Office365 SharePoint コミュニケーションサイトでフッターを表示できるようになります

SharePoint Onlineでは簡単にユーザー向けのサイトが作成できることが一つの売りとなっています。 このサイトの中で、コミュニケーションをとる目的のテンプレートが展開されているのですが、そのテンプレートを利用した場合にページフッターを付ける機能が2…

windows10 設定アプリのヘッダーが再度復活したようです

Insider Previewでは何度か顔を出してはもとの形に戻ったりを繰り返していた設定アプリのヘッダー表示について、再度表示がなされるようになっていました。 Insider Previewをオンにした環境の中でも一部のPCのみ置き換わっており、まだすべてのユーザーが利…

Office365 Teamsでライブイベント翻訳機能が使えるようになります

2019年7月より、Teamsからのライブイベントにて、翻訳機能が利用できるようになるようです。 リリースは以下のサイトにて発表されていますね。 https://support.office.com/en-us/article/1d6778d4-6c65-4189-ab13-e2d77beb9e2a サポートされる翻訳後の言語…

Windows10 Insider Preview Build 18396リリース

Windows10のInsider Previewですが、今週も新機能が追加されてきています。 徐々にですがバグフィックスから新機能の追加に軸足が移ってきた感が出てきました。 今回の更新は、少しばかり利便性が高まる機能が追加されています。 タスクバーの時刻表示からカ…

Microsoft 製品利用規約が更新されます

Microsoftから利用規約が2019年8月30日に更新されるというメールアナウンスがなされていました。 今回の対象はMicrosoft クラウドサービスとビジネス系以外のコンシューマ系製品群となっています。 【送付されてきたメール】 更新後の規約は以下に全文が掲載…

Office365 Proxy設定用PACファイルの作り方

Office365を利用する際は、できる限りマイクロソフトの提供するエンドポイントに近い位置に接続を行うことで、パフォーマンスを最適化することができるように調整されています。 そのため、ドメイン情報とIPアドレスが以下サイトで提供されています。 https:…

Office365 Exchange Online向けの証明書が一部有効期限切れを迎えています

2016年5月に以下の投稿でExchangeハイブリッド展開している際に空き時間の情報が参照できなくなった際の対応方法をうたっているのですが、2019年になり、再度証明書を変更する時が来ているようです。 https://support.microsoft.com/ja-jp/help/2928514/free…

Office365 Outlook on the Webの新UIが一般リリースとなるようです

Outlook on the Webでは、新しいOutlookのUI変更のためのトグルスイッチが出ていましたが、このUIが一般向けリリースとして恒久的なモードになることが確定したようです。 【新UI】 古いUIとの違いで一番インパクトが大きいのはカレンダーでしょうか。 予定…

Office365 OneDrive/SharePointで360°画面が閲覧できるようになりました

Office365はどんどん機能が増えていく仕組みとなっていますが、今度はOneDrive/SharePointのドキュメントライブラリで360°画像を表示するための機能が追加されました。 というわけで早速どんな感じに表示されるか試してみました。 手元に360°をとれるカメラ…

Office365 ProPlusのTeams自動インストールの日程が確定したようです

2019年6月にお伝えした、Teamsのインストールが自動化される2019年7月9日になりました。このタイミングでリリースとなる1902の半期チャネルで新規インストールでTeamsが導入されるようになります。 また、1906の月次チャネルでは更新インストールでも自動的…

Windows10 Insider Preview Build 18932リリース

今週はInsider PreviewのSlow Ring(19H2向け)がリリースされたこともあり、Fast Ring(20H1 向け)は飛ばされるのかなーと思っていましたが、そんな悠長なことはしないようです。今週も20H1向けの新Buildがリリースされました。 このバージョンでは、視線…

Office365 TeamsのVDI版の状況を確認してみましょう

Teamsでは、VDIのサポートは限定的である旨をお伝えしたのは1年前の2018年7月。 http://mitomoha.hatenablog.com/entry/2018/07/28/102531 早いものでそれから1年が経ちました。現在の状況がどうなっているか確認をしていたのですが、マイクロソフトのVDIサ…

Windows10 Chromium版Edge CanalryでWDAGが利用できるようになっていました

Chromium版EdgeのDev版では、Chromeストアの拡張アプリを導入することでWDAGを利用することができました。 インストールすると右上にアイコンが一つ増え、WDAGを利用することができるようになっていました。 そんな中、Chromium版EdgeのCanary版を利用してい…

Microsoft 社長交代となるようです

まさかの人事が発表されていました。 2015年より日本マイクロソフトを引っ張ってこられた平野社長が2019年8月末付で退任されるようです。 https://news.microsoft.com/ja-jp/2019/07/03/190703-announcement/ 平野社長は本社のバイスプレジデントになられる…

Windows10 1909 (19H2)をインストールしてみました

昨日Insider Previewでリリースされた1909のWindows 10ですが、早速インストールを行ってみました。 このBuildでは、1903からのアップデートの場合QUと変わらない感覚でインストールができるとのこと。かなり期待が持てますね。 というわけでインストールを…

Windows10 2019年秋の更新の概要が発表されました

Windows10を利用していく中で避けて通れないのがWaaS対応。2015年のリリースから徐々に対応内容が更新されており、最近ではEnterpriseエディションについて、9月リリースのバージョンは30か月サポートが明言されていました。 1809で大きく機能が更新され30か…

Winodws10 Chromium版Edgeのインストール場所について

Chromium版Edgeは基本的にChromeのようにユーザーの個人用環境にインストールされるものとなっていますが、実体としてどのような場所に保存されるのか見ていきたいと思います。 まずは以下の場所を捜索。 C:\Users\UserName\AppData\Local\Microsoft 3つ、関…

Windows7 Chromium版EdgeのDevチャネルがリリースされました

目まぐるしくバージョンアップを行っているChromium版Edgeですが、Windows7のEdgeもDev版がリリースされていました。 Windows7で以下URLにアクセスすると、Download Canary Channelの文字がDownload Dev Channelに変わっているだけだったので一瞬、おぉっと…

Windows10 Chromium版Edgeはフォント変更から入りましょう

Windows10やWindows7で利用できるようになったChromium版Edgeですが、インストールした直後に検索を行うと、一部日本語が崩れていることに気が付くかもしれません。 以下のキャプチャを見てもらうと、2つ目の検索結果で導入の文字が少し崩れていたり、感じが…

Office365 SharePointからTeamsへの接続ができるようになりました

通常、Office365のTeamsでチームを作成する場合、TeamsアプリやWebで新規サイトを作成するのですが、作成したチームは最終的にSharePointのサイトと配布アドレス、Teamsのチャットなどの複数機能が有効になりながらチームが作られていきます。 この流れを逆…

Windows10 Windows Terminalを利用してみました

昨日導入してみたWindows Terminalですが、再起動を行ったところうまくインストールが完了しました。 というわけで早速利用してみました。まずはスタートメニューから起動してみます。 最初に起動しているのはPowerShell。以下に通常のPowerShellを並べてみ…

Office365 TeamsWeb会議で拡大縮小ができるようになりました

皆さんTeamsのWeb会議は利用されていますでしょうか。 今日Teamsクライアントを用いた会議で画面共有を行っていたところ、左下に拡大縮小の案内が出るようになっていました。 どういうことだ。ということで、マウスパッドをスライドさせたところ、ズームイン…

Windows10 Windows Terminalのプレビューがリリースされました

5月に開催されたBuild 2019で発表された各種プロンプトを1つにまとめる機能、Windows Terminalのプレビュー版がMicrosoft Storeにリリースされていました。 以下のアドレスからストアに入りダウンロードすることができます。 https://www.microsoft.com/ja-j…

Office365 Microsoft 365 管理センターにダークモードが加わりました

Microsoftは昔からですが、製品のイメージを統一させるということを行ってきました。とくにOSとOfficeの結びつきは強く、同世代のものを利用すると、まるで一つのソフトのように色味などが統一されるように作られていました。 そういった取り組みの一環かと…

Windows10 Insider Preview Build 18922リリース

Windows10 20H1向けのInsider Previewですが、今週も更新が入りました。今回の更新は言語関連の更新が多く入っていました。 まずは設定の時刻と言語 - 言語設定。今までは設定項目のみでしたが、上部にほかメニューへの遷移ボタンが付きました。Windows disp…

Office365 Teamsのプレゼンスがリアルタイム更新となるようです

Teamsを多用している人はなんとなくわかると思うのですが、ユーザーのプレゼンスはオンライン後15分経つと離席という扱いとなります。 上記のダイアログで、名前アイコンの右下にある×で表示されているところが緑色からオレンジ色になるまでの時間が15分ほど…

Chromium版EdgeがWindows7対応しました

まだ、Windows10版のBETAも出ていない状況ではありますが、なんとWindows7向けのChromium版Edgeがリリースとなっていました。 https://www.microsoftedgeinsider.com/en-us/download 見ての通りCanary版での提供となっていますが、ここまで早く来るとは思っ…

Office365 SharePointのサイトの利用状況がバージョンアップしています

SharePoint Onlineではサイトの利用状況という機能があり、サイトへのアクセス量を確認することができるようになっています。 この機能がバージョンアップして、サイトのトラフィックなどが表示できるようになっていました。 今まではユニーク訪問者と訪問数…

Office365 新しいテーマが追加されました

Office365ではテーマというものを利用してヘッダーバーにイメージを付ける機能があります。 これを利用して自分の好みな形にカスタマイズすることができるのですが、新たに虹、リボン、ユニコーンの3種が仲間入りしていました。 【私はいつも楽しいひと時を…

Office365 Forms ProがGAとなるようです

2019年4月に利用可能となっていたForms Proですが、早くも7月1日より一般リリースとなることが決まったようです。 前回プレビューの登録方法を説明させていただいていますが、この手順を用いてプレビュー登録している場合、7月30日まで無償でForms Proを利用…