わっていたことです。 【タスクバーのアイコンが変わりました】 大概タスクバー上にはEdgeを表示させていると思いま…

Office365 Exchange Onlineの監査機能がアップデートされます

Exchange Onlineに限らず、Office365の全体的になのですが、機能の充実を優先することが多く、管理面からここまでのログがほしい。という要望には後追いで答えてくれることが多いのではないかと思っています。この度、そんなこんなでExchange Onlineの監査機…

Windows10 簡単に行えるランサムウェア対策

Windows10のDefenderの機能の中に、ランサムウェアの防止機能があるのはご存知でしょうか。ちょっと深いのですが、設定-更新とセキュリティ-Windows セキュリティ-ウィルスと脅威の防止-ランサムウェアの防止より設定することができます。 この機能、初期状…

Office365 サービスとアドインからOffice アドインの展開が行えるようになりました。

多分先日までこのボタンは無かったと記憶しているのですが、Microsoft 365 admin centerのサービスとアドインにアドインの展開というボタンが追加されておりました。 このボタンを押すと、新しいアドインというメニューが現れ、一元展開という機能の説明が。…

Office365 通知ポリシーの対象がE1までに広がりました

Office365では、特定の設定や動作が行われた際に、動作挙動が正しいものか通知を行って状況を知らせてくれる機能があります。 もともとOffice365 E5の機能として用意されていたのですが、Office365 E1/E3でも一部の設定が有効となるように変更されました。 O…

Windows10 間違えて起動したSkypeを自動起動させない方法について

Windows10にはデフォルトアプリとしてSkypeアプリが入っています。 特に業務用で利用するケースなどでは、Skype for Businessが入っているケースがあり、同時に起動しているとどちらが動いているのかわからなくなったります。 初期状態では、Skypeが起動する…

Windows10 Insider Preview Build 17692でました

Insider Previewが出てから1週間は立ちましたが、ようやくインストールができました。 このバージョンの目玉はSwiftKeyの実装ですね。Build 2017で紹介されていた機能だったと思いますが、Windows10に実装されてきました。 簡単に言うと、ソフトウェアキーボ…

Windows10 回復機能を利用したWindowsの修正

前回お伝えしたISOからのインストールでは、Insider Previewの更新をするとユーザーデータが消えてしまうことがわかりました。そこで今回は、設定 - 更新とセキュリティ - 回復から実行できるPCを初期状態に戻す機能を試したいと思います。 Windows Updateが…

Windows10 Windows Updateがエラーに、、、

先週、新しいInsider Previewを紹介しようとしていたのですが、Windows Updateがエラーとなり、導入ができない状態となっていました。 この程度なら、次のアップデートには勝手に入るようになってくれるんじゃないかと期待しながら、ちょっと待ってみようと…

Office365 SharePoint Onlineのチューニングについて

SharePoint Onlineを含むOffice365といえば、購入してすぐに利用開始できることが一つの利点ですが、大規模で利用する場合はチューニングなどを駆使することで速度の改善などを行うことができます。 その中でも影響度が大きいのはCDNを利用した静的ファイル…